英語は話せないけど...女のオーストラリア一人旅

英語が話せない女(29歳)がバックパッカーとしてオーストラリアを一人旅してきました。

準備

旅行かばんのはなし

旅行にまず必要なものそれは、かばんです!!

 

私が今回の旅で選んだ、かばんはコレです!!

Karrimor airport ST40

 
karrimor

バックパッカーというと、大きいリュックを背負っているイメージがあったし、私もそれに憧れていたのですが、こんな理由でリュックを諦めました。

・ 私は肩こりが酷い(超個人的)

・ 大抵の大型のリュックは、出し入れが上からなので、荷物が底にあるときに取り出すのが大変そう

・ 荷物が増えたときに、背負って歩く自信がない

 

私がチョイスしたものは、リュックにもなるキャリーケースです。

旅行代節約のため、機内持ち込みOKのサイズにしました。

容量については、機内持ち込みOKのかばんの最大容量(と思われる)の40Lを選択しました。

 

似たような製品は市場にいくつかありますが、東急ハンズやLOFT、ヨドバシカメラ等で実物を見た結果、この製品が一番、コロがしっかりしていたので、こちらを選びました。

他の製品はコロが頼りなかったり、生地が薄手で旅行中に壊れそうだと思ったので(;´Д`)

 

このかばんは、雨用のカバーも付属されています。

当初、私はそこに魅力を感じていませんでしたが、実際の旅行中には、かなり使えました。

 
 

行きの時点で、かばんはパンパンになってしまいました。

帰りにはお土産で荷物が大変なことになりそうだったので、折りたたみのトートバック(21L)も併せて持っていきました

実際、旅の序盤から荷物が溢れてしまったので、このトートバックはあって良かったです。

 

荷物用のかばんについては以上ですが、観光や買い物時にはナナメ掛けのかばんを使用しました。

★5月5日の記事で、旅行かばんについて補足しています。
こちらもぜひ★


 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村>
人気ブログランキングへ

旅行中の服装のはなし

今回は、服装についてです。

旅行中の服装って、迷いますよね(´;ω;`)

 

私が持っていった服はこれです。

UNIQLOのジーパン、チノパン1本ずつ

UNIQLOの無地Tシャツ3

UNIQLOの黒のリブタンクトップ

UNIQLOのパーカー(グレーは最高に使えるカラー!)

レインパーカー(アウトドアブランドのもの)

 バリで買ったサロン(大きい布)

※「旅行の荷物について」の項目で補足します

水着(ビキニ上下、ショートパンツ)

寝巻き用のハーフパンツ2

 

こうして一覧にすると、UNIQLOの文字が目立ちますね

どうしてこんなにUNIQLOが多いかというと、旅の終わりに服を捨てて帰りたかったからです

せっかくの海外だし、オシャレしたい気持ちはヤマヤマでしたが、帰りに少しでもお土産を詰めるスペースを確保したかったので、UNIQLOだらけにしました。

超シンプルな格好でしたが、コーディネートに迷う必要がなかったので、ある意味ラクでした。

 

オーストラリアは日本と季節が逆なので、旅行中の向こうの季節は、夏の終わり~秋の始まり、といったところでした。

オーストラリアは広い国なので、場所によって、暑かったり寒かったりしますが、上記の服で十分事足りました。

 

ちなみに、下着については3セット持っていきました

そのうち2枚はUNIQLOのブラトップです。

やっぱり、ラクチンが一番ですよね!!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村>
人気ブログランキングへ

荷物のはなし①

今回の旅の荷物について、4つにわけてご紹介します。

私は40Lサイズのかばんだったので、さほど荷物は多くありません。

 

 旅行に必要なもの

 持っていって、よかったもの

 持っていったけど、いらなかったもの

 旅行中に買い足したもの

 

今回は、最初の、「①旅行に必要なもの」です!!

