英語は話せないけど...女のオーストラリア一人旅

英語が話せない女(29歳)がバックパッカーとしてオーストラリアを一人旅してきました。

旅行記

旅のルートのはなし

今回は、旅のルートについてお話しします。

 

前回お話しした通り、私はオーストラリアの観光等には全く興味がなく、
「ここに行きたい!!!」という所はありませんでした

そのため、具体的なルートは渡豪してから決めることにしました。

 

ただ、完全なノープランだと不安なので、出国前に帰りの航空券と、
初めの滞在先の宿3泊分だけ手配
しておきました。

 

今回のオーストラリアの滞在期間は4週間にしました。

仕事は退職しているので、それ以上の期間にしても問題なかったのですが、
友人の結婚式や同窓会があったので、どうしても414日には帰国しないといけなかったのです。

結婚式の欠席も考えたのですが・・・私にはできませんでした(;´Д`)

 

航空券は、行きがケアンズ着、帰りがメルボルン発ケアンズ乗換えの便を購入ました。
航空会社は、JETSTAR ★ 

始めの行き先をケアンズにしたのは、316日発のオーストラリア行きで一番安かったからです。

帰りの便は、ケアンズ以外の空港から発ちたかったのと、ちょうどセールで安かったという理由で、
メルボルン発を選びました。

 

前述した通り、ケアンズとメルボルン以外は、渡豪してから決めました。

そして、その全体のルートとは・・・
 

ケアンズ → アーリービーチ → ブリスベン → ゴールドコースト
→ シドニー →カトゥーンバ(ブルーマウンテンズ) → シドニー
→ キャンベラ → メルボルン

です!!!(シドニーは2回滞在しています)

 

メインの移動手段として、グレイハウンドバスを使いました。

詳細についてはまた後日お話しします。

 

次回は、オーストラリアでお世話になった旅行会社についてお話しします。

 

・・・なかなか旅行記が始まりませんね( ´_ゝ`)

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

お世話になった旅行会社のはなし

はじめにひとこと言っておきますが、宣伝ではありません。


私は個人旅行でオーストラリアに来たので、旅のプランは自分で組み立てないといけません

 

出国前はオーストラリアに行きたい所がなかった私でしたが、
いざ渡豪すると、旅行気分が爆発して観光したくてたまらなくなりました(笑)

そこで、旅行中何度か旅行会社のデスクに行って、ツアーの申し込みをしました

※私の今回の旅のツアー申し込みは全て、現地予約です

 

J★BさんH★Sさんなど、日本でも有名な旅行会社は皆さんご存知でしょうが、
今回は穴場な旅行会社さんをご紹介します

 

それは・・・ナビツアーさんです。

http://www.navitour.com.au/
 

この会社はネットにある「トラベルドンキー」という旅行会社がやっているそうですが、
とにかく安いんです!!!

催行会社も内容も全く同じのツアーの料金が、
J★Bさんとこのナビツアーさんでは15 AUDくらい違ったり
します。

ただ一つだけツアーに参加するなら、15 AUDの差くらい大したことないですが、
いくつもツアーに参加するなら、15 AUDの差の積み重ねは大きいですよね。

 

私がナビツアーさんを発見したのは、ケアンズでした。

ケアンズに到着し、これからのプランについて悩んでいたときに、
なんとなく入店したのがきっかけです。

本当に偶然だったのですが、発見できてよかったです。

聞くところによると、ワーホリの日本人の方も利用されている方が多いようです。

 

私の性格上、安い旅行ツアーをウェブ上で申し込むのは、抵抗があります

でも、同じ「安い旅行ツアー」でも、店頭でスタッフさんの話を聞いた上で申し込むと、
どこか安心感
があります。

 

私は、都市を移動するごとに、まずはナビツアーさんに行って、
オススメのツアーはないか相談する
ようにしていました。

まあ、時間が有り余っているからできたことですが('д` ;)

 

今回の旅は、主にグレイハウンドバスを使って移動したのですが、
このバスの手配をしてくださったのもナビツアーさんです。

出国前に、何度もグレイハウンドバスについて調べたのですが、
英語が読めず、結局わからないままに渡豪していた私にとって、かなりありがたかった
です。

 

この流れで、次回からグレイハウンドバスについてお話しします。

 
 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

旅立ち

さて、今回から旅行記を書いていきます
 

ここまで長かった。。。笑

ときどき、脱線することもあるかと思いますが、ご了承ください。

 

今回は旅の始めのはじめ、旅立ちです。

 

私は、316日にJETSTAR JQ16便で、
関西国際空港からケアンズ国際空港に向けて、飛び立ちました。
 写真 (8)

JETSTARは福岡→関空行きは乗ったことがありましたが、関空初の便は初めてでした。

だから、ついつい、peachと同じ、関空第二ターミナルに行ってしまいました

LCCはみんな第二ターミナルなのかなーと思っていて('A`|||)

 

初めから第一ターミナルと分かっていたら、免税店の値引きクーポンを持って行ったのですが、
もちろん持ってきてないので、ガッカリして免税店での買い物は断念しました。

 

