石巻線が全線開業80周年というコトですよ!
というわけで、BRT駅ができる前に訪問してそれっきりしまい込んでた
前谷地駅のご紹介のコトなんです。

前谷地駅は石巻線の駅ですが、気仙沼線が分岐する駅なんですよね。
震災の影響で、途中駅の柳津駅までは鉄道で復旧、柳津駅から先は
BRTでの復旧となりました。
旧柳津線に逆戻りですね・・・

前谷地駅にもBRTは来ますが、柳津駅までノンストップ運行でなので、
途中駅までは鉄道の気仙沼線をご利用のコトですよ!

maeyachi-001

駅が開業したのは、全通に先立つ1912(大正元)年のコトで、
駅舎は1925(大正14)年9月に改築されたものを
現在でもそのまま使っています。

こういう木造駅舎、残していくのが難しいんだろうな、というコトを
あちこちの駅を訪問するたびに感じます。

耐震性能がその駅舎にあるか、というコトなんですよね。
そのため、木造駅舎が取り壊され、軽量鉄骨などの簡易駅舎に
置き換わっていくんですね。

予算がかけられなかったところでは、「公衆トイレ駅舎」と揶揄される
簡易駅舎もあるようですが・・・(有名どころでは八高線の松久駅とか?)

駅舎内に入りますね。

maeyachi-002

小牛田駅管理の業務委託駅なので、窓口は開いています。
Suicaは使えない区間なので念のため。

待合室はとても狭いです。
駅舎自体がコンパクトでしたが、さらに事務室に面積をとられ、

maeyachi-003

こんなちんまい待合室と窓口になってしまいました。
石巻線はおおむね1時間に1本、気仙沼線は1~2時間に1本です。
(※ 2019年9月現在では、ほかにBRTが1日5本)

ちんまい待合室にいても何も出ませんので、駅構内へ入りますよ。

maeyachi-004

駅構内は、駅舎に面した石巻線上りの単式ホームが1番線です。
駅舎の壁面に、ものすご~くやっつけ仕事な駅名標が貼ってありました。

気仙沼線の鉄道区間にも同様のモノがあるようなので、
一括発注した「予算縮減! 駅舎貼っつけ駅名標」のようです。

maeyachi-005

1番ホームから跨線橋を渡って対面には島式ホーム。
手前の2番線は石巻線の下り、奥側の3番線は気仙沼線が
それぞれ発着します。
石巻線上り小牛田方面は、石巻線のほか気仙沼線直通もあり、
この場合は上下線とも3番線から発着します。

2008年ごろまでは国鉄形の自立式駅名標だったようですね。
二またの駅名標、分岐駅ってことが感じられますよね。

maeyachi-006

前谷地駅小牛田寄りから見た全景です。
一番左が気仙沼線に通じる線路です。
真ん中の2本が石巻線ですね。

maeyachi-007

かつてはキハ40も出入りしていたんですよ。
今はキハ110形に交代しましたね。
もっとも仙ココの石巻線向けキハ40、冷房がなかったので
キハ110に交代したのは、サービス向上もあるのよね。

maeyachi-008

それと、石巻線ではよく貨物列車に出会います。
音もなく(接近放送もないし)現れる貨物列車、紙を運んでるんだそうです。
石巻の日本製紙の工場に出入りしてるのかな。
1日6~8往復の貨物列車が走りますので、ローカル線としては
異例の多さですね。
紙ってもともと木ですから、重いんですよね。
さすがにDE10型ではなくDE11型が絶賛活躍中です。

maeyachi-009

1番線に荷役用ホームと線路の跡みっけ。
国鉄時代は貨物王国でしたが、相次ぐストで定時運行どころか
到着日までずれ込むようになったり、
そもそも積み込むはずの貨物列車が運休になったりして
貨物列車が衰退し、長距離トラックにとってかわられたんですって。

労働組合がなきゃないで会社のやりたい放題になるし、
あったらあったで顧客無視で自爆、と。

紙を積んだ貨物列車が何本も行きかう石巻線、すげぇ。

maeyachi-010

ところで、「前谷地」って変わった日本語ですよね。
漢字が充てられているもんですから、ちょっと変わった名前程度に思っていたら、
アイヌ語の「静かな湿地」「穏やかな沢」を意味するとされる
「モイ・ヤチ」が語源らしい。
アイヌ語語源の地名の最東端は石川県にあるらしいので、
まあ、あってもおかしくはないですよね。

災害や気候を含意する地名ってあちこちにありますから、
語源を探るのって大切な作業なんですよ。
例えば・・・
「女川」と「小名浜」の「オナ」って、同じ語源なんだそうです。
「オナ」は削り取る意味の古語由来だとか。
波で土地が削られてできた土地、ってトコでしょうか。ちょっと怖い。

maeyachi-011

決して広くない駅前広場と、決して大きくない駅舎。
これといった特徴はないし、主張もないけど、
なんか残ってほしい駅舎です。
現在は、駅前広場の右側にBRTの乗り場がつくられています。

maeyachi-012

駅前通りはこれといった商店もなく、乗継に失敗すると
待ち時間が長く感じられると思います。
駅に売店もありませんしね。

そんな駅前通りと県道21号線の間にはこんな古い建物も。
この蔵の中で美容室をやってるわけじゃ、ないよね??