「これはいるでしょ」というものばかりですが

箇条書きしていきます。

 

・下着

・洋服

・スニーカー

・化粧道具

・メイク落としシート

・めがね、使い捨てコンタクト(「④旅行中に買い足したもの」参照)

・化粧道具

・海外用の変換プラグ

・折りたたみ傘

・衣類圧縮袋

・フェイスタオル3

・筆記用具

・爪きり

・インスタント味噌汁

・洗濯用石鹸、洗濯板

・薬

・予備の急速充電器(ケータイやスマホなどの)

・カロリーメイト

 

これらは、「なくても別に問題ないですよ」レベルのものですね。

なくても、現地で調達できるものがほとんどですね。
 

つぎは、「②持っていって、良かったもの」です。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

荷物のはなし②

前回に続いて、今回は『持って行ってよかったもの』をご紹介します。

 

②持っていって、よかったもの

・スマホやタブレットなどの通信機器

 →宿で有料でPCを借りることもできますが、あるに越したことはないです。

  最近は、オフラインでも使えるアプリもあるので、出国前にインストールしておくと便利です。
 

・南京錠2つ、ワイヤーロック

 →必須です。かばんのファスナー部分につけたり、宿での荷物の管理の際などに使います。

   日本は安全な国なので、私も旅行に行くまで必要性がピンとこなかったのですが、あると安心です。


・スイムタオル

 →必須です。ビーチやお風呂はもちろん、手洗いで洗濯した後に水気を取るときにも使えます。

  私はフェイスタオルも持って行ったのですが、ほぼ使わず、スイムタオルばかり使っていました。

スイムタオルを発明した人は天才だ、とまで思いました。


100均の小分けチャック付袋

 →あると便利です。中身が見えるし、何度も出し入れできるのが魅力です。

  個人的にはB6サイズの横型が使いやすいです。


・延長タップ

 →あると便利です。ドミトリーの宿などでは、コンセントが一人ひとつしか使えないことがありますが、これがあると問題ありません。


S字フック

 →あると便利です。ドミトリーの宿などでは、自分のスペースが限られているので、荷物の置き場に困ることがありますが、これを使って荷物の収納スペースを確保できます。

スーパーのビニール袋に荷物を入れて、これで吊るすだけで、ちがいます。


・手ぬぐい

 →必須です。ハンカチやタオルの代わりに使います。長いので、洗顔時にターバン代わりになるし、丈夫なのでおすすめです。


・ハンガー

 →必須です。私はクリーニング屋の薄いタイプのものを2つ持っていき、帰国時に捨てて帰りました。


・バリで購入したサロン(大きい布)

 →あるとかなり使えます。

  長くなるので、次の回で使い方をご紹介します。

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

荷物のはなし②・・・サロン(大きい布)について

今回は、前回ご紹介した、「バリで購入したサロン(大きい布)の使い方」についてです。 

こういうのです↓↓
IMG_6073

 

この布、かなり使えるんですよー!!!

お値段は2000円くらいでしょうか。

 

①洋服として

体に巻きつけて、スカートやワンピースとして着用できます
写真 1 (2)      写真 2 (2)

巻き方は、ネットで検索したら出ますよ。You tubeで動画などもあるようです。

∞みたいな型のエスビナー(アウトドアショップで購入)を使うと、着用がより簡単です。 

※サロン購入時にはココナッツ製の専用止め具がありました。

でも、エスビナーのほうが、旅行中に何かと使えると思うので、私はエスビナーをオススメします。
エスビナー
 

エスビナーのその他の用途:荷物をぶら下げる、ズボンのベルト通しにつけて鍵をぶら下げる 

 

 

②ドミトリー部屋の、ベッドの目隠しとして

ドミトリーの部屋はこんな感じです。
写真
 

自分のプライベートはほぼありません。。。

そんなときに、自分のベッドの周りに布をかけると、あっと言う間に目隠しができます

   (写真左下のベッドの人は、バスタオルを掛けて目隠しにしていますね。) 

100均のカーテンクリップも併せて持っていくとラクです。

 カーテンクリップ

他にも、カーテンクリップは、洗濯物をベッド周りに干すときにも使えます(靴下など)

 

 

次回は、『③持っていったけど、いらなかったもの』です。

ほぼ、ないですけどね(笑)

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村>
人気ブログランキングへ