スクリーンショット 2018-12-23 21.29.37


こんにちは@matsumo_toys です。

気がつけば新年明けておりましたがいかがお過ごしでしょうか。

振り返れば去年の2月にInstagramでオモチャの写真「オモ写」のアカウントを作りました。最初は遊びで適当にやっていたのですが、次第にフォロワーが増えてきて嬉しくなり途中から気合いを入れて続けてたところ、仕事も忙しくなったこともあって一時休んでおりました。振り返ると最初は楽しかった投稿がいつしか「いいね数」を意識した投稿になっていました。それはいわゆる「インスタ疲れ」だったのかな、と思います。

そんななか、ふとした思いつきの投稿を実践してみたところ、改めてInstagramの面白さの発見につながったので僕と同じように「インスタ疲れ」してしまった方に向けて経験を踏まえて記事にしてみました。

「走りポーズ縛り」でインスタに9枚投稿してみようと思った


去年の年末の話になりますが、僕のインスタのアカウントで9枚連続「走っているフィギュアシリーズ」という企画をやってみました。

そもそもは新しくゲットしたMafexのスパイダーマンのフィギュアの完成度が高かったために、走っているポージングをさせてみたところ思いのほかいいポージングが決まりまして、「他にも走り姿のかっこいいフィギュアがあるのでは」と思ったところから9枚を1セットとして連続投稿してみようというのがきっかけでした。





インスタのギャラリーはプロフィールで開くと上記タイトル画像のように9枚でひとまとまりになるので、並んだ時に走っているフィギュアが並んでるのが面白そうというのがありましたが、似たような投稿が続くとフォロワーさんも飽きてしまうのかなという懸念もありましたが、このような同条件でやった場合にどのような結果になるのか興味がありやってみました。

どの投稿が人気だと思いますか?

実際に結果を書く前に皆さんもぜひどの投稿が人気だったのか予想してみてください!

スクリーンショット 2018-12-23 21.29.37


ちなみに僕が予想を立てたのは以下の順でした。

  1. スパイダーマン
  2. アイアンマン
  3. トニースターク
  4. ハルク
  5. キャプテンアメリカ
  6. アントマン
  7. ウルトロン
  8. ロケット
  9. アシモ
こちら、今まで投稿した中で人気のあった順からこのような予測と立てましたが、皆さんの予測はどうでしたでしょうか?

キャラクター以外の人気要素としては「可動域の広さ」という点が人気になるのではと思いました。

_06P1133402
(可動域の広いアイアンマンマーク50)



個人的にはこの「人間っぽい動き」ができる上記2体のどちらかが一番になると思っていたのでした。


まさかのあのキャラクターが人気1位に!!


計測は全ての投稿が終わった1週間後で、「いいね数」「コメント数」「保存数」を合計した数を「エンゲージメント数」として足した総合ポイントで比較します。Instagramのビジネスプロフィールの数字から見ていきます。

参考リンク:Instagramを分析する方法まとめ


集計結果はこちら!

スクリーンショット 2019-01-04 22.55.27


まさかのアントマンが1位に!!そして僅差でスパイダーマンに続き、そこから数字は大きく下がり最終的にロケットが一番最下位となりました、、、(ロケットファンの方すいません!)


エンゲージメント数の内訳は以下のようになります。

スクリーンショット 2019-01-04 22.55.57


個人的に驚いているのが、僕のインスタギャラリーは基本マーベルとスターウォーズフィギュアがメインで完全にネタとして投稿したASIMOフィギュアがまさかのトニーさんとロケットを抜いた数字になったのには驚きでした。(HONDAファンの方すいません!)

インスタ検索時の「おすすめ」に載るかどうかがポイント?!

同じ構図で投稿してこれだけ差が出たというところで、一番数字が稼げた投稿と稼げなかった投稿のさらに内訳を見ていきましょう。


エンゲージメント数が一番高かった「アントマン」

スクリーンショット 2019-01-04 23.31.22


エンゲージメント数が一番低かった「ロケット」


スクリーンショット 2019-01-04 23.39.22


上記2点を比較した時に、一番大きな差となっているのが「発見」からの流入です。
インスタグラムで検索した時に出る「おすすめ」のところです。


IMG_4911


確かに自分もフォローしている人以外で何か面白い投稿を探そうと思った時にこの「おすすめ」を見て新しくフォローする人を探したりしています。

どのようにしたら「おすすめ投稿」にピックアップされるのか

ここからはあくまでデータを見た上での推測になるので、「そういう考えもあるかもしれない」くらいの話半分で聞いてもらえればと思います。

スクリーンショット 2019-01-04 22.55.57

こちら先ほどのエンゲージメント数の内訳の数字ですが、この「保存」という行為が「おすすめ投稿」に影響を与えているのではないかと推測しています。

Instagramというプラットフォームの発展から考えてみる

ここでちょっと視点を変えて「自分の写真がどうやったら見られるのか」ということから「どうやったらInstagramがもっと発展するのか」という風に考えてみてみましょう。

Googleが検索エンジンとしてブランドを保つために「良質なコンテンツを上位にあげる」というのと同じように、Instagramも「良質な写真を上位にあげる」ことでブランドを保つ(または反映させる)ということが考えられます。

