日本が少子高齢社会が進み、AIの導入も推進され、「このままじゃ落ちていく」「他の人にも、AIにも置き換えられない特別な存在になりたい」といった焦燥感を持っている人も少なくないです。

ある種、特別な人になっていくためには、特別な判断、特別な行動をしなければいけないのに、そもそもが「リスク回避」のために焦燥感を持っているため、「特別な判断」を「リスクを抑えて」という矛盾を抱えている傾向があります。

ただ、「安心して」「特別なチャレンジ」という矛盾を満たすことは、「中華料理も食べたいけれども、お寿司もね」という感情に近く、そうなると、ファミレスのように「何でも無難に揃っている」に行く感じになります。
振り切った判断と行動にこそ、振り切った環境が獲得出来る訳で、中途半端な判断には、中途半端な環境になることが多いです。
ファミレスに行って「これは本当のお寿司じゃない」と言われても、「じゃあ、中華まで希望することは止めたほうが良いですよ」という話になりますし、名店と言われるお寿司屋さんは客を選びます。本気の人しか相手にしないですし、本気の人しか相手にしてこなかったからこそ名店であり続けているのだと思います。

素晴らしい案件が、誰かの為だけに門戸を開くことはないです。
だからこそ、素晴らしい案件なので。
美味しい案件が幸運にも舞い込んでくることを望むよりも、自分自身が振り切った存在になって、特別な案件が向こうからやってくるようになったほうが間違いがないです。
そして、多くの場合、人よりも、少しリスクを取ったり、特別な判断をするだけで景色は一変します。

普通の判断と行動には、それに伴った環境が。人と違うからこそ特別な環境が手に入ると思った時、どちらに判断するかでキャリアの方向性が決まってくると思います。