英語は話せないけど...女のオーストラリア一人旅

英語が話せない女(29歳)がバックパッカーとしてオーストラリアを一人旅してきました。

2014年06月

ゴールドコースト③ ( Budds in surfers 2 )

宿があまりに期待はずれでガッカリしていると、近くに日本人の女性がいたので、
このショックを共有すべく、話しかけてみました。

 

話しかけた彼女(Aさん)はワーホリがあと一週間で終了してしまうので、
記念にオーストラリア旅行をしていたそうです。

Aさんは偶然にも、私の一本前のグレイハウンドバスでブリスベンから来ていました。

彼女もやはり、ここの宿の汚さにがっかりしていて、私達はすぐに打ち解けました。

 

話していると、Aさんも私と同様、ゴールドコーストという場所が期待外れだった
思っていたようで、そこでまた話が盛り上がりました。

夕飯も一緒に食べました。

この日の夕飯は、日本から持ってきたフリーズドライの梅茶漬けでした。
写真 3
友人からのプレゼントだったのですが、久しぶりのお米・梅・出汁の味に感激しました。

 

こんな期待はずれな場所と宿に限って、Aさんは3泊、私は4泊の予定でした。

「もうヤダ、こんな宿、出たいよー。でも、返金されないみたいだよー」とか、

「ブリスベンに戻りたいー。こんなつもりじゃなかったのにー」とか嘆いていると、
あっという間に3時間が経ちました。

 

Aさんが寝ると言うので別れ、一人でその場に佇んでいると、「こんばんは」と日本人の
おっちゃんに話しかけられました。

おっちゃんは、エアーズロックを見た後でゴールドコーストに来たそうです。

 

早速、おっちゃんにも、宿の汚さについて同意を得ようとしました。

しかし、、、「そう?大体、こんなもんでしょ?」と返されました。

男性と女性ではやはり感性が違うのでしょうか・・・うーん・・・

おっちゃん曰く、「この宿の一番の魅力はfree wifiだよ」とことです。

うーん、まあ、そうかもしれません。

 

ちなみに、3泊予定のAさんとは、この夜以降会うことはありませんでした

大きくない宿なのに、会わないということは・・・本当に帰ったか、宿を変えたんだと思います。

★クリックお願いします★
 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ゴールドコースト② ( Budds in surfers 1 )

ゴールドコーストに到着し、BACKPACKERS OFFICEで宿の送迎車を待つこと約10分。

そこへオネーチャンが入ってきました

こんなオネーチャンでした(あまりに強烈すぎて、日記に書いてました笑)
写真 4
髪はきついパーマ、大きい目、厚い唇、真っ赤なTシャツに、デニムのショートパンツ。

派手でした。

 

そう、この方こそ、ゴールドコーストで泊まる宿の、送迎担当だったのです。

決して悪い人ではなく、気さくに話しかけてくれるのですが、大音量でラジオを
かけて窓全開で運転したり、なかなかです。

 

そんなこんなで、宿に着きました。

ゴールドコーストの宿はBudds in Surfers というところで、今回のオーストラリア旅行で唯一、
YHA以外のバッパーです。

http://buddsinsurfers.com.au/
P_20140330_102655
本当はゴールドコーストのYHAに泊まりたかったのですが、グレイハウンドバスのターミナルから
距離があり、送迎車が必要だったので諦めました

英語を使って、送迎のお願いの電話をするのは、私にはハードルが高かったので・・・

(でも、実際にゴールドコーストに着いてわかったことは、バスターミナル横の
BACKPACKERS OFFICEのスタッフから送迎の電話をかけてもらえるので、
英語が話せなくても問題なさそう
です)

 

いざ宿に入ってみると、なかなか。。。。。。
写真 4 (1)
 
キッチンはすごく狭いし、トイレとシャワーは男女兼用なのですが、汚なかったです。

上の写真の、共有スペースは普通だったのですが。

予約前に、あらゆるクチコミサイトを調べ、そこそこの評価だったので選んだのに、かなりの衝撃でした。

★クリックお願いします★ 


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ゴールドコースト① ( 到着 )

ブリスベンで1315分発のグレイハウンドバスに乗り、14時半にゴールドコーストに到着しました。

 

到着するまで、私はとてもワクワクしていました。

だって、ゴールドコーストですよ?!

日本でも、旅行で人気の、ゴールドコーストですよ?!

