建築の日本展

112911301131





113211331135





建築の日本展に行ってきました。
吉村順三氏のロックフェラー邸模型、丹下健三自邸の1/3模型、等、興味深い内容が多く展示されていましたが中でも千利休作と伝えられている待庵の原寸模型はとても良かったです。
実際の待庵や日本にいくつかある待案の写しを拝見しましたがプロポーションは十分に堪能できる貴重な機会だと思います。
杮葺屋根が、なんとべニヤ板で施工されていたり等のレプリカのレベルも多々あったり実際の光量が体験できませんが、実際の待庵や日本にいくつかある待案の写しを拝見した者にとっても、建築として重要な養子であるプロポーションは十分に堪能できる貴重な機会だと思います。

ミケランジェロ 理想の身体

11261127国立西洋美術館で開催されている「ミケランジェロ 理想の身体」に行ってきました。
メインは全世界に40点しかないと言われているミケランジェロの大理石彫刻の中の「ダヴィデ=アポロ」と初期の「若き洗礼ヨハネ]の2つの傑作とミケランジェロが大きく影響を受けたと言われている写真の「ラオコーン」は特質モノです。

FaceBookを始めました。

FaceBookを始めました。
宜しく御願い致します。
株式会社マツイアーキテクトコンサルタントFaceBookページ

手の記憶/遠藤勝勧・建築実測スケッチ展

1123とても素晴らしい展覧会でした。
会場には遠藤さんもいらして、展覧会の展示以外の他の建築作品もお話を伺う事が出来ました。
今月の31日(火)までです。

駅通りの住居 上棟式

1125無事に上棟を迎える事が出来ました。猛暑の中多くの大工の御蔭で屋根のルーフィングまで張り終わりました。

小田急ロマンスカー「LSE」のラストラン

1121新築の計画の打合せで箱根町役場に行ったところ、三枚橋にカメラを持った多くの人がLSEの撮影に訪れていました。本日38年間新宿と箱根を結んでいたLSEの運行が終了してしまうのはとても残念です。

建築家宮本忠長展  建築家の指先に脳がある

1120建築家会館で開催されていた「建築家宮本忠長展」に行ってきました。会場全体に手書きのスケッチやパースが散りばめられ見ごたえのある展示作品でした。宮本氏は私が神奈川県建築士会青年副委員長を務めさせていただいていた時に建築士会 連合会会長をされていて全国青年委員長会議で特に写真の小布施の計画についてディテールに係る細部の話まで丁寧に御聞かせて頂いた事が大変貴重な思い出として残っています。


白井晟一の「原爆堂」展 新たな対話にむけて

1199表参道のギャラリーで開催されている白井晟一の「原爆堂」展 に行ってきました。学部生の頃から写真のドローイングに魅了されています。
非常に精巧でたった数枚の図面で実際に建てられた建築と同等のインパクトを残してきた架空のプロジェクトです。過去の白井晟一展覧会でも模型は度々拝見してきましたが、この展示では模型の他に非常に美しく制作されたCGが動画を流しており、今まで以上にこの作品に魅かれました。

K-Office 完成写真

0010203





040506





0708012





091011











日本を代表する景勝地に建つ事務所を建築しました。非常に多くの外国人観光客が訪れる地という事から、この建築が周囲のランドマークとなる事を考慮して「日本建築」をメタファー(=暗喩)に3つのコンセプトで設計しました。
1. 要求された所用室が多い事から廊下を極力設けず、日本建築の伝統的手法である雁行型に所要室を配置しました。また外壁の色も周辺建物と同色を採用する事で街並みというより一つの集落になる様に配慮しました。
2. 日本建築にとって屋根は重要な要素である事から周辺建物の切妻屋根と同一屋根勾配で設計し、細かく分節させながら切妻屋根を連続させました。また連続する切妻屋根のモチーフは敷地から望む箱根連山のイメージと重ねました。
3. この施設に働く人々だけでなく観光客を救助するシャルターとしての機能を求められた事から鉄筋コンクリート造としましたが、プロポーションとスケールは日本伝統の木造の木割で設計しました。
もう一つの特記すべき大きな特徴は、箱根山の火口に近い場所に建つ事から火山の噴石対策を盛り込んだ事です。構造計算により壁と屋根の厚みを厚くするだけなく、スラブ下の室内側に防弾チョッキにも使用されている高性能繊維物(アラミド)シートを張り補強しました。この構造方法は内閣府の指針に基づく設計で日本初の構造です。草津の噴火の際に天井を突き破り噴石が落下したような噴石対策等に対応できる計画で、今後の噴火対策の指標になります。

特殊建築物等定期報告講習会

1188昨日一般財団法人神奈川県建築安全協会主催の特殊建築物等定期報告講習会が横浜情報文化センター で開催され行ってきました。
10時30分〜16時30分までの長丁場で午前中が防火設備報告書作成方法の講習、午後は建築物と防火設備の実務講習で満員でした。
神奈川県所管区域が防火設備定期検査の報告が今年から義務づけられます。既に今年度中に4件の防火設備定期検査報告書を出す予定になっているので、非常に有益な講習会になりました。



月別アーカイブ
  • ライブドアブログ