三岐鉄道編、最終回です。
始発駅の西桑名駅に戻って来ました。

nisikuwana-001

西桑名駅の正面玄関、自販機の上には北勢線の大きい看板がありまして、
時々デザインが変更されるんだそうです。

nisikuwana-002

西桑名駅は、JR・近鉄・養老鉄道の桑名駅から
300メートルほど離れたところにありまして。

1914(大正3)年の開業時は、「大山田駅」という名称で、
場所ももうちょっと東側にあったんだそうです。
今のバスターミナルのあたりです。
翌年に大山田駅-桑名町駅(のちの桑名京橋駅)が開業。
途中駅となります。

1931(昭和6)年に、晴れて西桑名駅と改称しました。
もともと大山田村に所在したので「大山田駅」だったわけですが、
西桑名町に町制施行された際には「西桑名駅」に変更できませんでした。

近鉄名古屋線(当時の伊勢電気鉄道)益生駅が「西桑名駅」を
名乗っていたんです。

さらに時代が下り、桑名京橋-桑名間は、国道1号線を渡るからジャマ!
というわけで1961(昭和36)年に区間廃止され、西桑名駅が始発駅となりました。

なお西桑名駅が現在の位置に落ち着いたのは1977(昭和52)年のコトでした。

nisikuwana-003

JR、近鉄・養老鉄道の桑名駅から歩いてくると、
こんな駅入口が現れます。

バリアフリー? 何それおいしいの? 的な階段が時代を表していますね。
1977(昭和52)年の建築。
レトロな木造駅舎もいいんですが、高度経済成長期の鉄コン建築も
これはこれで価値があると思うのですが。

nisikuwana-004

入口を入ると、「即座に客を捌けますぜ」というシンプルな構造。
事務室のある向かって左側に券売機、窓口がまとめられ、
自動改札からinという流れ作業的な、近代的な配置です。

そういえば、JR御茶ノ水駅が「ターミナル駅」から「人を通過させる駅」に
大転換した設計なのと似ているような。

nisikuwana-005

窓口では、一日乗車券や温泉セット乗車券、鉄道むすめグッズ、
三岐鉄道グッズも売っています。
硬券の入場券もお取り扱い中ですよ!

nisikuwana-006

窓口の右上にある発車ご案内は、時刻を表示しないで
行先だけが点灯する簡易的なモノ。
これによると、次発は阿下喜行きですね。

nisikuwana-007

改札を入ります。
一日乗車券では自動改札を通れないので、駅員さんに
ゲートを開けてもらいます。
自動改札機の右側の、点字ブロックのある通路です。

あ、「楚原れんげ」がいた。
小柄な設定にしても・・・小さい。等身大のはずですが。

nisikuwana-008

列車の入ってきていない西桑名駅から、桑名駅方面を臨みます。
桑名駅はただいま絶賛工事中。
近鉄とJRの改札が分離されるそうですが・・・三岐鉄道は
入れてくれないのかな?

nisikuwana-009

ホームの先端部分です。
行き止まりになっていて、どの線路とも接続していません。
ナローゲージだしね。
そのまま向こう側のトイレ(もちろん構外ですよ!)までバリアフリーな
感じがします。

左端に「0」とあるのはゼロキロポストかな?

nisikuwana-010

始発駅なので、隣駅は片方だけ。

nisikuwana-011

でね、ゼロキロポスト側の鉄柱に、変なお札を見つけちまいまして。

nisikuwana-012

「西桑第一号」って、架線柱がここから始まるってコトなのかな。

nisikuwana-013

ホームは1面1線。
隣の馬道駅で行き違いができることから、西桑名駅が大改装することは
・・・当分ないでしょうね。

nisikuwana-014

先頭で電車をお迎え申し上げている方々。
阿下喜方の先頭車にだけモーターが付いているからですね。
かぶりつきだけではなく、吊り掛けモーターの音と振動も
堪能できますぜ。

nisikuwana-015

到着した電車からは、続々とお客さんが降りてきます。
一時1000人を切っていた一日乗車人員も、
2017年には2723人へと増加しています。

近鉄さん、どうだ、北勢線の底力を見たか!

nisikuwana-016

最後は西桑名を出発したあとの跨線橋で締めます。
左側の複線が近鉄名古屋線(1435ミリ)、
右側の単線がJR関西本線(1067ミリ)、
そして今乗っている電車は762ミリ軌間。

西桑名駅近くの踏切では、この3種類の軌間を渡る踏切もあるんですよ。

それではまた!

*************
管理人“まつもと”の体調がよろしくないため、
次回の更新は2月8日土曜日を予定しています。