ではその「良質な写真」とは何が決めるのだろうか、と考えた時に一つは「保存」という「行為」が一つ挙げられるのではと思いました。

もしかしたらAIの発達で、Instagram内に「良質な写真」を判別する機能がもしかしたら入っているかもしれないですが、「保存」という能動的な行動がもしかしたら「良質な写真」を判断する材料になっていると僕は推測しています。

フォロワーを増加させるアプリ等は出ていると思いますが、「いいね数」は稼げても「保存」はあくまで能動的な行動にのみある(はず)なので、ここが良質な写真(コンテンツ)と判断されるのではないでしょうか。

狙うべくは「自己ベストの更新」

スクリーンショット 2019-01-05 11.09.19

ただここで「まだフォロワーが少ないから」と思ってしまうのも非常にもったいないです。というの自分のInstagramでもぜひ見て欲しいのですが、全ての「おすすめ投稿」が決して「いいね」の数だけで判断されていないところです。

もちろんいいねの数が多いものが非常に多いですが、中には30いいねとかの投稿もおすすめに入ってきてます。

では、なぜそのような投稿が「おすすめ投稿」に入るのかというと「いいね数」に対する「保存」の数なのではなかろうか、という仮説に結びつくかと。

ここでInstagramを始めたばかりの人のモチベーションを考えた時に、おすすめ投稿が「いいね」の多い人しか並んでいなかったとしたら自分に伸びる要素もなく、投稿を続けるモチベーションを失ってInstaramからも離れてしまうでしょう。

そこで(おそらく)Instagramが取り入れている(であろう)施作が「自己ベストを更新した人」をピックアップするというシステムだと仮定してみたらどうでしょう。

そもそも自分の感覚はあてにならないと割り切る

スクリーンショット 2019-01-05 11.10.04

皆さんも経験あると思いますが、今回の結果が示すように「自分でいい」と思った写真が全然評価されなかったり、逆に適当に撮った一枚が非常にウケたりすることなんてよくあることです。

もちろん投稿する以上、多くの人に見て欲しいし、「いいね数」という承認も欲しいところではありますが、そこにばかりとらわれてしまって楽しくなくなってしまったらそれこそ本末転倒でしょう。

「面」で投稿する3つのメリット

スクリーンショット 2019-01-05 11.10.35

そこで最後に提案したいのが今回の9枚連続投稿での「面」での投稿というスタイルです。

(先にお断りしておくと、僕のスタンスは「楽しく続けていきたい」ということが最優先になるので「一枚一枚を作品のように丁寧に仕上げる」プロ意識はない点ご了承ください)

ではこの9枚1セットがどのようなメリットになるか説明していきましょう。


1、1枚に対する過剰な期待値を下げる


自分のモチベーションが下がったメカニズムは以下の通りです。

・渾身の一枚を投稿

・そこまで評価が得られない

・次の渾身の一枚を考える(この時点でちょっとしたストレス)

・そこまで評価が得られない

次の投稿が億劫になる。

おそらくこのループを経験した人が「インスタ疲れ」に陥る一番多いパターンではないかと思います。
そもそも「評価」さえ気にしなければいいのですが、Instagramというフィールドにいる以上は気になってしょうがないかと思います。

ただこの問題も類似した9種類を「シリーズとして」投稿することで、今回のように「どれが一番評価高いかな」という感じで客観的に見ることが可能になります。

2、企画力が鍛えられる

今回の投稿をする際に最初に決めたのは「9枚の投稿をする」というシンプルなルールでした。最初にこの枠組みという「制限」を作ることで、どのアイテムをどういう順番で出すかなどの戦略として考えるスタートにもなります。

今回の投稿のあとに、バックトゥザフューチャーの「ホバーボード」のミニチュアをゲットしたのですが、これを元に同じように連続投稿(今回は3枚)にて企画を考えました

P1133554





このアイテム2つをゲットした時にまっさきに投稿したかったのが以下の1枚でした。





この渾身の一作を最後に出すために、以下の2作をアップしました。




悲しいことに渾身の一作より、最初に投稿したデロリアンとの一枚が一番評価の高い投稿となりました。

もちろん一番の力作が伸びることを祈ってましたが、複数案出すことにより心が折れることもなく「ホバーボードの魅せ方」という「経験値」が溜まったというメリットが残りました。


3、シリーズで出すことによる「次は何が出るかな」という期待感がフォロワー増加につながる?!

実はこの9枚のシリーズ投稿を通じてフォロワーさんが一気に増えました。前回の記事「温泉旅館1泊2日のオモ写旅」のシリーズでも共通してのことでしたが、おそらくシリーズで出すことにより「次は何が出るのかな」という期待感からフォローしていただけるという行動につながったのかもしれません。


「どうやったら自分が楽しめるか」ということにのみフォーカスする

Snapseed

以上、長々と「インスタ疲れ」に対処するための方法について書いてきましたが、これはあくまでも個人的な推測から導き出してきた方法にしかすぎません。

一番の正解は「自分が楽しむこと」で、そこに至る道は色んな方法があっていいと思うし、むしろ色んな道がないとおかしい。

今回は「9枚のシリーズ投稿」というところから自分なりの「楽しめる方法」を導き出してみましたが、ぜひご自身の中での「楽しめる方法」を追求してみてはいかがでしょうか!