2014年05月12日

スカッと爽やか裏松井塾!の巻き!

ccb2f5b1.jpg
スカッと爽やかに生きたいものだが、

なかなかそうはならぬ。


人間はいつ死んでもいいと思うのが、

悟りやと思うておった。

ところがそれは間違いやった。

平気で生きていることが、

悟りやった。



宮崎奕保(みやざきえきほ)という、

100歳を超えてもなお修行を続けていた立派なお坊さんの言葉。


生きていれば綺麗も汚いもない。


どこか何かに囚われて生きているのが世の常だが、

せめて裏松井塾では開放したい。


”魂の鎖を解き放て”


1回目と2回目は度肝を抜いた。

3回目は肝を冷やすか肝を熱くするかだな。


明後日はどっちだ!



以上!
忍押!(すお!)

matsui_balance at 00:30│Comments(0) MBスクール 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