2007年03月11日

皇帝ペンギンさんはエライ!の巻き

42c9890e.jpg
今日は羊とDVDを見ました。

なるべく胎教によさそうな映画をと思い「皇帝ペンギン」を選びました。

あまり期待せずに見ましたが、驚くほど面白かったのです!

「ぎゃー!ペンギンの赤ちゃんが食べられちゃう!」

羊も興奮して見ていました。

胎教、大丈夫か?


それにしても不思議な生き物”皇帝ペンギン”

「世界で最も過酷な子育てをする鳥」と呼ばれています。

映画を見終わった後、少しその生態を調べてました。


南極では秋にあたる3月から4月の頃に海を離れて皇帝ペンギンは繁殖。

繁殖地はなんと、海岸から50km〜100kmほど離れた内陸部でおこないます。

これほど海岸から離れる理由の一つは、捕食者から逃れるためであると考えられています。

求愛行動(素敵なダンス)およびそれに続く交尾の後、5月から6月にかけてメスは長径12cm、重さ450g程度の卵を「1個」だけ産むと、一瞬のうちに、オスの足の間に移し変えます。

映画では、この”卵の移動”がヨチヨチ歩きのペンギンと思えないぐらい素早かったです!

でもまぁ、大気はマイナス40度の世界。

早く卵を自分の足の間に確保しないと、凍ってしまうので当たり前でしょね。

その後、産卵により疲労しているメスは餌を求めて100キロもの”海への道”をテクテク歩いていきます。

繁殖地に残ったオスは卵を足の上に乗せ、抱卵嚢(ほうらんのう)と呼ばれる両肢の間のお腹のだぶついた皮を使って、メスがエサを持ってくるまで抱卵を始めます。

抱卵は立ったままで行い、巣はありません。

オスはブリザード(地吹雪)が吹き荒れて-60℃になる極寒の冬の氷原上でひたすら耐えます。

何千匹のペンギン達が身を寄せ合い、抱卵を続ける様子は涙をさそうほどでした。

何日も何日もメスを待つオス。

一片のエサを口にしないまま、百日以上耐えるオス。

卵は約65日で孵化します。

しかし、抱卵中のオスは雪を食べるしかない絶食状態に置かれるため、エネルギー消費量を抑えるため睡眠に近い状態で過ごすものの、孵化する頃にはオスの体重は40%以上も減少してしまうとやら。

繁殖地へ移動した頃から数えると約120日間も絶食。

松井なら2日絶食しただけでキツイのに・・・・

8月頃にはヒナが生まれるが、メスがまだ戻ってきていない場合には、オスは食道から分泌した白色の乳状の分泌物(ペンギンミルクと呼ばれることがある)を餌としてたった1回だけヒナに食べさせることができます。

メスが海から戻ってくると、ヒナの給餌はメスが行うため、オスはやっと海に出て行けることになるが、100キロ以上もある遠い海までの道のりで力尽き死んでしまうオスもかなりいるとか・・・・可哀相・・・・・・

海へ行ってきたメスはヒナのための食物(オキアミなど)を胃に貯蔵しており、食物を吐き出してヒナに餌として与え、ヒナはすくすくと育っていきます。

育っていきますが、メスの胃に貯蔵したエサもそのうちなくなります。

そのエサがなくなる頃、やっとの思いで海へ行ったオスが、やはり同様に食物を胃に貯蔵して、数週間後に繁殖地へ戻ってきます。

以後、オスとメスが交代でヒナの番と餌運びを往復200キロかけて行なうといいます。

ヒナの成長につれ、摂取する餌の量が増えていくと、オスとメスが両方とも海に出るようにもなり、この頃、ヒナばかりが集まって「クレイシ」 (Crèche) という集団を作り、このクレイシは子育てを行っていない若鳥などに守られながら徐々に海岸へと移動。

そしてついに海に到達し、その後4年間海で過したヒナたちは再び、親と同じように陸地に向かい行進し繁殖をします。

これは何千年と続けている行動。

なぜなのかはわかりません。


いや〜、皇帝ペンギンさん達はなんでこんなに大変な子育てするの?

往復200キロエサ運びとはスゴイですよ!

本当尊敬します。


今日は”皇帝ペンギンさんはエライ!”ということと

”親の力は偉大だ!”ということを再認識した日でした!





以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 19:44│Comments(9)TrackBack(0) 漢(おとこ)日記! 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ken yamamoto   2007年03月11日 22:31
http://plaza.rakuten.co.jp/111411141114/diary/200703100000/

恋愛小説!
2. Posted by ken yamamoto   2007年03月11日 23:00
恥ずかしいから消してね!うふ(^_^;)
3. Posted by かめ   2007年03月12日 00:23
松井先生、自然は偉大ですよねえ〜!
わたしも自然もの大好きですよ〜
NHKのプラネットアースすごいよー

胎教かあ〜
イルカもいいよねー
海ものはいいですよきっと

恋愛小説はいかがなものかしら?
4. Posted by かめ   2007年03月12日 00:25
でも、山本先生はすてきですよ♪
先日はありがとうございました。
5. Posted by 魔得陀(まえだ)   2007年03月12日 06:13
早朝、いや総長!

松井魔技(マギー)軍団名古屋支部長として

魔技(マギー)精鋭隊とともに秘密計画を練りたいと思います。

「ラジャ!」
6. Posted by 松井真一郎   2007年03月12日 10:48
オゲレッピー。
どうやったら大人気「恋愛小説」読めるの?
なかなか探せないよ〜
7. Posted by 松井真一郎   2007年03月12日 10:53
かめさん、「幸せを呼ぶ竜宮日記」
楽しみにしてますよ〜
きっと胎教に良さそうな日記でしょうね♪

8. Posted by ken yamamoto   2007年03月12日 11:03
だぁかぁらぁ!
http://plaza.rakuten.co.jp/111411141114/diary/200703100000/
だってば! 消してね!はずかちぃから
9. Posted by 松井真一郎   2007年03月12日 20:32
魔得陀(まえだ)ちゃんはエライと思います。
子供3人育てながら院長もやって学校を卒業しました。
名古屋に向って”リスペクト・ビーム”を飛ばします!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