英語は話せないけど...女のオーストラリア一人旅

英語が話せない女(29歳)がバックパッカーとしてオーストラリアを一人旅してきました。

2014年05月

アーリービーチ② ( 朝市 )

アーリービーチ2日目です。

2日目といっても、前日は寝ただけなので、1日目みたいなものですが。


日が昇って、宿をじっくり眺めてみると、こんなところでした。

写真 2 (1)
この宿もプールがついていました。ケアンズほど大きくないですが・・・
青色の円いのがプールです。

部屋は6人のドミトリー部屋です。
部屋の中にトイレとシャワーがあり、みんな交代で使います
写真


キッチンです。
写真 (3)

宿の後ろに山、隣にゴミ置き場があったりで、あまり良い印象は受けませんでしたが、
まあ、どうにかなるだろうと自分に言い聞かせました。

 

それから、宿の近くをうろうろしていると、朝市をやっていました。

小規模の朝市でしたが、手作りのジュースや野菜、コーヒーなどを販売していて、
とても和やかな雰囲気でした。
P_20140322_103857
ここで自炊用の野菜とパイナップルを購入しました。

パイナップルは2個で5 AUD でした。安っ!!!

 

朝市のすぐそばには海が広がっていました。
P_20140322_103524
P_20140322_103837
とても綺麗でしたが、ここでは泳げないそうです。残念。。。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村>
人気ブログランキングへ

ケアンズ⑮ & アーリービーチ①

ケアンズ5日目です。

また、アーリービーチに移動する日でもあります。

 

この日は朝745分発のグレイハウンドバスで移動でした。

早い時間だったので、お世話になった、住み込みの日本人女性とお別れの挨拶ができませんでした。
でも、私がケアンズで楽しく過ごせたのは彼女のお陰なので、宿のスタッフを通じて
手紙を渡してもらうことにしました。


スタッフにどうお願いして良いかわからず、

`I write letter for Pancake Japanese girl. Please give .`と言いました。

writeが過去形になってないし、彼女のことをPancake Japanese girlとか言ってしまいました。
彼女は毎朝、宿が提供するパンケーキを焼く係だったからです。

そんな無茶苦茶な英語を、スタッフは理解してくれ、笑顔でOKと言ってくれました。

無事に彼女に届いているといいな。

 

そして、天候は大雨。

大きい荷物を持って移動しないといけないのに、かなりガッカリしました。

こんなときに、旅行かばんに付属されていたレインカバーはかなり重宝しました!!

 

YHAからバス停までは約15分くらいでした。

悪天候のなか、なんとかバス停に着くと、まもなくバスがきました。

 

ここから長距離移動が始まります。

バスの車内にはUSBポートがあり、スマホやタブレットの充電を気にすることなく
使うことができます
。長距離移動に通信端末は必要不可欠ですよね。

席自体は4列シートなのですが、人数が多くなければ横のシートも使えるようです。
私はほぼ全てのバスで横のシートも使うことができました

 

数時間おきに30分間くらいの休憩があり、そこで飲食することができます

途中に立ち寄った休憩所で、昼食に、名物のクラブ(蟹)ハンバーガーを食べました。
写真 3
蟹クリームコロッケのようなものに、オーロラソースがきいていて、美味しかったです。

写真 2

そして・・・1845分に2つめの観光地のアーリービーチに到着しました。

休憩時間があったとはいえ、11時間もバス移動したのは人生初です。

写真 1
写真は別の日に撮ったものですが、到着時は既に日が暮れていて、おまけにここでも雨でした。

そこから荷物をかかえて宿まで移動しました。(キャリーケースの底部を濡らしたくないので)

グレイハウンドバスのバス停からYHAが近いという理由でアーリービーチを選んだのに、
なかなか見つからず、途中何度もgoogle mapで現在地を確認しながら移動しました。

 

そして見つけた、今回の宿です!!!
P_20140323_100335
写真は別日に撮影。

 

せっかくのアーリービーチ初日でしたが、バスの長距離移動と、アーリービーチでの
バス停から宿までの移動が身体にこたえ、その夜は夕飯も食べずに寝ました。
 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村>
人気ブログランキングへ

ケアンズ⑭ ( グリーン島4 )

満足感一杯でグラスボトムボートを降りたのですが、そこから船酔いがはじまりました。

・・・でも私はシュノーケリングをしなければ・・・

そんな使命感で不調な身体に渇を入れ、シュノーケリングをすることに。

貴重品があったのでコインロッカーを利用したのですが、4時間で7 AUD ・・・高い。。

グリーン島で泳ぐ予定ならば、貴重品は持っていかないのがベターかと思います

 

いざ!!!

