英語は話せないけど...女のオーストラリア一人旅

英語が話せない女(29歳)がバックパッカーとしてオーストラリアを一人旅してきました。

ゴールドコースト

ゴールドコースト21 ( モスに感動/最終日 )

ゴールドコースト5日目です。

そして、この日はゴールドコーストの最終日でした。

 

バスは17時半だったのですが、ゴールドコースト5日目となると、特にすることもありませんでした。

宿のチェックアウトは10時ですが、13時までロビーでボーッと過ごしました。

 

お昼になり、お腹が空いたので、「ここぞ」とばかりに、モスバーガーへ

 

実はオーストラリアにはモスバーガーがあります

ブリスベンの街でモスを発見したときには、興奮してお店の写真まで撮りました。

でも、時間がなく、ブリスベンのモスには行けず。

残念な気持ちを噛み締めながらゴールドコーストに来たら、こちらにもモスがあったわけです。

 

オーストラリアのモスは、日本と少しメニューが違いました
写真 2 (3)
日本ではもう売っていない、「ライスバーガー焼肉」なども売っています

 

それでもやっぱり、モスに来たら・・・

モスバーガー!!!!!!!!!!! ( セットで9.45 AUD

写真 2 (4)
期待して食べたモスバーガーですが、日本のものと少し異なりました。

バンズがパサパサだし、タマネギがタルタルソースのようになっていました。

でも!!やっぱり、あのミートソースは同じです!!

久しぶりのモスバーガーに、うっとりしてしまいました(笑)

 

昼食後、モスの前にあるビーチで海を眺めて過ごしました。
写真 4
ゴールドコーストに来た日は、「なんだ、こんなショボいところ」と思っていました。

でも、この5日の間にたくさんの思い出ができていました

なんだかんだで、来てよかった、ゴールドコースト

海を眺めながら、そんなことを考えていました。

 

17時半にバスが出るはずが、大幅に遅れ、バスが来たのは18時過ぎでした。

その間、遅延のアナウンスがあるわけでもなく・・・・

ヒヤヒヤでしたが、無事にバスに乗ることができ、シドニーに向かいました。

★クリックお願いします★ 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ゴールドコースト⑳ ( ツチボタルと南半球の星座鑑賞ツアー 3 )

日本では「星座の見方がわからない」とボヤく私ですが、ここでは、
ガイドさんのお陰で、たくさんの星を見つけることができました。

 

星座鑑賞で一番興奮したのが、オリオン座でした

日本で見ているものと、形が反対だったので。

「南半球の星座は反対に見える」と中学校で教わった通りでした。

 

星座鑑賞のあとは、ツチボタルのいる、Natural Bridgeという、国立公園へ。

ここでは強力な光が厳禁ということで、ガイドさんに渡された、
小さいLEDライトで足元を照らしながら移動しました。

 

夜の公園は「ま―――っくら」で、おばけが出てもおかしくないレベルでした。

いや、ここは公園といっても、「山に通路があります」というかんじの場所なので、
「夜の山」が正しいでしょうか。

 

夜の山には蛍光キノコがたくさん生えていました

日中では、その光っている様子を見ることはできないので、貴重な経験でした。

 

そして、ツチボタルの洞窟に着くと・・・

 

う―――――ん。こんなもんか。綺麗だけど。

悪くはないけど、期待しすぎました。

 

また、残念なことに、私達のうしろに中国人ツアー客がいて、
中国人独特の「大声で騒ぐ」やつで、ツチボタルの幻想的な雰囲気がぶちこわしになったのです。

まあ、私達だけのツチボタルではないし、しょうがないですよね。

 

ちなみに、夜のNatural Bridgeにカメラは持って入らないようにガイドさんに言われました。

生物に悪影響を及ぼすだけでなく、ツチボタル撮影はかなり難しいから挑戦しても無駄だと。

 

「でも、行った記念に何か・・・」と思う私達のために、ツアー参加証と
移動中に使用したLEDライトがもらえました

希望があれば、ツチボタルの写真も買えるそうですが、1500円くらいしたのでやめました。

★クリックお願いします★ 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ゴールドコースト⑲ ( ツチボタルと南半球の星座鑑賞ツアー 2 )

集合場所に到着すると、そこには日本人のお兄さんが一人。

そのお兄さんは、実は運転手で、食事中の他の参加者のもとへ、私を送ってくれるとのこと。

どうやら、ツアー参加者のうち、食事無は私だけらしい。

申し訳ない。。。

 

