最近、売り手市場ということもあり、選考も「まずは遊びに来てください」といったカジュアル面談から始めるケースが増えてきました。

候補者の方が「まだ転職意向が高くない場合」「相手企業の理解が進んでいない場合」には、「段階を踏む」という意味では有益な手段だと思います。
また、企業側も応募者の母集団形成をするにあたって、転職潜在層も取り込んでいけるメリットはあります。
実際に候補者の方から、「面接ではなく、面談という形であれば、受けてみても良いですよ」と言われることはあります。

情報収集及び相手との相性を擦り合わせる手段として、面談を挟むことは有益だと思いますが、「勝負所を先延ばしにしている」ことが目的になっている場合もあります。
候補者にとって、面接の場が「相性を確認する」という意味合いではなく、「選考を受ける」という意味合いになっていて、「落ちたくない」という意識があるのかもしれません。

自分の考えを伝える、相手との相性を見るという意味では、面談も面接も同じです。
また、面談であっても、相性が合わなかったら、そこから進めても良い話にならないと思います。

面談と面接のは本質的には違わないです。
合否の見極め要素が少ないだけです。
どちらの場となっても、自然体で企業側と話をして、何が出来るか、やりたいかを確認する場にして頂ければと思いますし、折角お互い貴重な時間を投資するわけですから、出来るだけ真正面から向き合っていただきたいと思います。