写真 3 (6)
私の人生で初めてのシュノーケリングでしたが、このシュノーケリングは最高でした。

腰から下のような浅いところでも、様々な魚を見ることができました

海が澄んでいるから、とにかく、魚たちがクリアに見えるのが良かったです。
 

魚を追いかけて泳いだりして過ごしていたら、あっという間にケアンズに戻る船の時間になりました。

さようなら、グリーン島・・・

写真 (1)
帰りの船は行きの船ほど揺れなかったので、酔わずにすみました。

 

ケアンズに着いたものの、天候は相変わらず優れないまま・・・

前日から干していた洗濯物が雨でやられたので、宿の乾燥機で乾かしました。

この夜は、翌日に宿をチェックアウト予定だったので、荷造りやらでバタバタしながら過ごしました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ケアンズ⑬ ( グリーン島3 )

グリーン島が中国人だらけで、悲しい気分で向かったグラスボトムボート乗り場・・・

ここも中国人ばかりなんだろうと思っていたら、日本人用のボートでした。ホッ。

東京から来たという、おっちゃん・おばちゃんのツアー観光客に混じって乗船しました。

 

グラスボトムボートとは、船の底がガラス張りになっているボートです。
写真 1 (14)
グレートバリアリーフの海上を通るので、綺麗ですよ~というボートです。

 

乗船してしばらくは何も見えませんでした。

隣のおばちゃんと「残念ね~」と話していたら、ボートを運転していた外国人のお姉さんが
突然、「コンニチワー!」と大声を出して立ち上がりました

乗客全員で何事かとポカーンとしていると、お姉さんは海に餌をまきはじめました

すると・・・

魚が集まってきました!!!すごい勢いです!!!

写真 3 (9)

そして、ボートの底からも見えるようになりました!!!

あまりに興奮して、みんな写真を撮りまくってしまいました。

写真 2 (14)

隣のおばちゃんと「綺麗ね~」と感動していたら、運転手のお姉さんが今度は、
「カメー!!」と大声出して海を指差しました

その言葉通り、亀がいました。
写真 4 (3)
写真では分かりにくいですが。。。

こんなに大きい亀が海で泳いでいるのを初めて見ました。

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ケアンズ⑫ ( グリーン島2 )

さすが世界遺産の海だけあって、かなり綺麗です!!!
こんな透明感のある海は初めてです。
写真 2 (12)
写真 3 (7)

ヘリコプターを使って、空から海を眺めたりもできりるようです。リッチ★
写真 1 (12)

まだまだ島を散策します。

小さくてかわいい鳥を発見しました。

写真 1 (11)
この島にはこの鳥がたくさんいて、始めは微笑ましく見ていたのですが、
実はこの鳥は人間の食べ物を狙っています。。。

島には屋台のようなお店が数軒あり、周りのベンチなどで飲食するのですが、
そこにはこの鳥がたくさん・・・人間の足元に寄ってきて人の食べこぼしを食べます

私もこの鳥の被害者で、フライドポテトを口に入れようとするタイミングで、
鳥が飛びながら襲ってきました。

私は鳥が苦手なので、死ぬかと思いました。

 

ちなみに、この島の飲食店は正直魅力的ではありません

飲食店といっても、ハンバーガーやポテト、サンドイッチなどの軽食程度のものです。

バイキングのお店が一軒ありましたが、すこし高額そうです。

個人的には、自分の食べたいものを島に持ち込むのが一番良いかなと思いました。

 

この島に来て、実はゲッソリしていました。

鳥の襲撃事件もですが、中国人がかなり多かったからです。

せっかくオーストラリアに来たのに、聞こえてくるのは大声の中国語ばかりだし、
トイレに入っても中国人独特の使い方だし・・・

 

悲しい気分になりながらも、グラスボトムボートの乗船時間が近づいてきたので、
グラスボトムボート乗り場に向かいました。
 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村