「大丈夫です」
「ぶつかると少し痛いだけです」・・・・・

1ヶ月前に鎖骨にひびが入り
戦列から離れていた3年生が
コンタクト練習に参加していたので
「大丈夫なのか?」
「治ったのか?」
と質問したときの答えです。

よくよく聞いてみると
ドクターからはOKを貰えていないけど

けが人が増えてきた中で
自分が出来ることをやりたかった・・・
出来ることなら試合にでたい・・

少ない部員の中で
各自が考えているんですね

いつも
弱々しくて、何度も叱咤されてきた彼が
大きく見えた瞬間でした。
3年生になり、だいぶ成長してきたんでしょうね。

こんなところにも
『松高魂』が育ち始めているんですね。

これから
決戦前の最後の練習に行ってきます。

神山組の熱い戦いを信じます。