2005年12月15日

QRコードの次?5

先日,NTT持株会社の『オブジェクト認識技術』を利用して,実世界のモノをインターネット上の情報へのリンクとするサービスの実験が開始されたそうだ。

実世界の2次元/3次元対象物とネット上のサービスを連携できるオブジェクト認識技術の共同実験開始について(ニュースリリース)



によると,FOMA(900i,901i,902i,700i,701i)で可能で,セガと協力して『ムシキング』,『サクラ大戦』,『ソニック』のコンテンツを提供するらしい。


というわけでさっそく試してみた。
使い方は,『ケータイでゲット!』サイトを見てもらえばわかるが,携帯電話に専用アプリをダウンロードして,サイト上の3つの写真を使って体験できる。


どうしても,画面上の写真を使っているので,QRコードとの差違が見えにくいが,実際のオブジェクトを使用できるのがおもしろい。


QRコードだと撮影する角度が問題となるが,オブジェクトなら角度はあまり問題とならないだろうし,実際のモノを撮影して情報を取得するという流れが,きちんと情報元と情報が視覚的に関連がとれてていいのではないかと思う。ちょっと曖昧すぎたか。


まぁこれを展示会や動物園などで使うとおもしろいかも。

実際の動物を撮ったらその動物が吠えていたり,エサを食べていたりする動画や生息地の画像や動画といったものが提供されたりするとかなりおもしろい予感が。


また,オブジェクトを撮影する角度によって提供する情報が変化したりしてもおもしろいかも。


なんかいろいろとできそうなので,早く正式にサービス開始してほしいなぁ。
matsukei_1123 at 21:16│Comments(2)TrackBack(2)news 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

NTT持株会社は、携帯電話のカメラで撮影したものがリンクになる技術を開発し、セガと共同で一般向けに実証実験を行うと発表した。 実世界に存在する看板、ポスター等の...
QRコードはもう古い?! 名刺交換の代わりに、ケータイのカメラで撮影し合うとデータが転送される。そんな時代が来るのもも遠くなさそうだ。 ■スラッシュドット ジャパン | カメラで撮影したものがリンクになる News Release 051213実世界の2次元/3次元対象物とネット上...

この記事へのコメント

1. Posted by IT-Flickey   2005年12月17日 22:09
TBありがとうございます。

>展示会や動物園などで使うとおもしろいかも。
美術館や博物館など、展示物以外の掲示物に制限がある場所では、有効かもしれませんね。

ただし、撮影音や着信音などマナー面のほうがよっぽど問題になりそうです。

街中にある公共物、たとえば銅像やインスタレーションなんかがこういう技術と結びついていたりしたら、面白いですね。渋谷のハチ公を撮ったら、渋谷の案内情報がゲットできるとか。
2. Posted by matsukei_1123   2005年12月21日 22:53
3 >IT-Flickeyさま
コメントありがとうございます。

>ただし、撮影音や着信音などマナー面のほうがよっぽど問題になりそうです。

そうですね。静止画ではなく,動画(TV電話)を使ってリアルタイムでこのような技術が実現されてもおもしろいし,マナー面も少しはましなかなぁと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