ブリスベンは都会的で素敵なところでしたが、ゴールドコーストはブリスベン以上に
都会的で、素敵なところなんだろうと期待していました。

 

そして、バスがゴールドコーストに着くと、、、

がっかりしました

 

まず、バスターミナルは改装途中のビルの隣にあり、どこか寂しい印象

そして、期待していた高層ビル群は見えません

あれっと思いつつ、「まあ、今見えてないだけだろう」と思い、深く気にしないことにしないことにしました。

 

バスターミナルのそばには、BACKPACKERS OFFICEという小さな部屋があったので、
何気なく入ってみました。


すると入るなり、その部屋のお姉さんが `What`s your name ? `と聞いてきました。

まさかの問いかけに、ドキドキしながら答えると、リストを調べはじめ、
「あなたが泊まる宿はBudds  in surfersでよかった?」というニュアンスで再び聞かれました。

OKと答えると、「迎えに来てもらうから、ここで少し待ってて」と言い、宿に連絡してくれました

私からは何の申し出もしてないのに、この対応・・・予想外でした。

 

どうやら、このオフィスでは、ゴールドコーストのバッパーのとりまとめ役として、
「どこの宿に誰が泊まるか」を管理されている
ようです。

もちろん、ここで宿泊予約も可能なようです。

今まで行ったところでは、こんなオフィスはなかったので、とても便利だなあと感激しました。

営業時間は不明ですが、おそらく17時までだと思います。

(ゴースドコーストを発つとき、17時に閉めていました)

 

オフィスで待つこと約10分、そこへ派手なオネーチャンが入ってきました。

★クリックお願いします★
 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブリスベン⑰ ( ローマ・ストリート・パークランド&ゴールドコーストへ )

ブリスベン4日目です。

この日はブリスベンを去る日でした。

 

とても楽しかったブリスベンで過ごすのも今日で最後です・・・

ブリスベンで日課として課していた、朝のコーヒーはYHAの横のカフェで飲みました。

P_20140329_101053
マフィンとLong Black (ブラックコーヒー)で7AUD でした。

 

食後、ローマ・ストリート・パークライドへ。
http://www.romastreetparkland.com/Pages/default.aspx

ここは、一言でいうと「公園」です。

広い敷地では、BBQをする人や読書をする人、散歩をする人など、いろいろな人がいます。
とにかく、広いです。 

P_20140329_114620
P_20140329_115247
ここにも熱帯雨林エリアがあります。

P_20140329_120615
写真 2 (2)
ROCKな像です!!カッコいいので撮ってみました。
P_20140329_115533
ブリスベンでは、この公園以外に、ボタニックガーデンも行きましたが、こちらのほうが道が
しっかりしているので、散歩には適しているかな、という印象を受けました。
結婚式もできるようで、運が良ければ、その様子を見れるかもしれません。

公園の散策後は、グレイハウンドバスのターミナルへ。

バスターミナルのある、ブリスベン・トランジットセンターは、この公園のすぐそばなので、移動も簡単です。
電車やバスの待ち時間の、時間つぶしにもいいかもしれません。 

 

そして、グレイハウンドバスに乗り、1315分にブリスベンを出発しました。

★クリックお願いします★ 



人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブリスベン⑯ ( シティホッパー 夜3 )

City Hopperに乗船していると、ストーリー橋が見えてきました!!
写真 3 (1)
フェリーはストーリー橋の下を通過します。
写真 3 (2)
写真 1 (2)
赤に白のライトアップとは・・・私としてはちょっと残念でした。
「やりすぎじゃないの?」と。
白だけでシンプルなほうが綺麗に見えそうなのに・・・残念です。

ちなみに、 ビクトリアブリッジはこんな感じでした。
写真 4
 これくらい、サッパリしたほうが私好みです(笑)

このCity Hopperを使った夜景鑑賞ですが、あまりに綺麗だったので、
ついつい長時間、乗船してしまいました。
いやー、これで無料って、ありえませんよね。

夜景を満喫し、ウキウキした気持ちで宿に戻ろうとしていると、カジノ辺りで踊っている
人達を発見しました。
写真 4 (2)
左側の高台にいる人がDJなのですが、音楽に合わせて自由に踊っています。
ここは屋外の広場なんですが、、、 まるでクラブのようです。

私達の目の前で、初対面っぽい男性と女性が熱いダンスを始めたのですが、息ピッタリで驚きました。
日本人は即席でダンスするどころか、初対面の人と息ピッタリで踊ることなんて、できないでしょう。
私達はもちろん、踊ることなく、見物していました。 

夜景に、ダンス鑑賞に 、かなり充実した夜でした!!!
ブリスベン最後の夜に、最高の思い出ができました 

★クリックお願いします★
 
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