「○○温泉」という駅が全国にありまして。
民営化後に着いた駅もあれば、国鉄のころから○○温泉だった駅もあります。

あつみ温泉駅は、国鉄のころから「温泉」が付くうえ、
温海温泉の最寄ですがなかなか正しく読んでもらえないため
平仮名で「あつみ温泉」と命名された駅です。

atsumi-001

開業は1923(大正12)年。
陸羽西線の温海駅として設置されました。
翌年、所属路線が羽越線に変更されています。

現在の駅舎は1963(昭和38)年に建設されたRC造平屋の
ザ・昭和なコンクリ駅舎です。

なおこの年、貨物の取り扱いが廃止されていますので、
旅客駅に転換すると同時に駅舎の建て替えが行われたようです。

現駅名の「あつみ温泉」に改称されたのは、1977(昭和52)年。
国鉄が観光に力を入れ始めたころの
山口百恵さんを起用した「いい日旅立ち」キャンペーン(1978~84年)の
時代とかぶりますねぇ。

atsumi-000
昭和な感じの駅名標ですね

「ディスカバージャパン」とか(「ディスカウントジャパン」ではない)、
「エキゾチックジャパン」とか(「駅増築ジャパン」ではない)とか
国鉄がなんか国鉄らしくない時代もあったんですよ。

atsumi-002

現在、JR東日本の観光列車といえば、E001形こと
クルーズトレイン「四季島」です。
あつみ温泉駅には、「四季島」専用の出入口があります。

一枚目の写真をご覧になると、駅舎の右側に黒い扉がありますね。

atsumi-003

改札を入り裏に回ると、駅舎に面した単式ホームの1番ホームから
直結の扉でした。

atsumi-004

ほぉ、「四季島」マークが入っていますね。
左側の細い窓は・・・何に使うの?

“まつもと”は普通列車で来ましたので、一般の改札口を利用します。
駅舎の前にある、ガラスの風除けの後ろに入口があり、
「コンコース」へとつながります。

atsumi-005

コンコースの右側には待合室、左側には券売機と窓口があります。
みどりの窓口設置駅ですよ!
ただし、早朝、夜間は窓口と待合室が閉められてしまいます。

待合室の利用可能時間は7時15分から17時10分まで。
一番寒い時間帯には開いてないのね・・・。

atsumi-006

みどりの窓口も営業時間が案外短く、7時10分から
17時10分まで。
改札口はアルミの引き戸がありますが、ラッチや発車案内標などの
「改札口用備品」は一切ありません。

時刻表と特急「いなほ」の編成表だけが掲げられていて、
観光地・あつみ温泉の玄関口としてはちょっと寒々しい駅ですよ、ホント。

では、改札口を通りぬけましょう!

atsumi-007

1番線は、駅舎からつながる単式ホーム。
秋田、酒田、鶴岡方面の下り列車が発着します。
駅舎がコンクリなので、ちょっと寒々しい印象かな。

atsumi-008

あつみ温泉駅とあつみ温泉の由来が書かれたバス停みたいな
形状の案内板がありました。

あつみ温泉は、漢字だと「温海温泉」。
温泉の湯が海まで流れて、海水が温ったかったためこの名がついたそうです。
伝説では、山伏のはしりのあの役小角(えんのおづぬ)が
温泉を開いたとかなんとか。

といういきさつもあるのに、なかなか正しく読んでもらえないので、
平仮名表記も可、としたんだそうです。
「熱海」は正しく読んでもらえるのにね・・・

atsumi-009

温泉街の入口駅らしく、旅館の案内広告が出ています。
よく見ると、電話番号が下4桁なの。

atsumi-010

あつみ温泉駅の駅名標は、1番ホーム、2・3番ホームとも
地球にやさしいLED仕様です。
隣の駅は五十川(いらがわ)に小岩川ですか。
川が多いのかな、この辺。

atsumi-011

1番ホームにぽつんと立つ、自立式駅名標もありました。
なんだかレイアウトが崩れてる??

atsumi-012

2番線は退避・始終発ホーム、3番線は新潟・村上方面の上り本線です。
島式ホームになっているんですが、駅の柱という柱が
「美食旅日本海」キャンペーンの「海里」仕様になっていましたよ。

atsumi-013

これが「海里」駅名標。
ついこないだまでは「きらきらうえつ」のきらきら駅名標でした。

atsumi-014

それにしても、村上-酒田間は羽越本線の閑散区間でもあり、
人の出入りが少なく、ちょっと寂しい駅でした。
特急「いなほ」の停車駅で、「海里」も「四季島」も停まるのに。

実際統計にも乗客減は現れていまして、
ディスカバージャパンな1975(昭和50)年には
1036人(1日平均乗降客数)だったのが、
最新の2018(平成30)年には101人にまで落ち込んでいます。

昭和50年代は、特急「いなほ」のほかにも「白鳥」とか
その他もろもろの急行列車が行きかってたんですよね。

いまじゃ、2時間に1本の普通列車と5往復の「いなほ」ですもん。
不便になる→客が車に流れる→乗客減のため減便→
ますます不便になる→ますますクルマ依存になる・・・の
負のスパイラルですわ。

atsumi-015

乗車口を示す発車案内。
かつて優等列車が停車する駅には、この手の乗車口案内が
何枚も出てたものですよね。

うーん、いなほ6号車と海里3号車だけ。
足元を見ると、

atsumi-016
真新しい「海里」の乗車位置表示が設置されていましたわ。

「海里」は時流に乗ってハイブリッド車両のHB-E300系が充てられています。

国鉄以来の485系「きらきらうえつ」、時代の流れにも笹川流れにも逆らえず、
今年限りで営業運転を終了します。

そして、次々と姿を消している各地の木造駅舎に続いては、
おそらく高度成長期の鉄コン駅舎が餌食になっていくのかな。

それはそうと!

あつみ温泉、旅館が古いだの仲居がアレだの湯がぬるいだの(温海ですもんね)
ネガティブ情報がネットに氾濫していますが、
“まつもと”が一泊したお宿は、そんな悪くなかったけどな・・・

ぜひ国鉄色のキハ48で、ラクをしたい方は「いなほ」をご利用の上
あつみ温泉を体感してください!
羽越本線の景色もいいですよ!

実はここだけの話、冬は風が強まるため雪除けのフェンスがあちこちにあって
あまり景色がよくないのですよ。

JR羽越本線、おススメです。