節約のため機内食は申し込んでなかったので、機内用の食料と飲み物を持って
機内に向かいます。

 写真 1 (1)
そして、機内へ。

座席は非常にシンプルな作りです。
 写真 (9)

ほかの国際線でみられるような、座席に設置されたTVなどはありません

映画などが見たければ、有料でipadを借りることになります。

 

私は「地球の歩き方」を読んで、これからの旅について勉強しながら過ごしました。

出発まで何度か、「地球の歩き方」を読もうとしたのですが、
どうも読み進めることができませんでした。

「いい加減、勉強しないとヤバイ」という焦りがあったのか、この時は集中して読めました。

 

そうしてる間に睡魔が…

私は眠りに落ちました☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ケアンズ① (空港から宿へ)

関空を旅立った翌日、317日の午前5時頃、ケアンズ国際空港に到着しました。

 

到着直後は、まだ暗くてイマイチでしたが・・・
 写真 2 (1)


税関等を通って、外に出ると、この景色が!!!

 写真 3
ついに、海外に来たなーという感じです。

朝の7時前なのに、この日差しです。

 

ちなみに、オーストラリアの時差は、日本プラス1時間です。

そして到着時は、ケアンズのあるクイーンズランド州はサマータイムだったので、
日本プラス2時間の時差
でした。

サマータイム中というと・・・この日差しは、本来6時前に見る日差し!?

さすが、熱帯気候の国は違うなあと思いました。

 

ケアンズの予定はもちろん、ノープランだったので、まずはバスで宿に
行き、荷物を預けることにしました。 

空港の到着口あたりにバス受付の窓口があり、そこに行き先を伝えます

`I want to go this ホステル` と、印刷した宿の資料を見せながら伝えると、
伝わったよう
で、15AUD支払い、バスターミナルの番号を教えてもらいました。

 

バスターミナルに向かっていると、日本人の男性に声をかけられました。

「ワーホリの方ですか?」と。

「いえいえ、観光で今日からオーストラリアを旅するんですよ~」と私。

どうやら、彼はワーホリ中で、ケアンズから数時間くらいの距離のところに住んでいるそう。

今回、家庭の事情で京都の実家に帰っていて、
私と同じ飛行機の便でオーストラリアに戻ってきたとのこと。

 

そうしている間に、市内に向かうバスが到着。

朝早いこともあり、乗客は私たち2人だけでした。

 

車内では、彼とおしゃべりして過ごしました。

そこで彼の、「ケアンズは超田舎ですよ~」という発言に衝撃を受けました。

ケアンズは日本人にも人気の観光スポットだし、シドニー並みの大都会だと信じて疑ってなかったからです。

ショックを受けつつ、彼にケアンズのオススメスポットを聞くと、「キュランダ」という所を
薦められました

行き先を決めてない私にとっては、かなり貴重な情報です。

ケアンズにいる間に「キュランダ」に行こうと決めました。

 

おしゃべりをしている間に、ケアンズの宿に到着しました。

ケアンズの宿は・・・Cairns Central YHA です。
 写真 (10)

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ケアンズ② (Cairns Central YHA )

7時過ぎ、出国前から予約していた、Cairns Central YHAに到着しました。

 写真 (10)

宿へのチェックイン!!

英語の話せない私にとって、第一の難関です。

 

勇気を出して、英語のガイドブックを見ながら、

`My name is ●●●.I made a reservation in Japan.`

 (私の名前は●●●です。日本で予約しました)

とレセプションの人に言うと、分かってくれたようで、すぐにチェックインの手配をしてくれました。


英語を聞き取れない箇所もありましたが、

`One more, please.`

と言うと、ゆっくり話してくれ、単語単位ではありましたが、なんとか理解できました。

※今調べたら、「もう一度話してください」は`Once more, please.`なんですね。。。

  `One more, please.`は「もう一つください」という意味のようです。。。

 間違った使い方でしたが、相手が良かったのか、わかってもらえました(´;ω;`)

 

私はバッグだけ預ける予定だったのですが、どうやら、部屋を使ってもいい様子。

`Use , OK`と聞くと、OKとの返事。

やったー!!!7時過ぎにチェックインできる宿なんて、人生初です!!!

 

早速、部屋に行きます。

今回は、女6人の部屋でした。
P_20140317_182223 (2)
日本のドミトリーは何度か経験してきましたが、初の海外のドミトリー!!!

どきどき

 

ここのYHAは、7時から9時くらいまで、朝食としてパンケーキが用意されています。

しかも無料!!!

「パンケーキ」は正直、粉っぽくて、塩気が強かったけど、無料なら気にしません(笑)

メープルシロップをたっぷりかけて、いただきました。

 

ここの宿にはプールがついていて、泳ぐことができます。
写真 2 (3)

写真中央の屋根の下には、ビリヤード台がありました。

プールに面して、ハンモックがかかっていたり、う~ん、外国だなあ!!!
 写真 1 (3)
このハンモックの下の階には共有スペースがあり、ここで食事を食べたり、書き物や読書等を
していました。写真がなくてすみません。

このケアンズYHAについては、書きたいことが他にもあるので、まだ書きますね。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村