車内で、「つい最近、旅サラダで、ウチのツアーが紹介されたんですよ!!
芸能人の方も参加されまして。」
と聞き、ミーハーな私はテンションあがりっぱなしです。

 

そして、食事後のほかの参加者と合流。

いよいよツアーの始まりです。

 

ツアーのガイドは先ほどのお兄さんではなく、60歳前後くらいの男性の方でした。

この方は車(バン)を運転しつつ、ヘッドマイクを使って、説明してくれました

まあ、話の1/3が、運転中に轢いた動物の話でしたが。。。。。。

そして、このツアー中も蛇を轢いて、実況するという。。。。。

 

でも、この方の説明はとても丁寧で、声のトーンも非常にソフトで、よかったのです。

特に、星座の解説のときなど。

 

星座は、道路沿いの草っぱらに車を停めて鑑賞しました。

中学生の理科で、「南半球の星座は反対に見えます」と言われてから、
いつかそれをじっくり鑑賞したいという野望があったのですが、それがついに叶いました。

 

星座を把握し辛い私ですが、ガイドさんのお陰で、上手く見ることができました。

南十字星にαとβ、にせ十字など・・・

Milky wayも見ることができました。

 
★クリックお願いします★ 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ゴールドコースト⑱ ( ツチボタルと南半球の星座鑑賞ツアー 1 )

ゴールドコースト4日目は、サーフィンだけではありません!!!

夕食後に「ツチボタルと南半球の星座鑑賞ツアー」に参加しました。

 

ツチボタルとは、オセアニアにしかいない、青白い光を発するホタル(の幼虫)です。

オーストラリアに来る前に、来豪歴のある友達が、「ラピュタのシーンでありそうな、
光を発するホタルの洞窟が素敵だから、行ってきなよ」と言っていた
ので、それに従うことにしました。

 

ゴールドコーストにはツチボタルを見られる場所が2箇所あるようです。

人工的にツチボタルを生育させているところと、今回私が行った国立公園の
ナチュラルブリッジ(天然)
です。


今回のツアーはJTBさんで手配したのですが、スタッフさん曰く、
「人工より、天然がイチバンですよ!!!」とのことでした。まあ、そりゃーそうですよね。。。

値段的には人工のほうが安かった(90AUDくらい)ので、少し惹かれたのですが、「人工」を却下。

 

つぎに、「ナチュラルブリッジ」の英語ツアーにするか、日本語ツアーにするかで迷いました。

英語ツアーのほうが少し安かったので。。。

 

でも、星座について、ちゃんと説明を聞いて理解したかったので、日本語ツアーを選択しました。

食事付150 AUDもありましたが、そこは節約して食事無125AUD です(笑)

 

ツチボタルは雨上がりのタイミングが一番綺麗に見えるそうですが、
星座はもちろん晴れてないと見れません。

雨季のシーズンに滞在している私としては、雨が降りやしないか、ヒヤヒヤでした。

ツチボタルが綺麗なのも大事ですが、星座鑑賞も私にとっては重要だったので。

 

ゴールドコーストに着いてから、週間天気と睨めっこしまくって、やっとこの日が決まりました。

 

そして、期待通り、その夜は晴れ!!!

★クリックお願いします★ 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ゴールドコースト⑰ ( サーフィン 3 )

午後からのサーフィン講習は、私一人ではありませんでした。

10歳と14歳の男の子達と一緒でした。

彼らは兄弟ではなく、それぞれが春休みを利用してホームステイで来ているそうです。

 

近年、小中学生と係わることがなかったので、始めはすごく不安
だったのですが、驚くほどにいい子達でした。

14歳の子は年頃なのに全くスレていないし、10歳の子はかなり純粋な少年で、
私にもたくさん話しかけてくれました。

彼らは貝堀りに夢中で、私も休憩時間に彼らと一緒に貝堀りをしました(笑)

 

そして、そんな私達をまとめるコーチは、ワーホリで来ている25歳のお姉さんでした。

ふざける男の子達を「コラー!」と注意しながらも、温かく指導してくれました。

 

朝は潮が満ちていましたが、お昼は干潮。

また、前日・当日が満月だったので、余計でも干潮になっていました。
写真 1 (2)
写真 2 (2)
そのため、午後からの講習では、いくら海に向かって行っても、

海の深いところまで行けませんでした・・・まあいっか。

 

サーフィン自体は、ボードの上に立とうとしましたが、無理でした。

でも、朝の4倍くらいの回数、「はらばい」の状態で波にのれたので満足です。

★クリックお願いします★ 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村