上越線と飯山線が分岐する駅、越後川口駅に行ってきました。
これといった目的はなかったんですが、
高度経済成長期のコンクリ駅舎を記録していくのも
いいかなと思いまして。

というわけで、越後川口駅です。

echigokawaguchi-001

2016(平成28)年にリニューアルされた駅舎が
お迎えしていますよ。

echigokawaguchi-002

リニューアル前の駅舎がこちら。
いかにも高度成長期って感じがしますよね。
雪深い地域ですから、耐積雪という面でもコンクリ駅舎は
強みを発揮しています。

川口という地名は、魚野川と信濃川が合流する地域だから
「川口」なんだそうですよ。
魚野川を挟んで上越線が走っている方が越後川口駅のある東川口、
川向うが西川口です。
駅は、長岡市と合併する前の川口町の中心部に位置します。

echigokawaguchi-003

リニューアルされた駅舎の正面玄関部分、
これは、「やな」をモチーフにしてるのかな。
川にすだれみたいな網を斜めに引っ掛けて魚を獲るアレです。

echigokawaguchi-004

そしてリニューアルされた「やな」の横には、
タイルの鯉。池野恋。

echigokawaguchi-005

長岡(特に旧山古志)、小千谷といえば、錦鯉の一大産地です。
ここ川口も例外ではないのですよね。

echigokawaguchi-006

駅舎の風除けのついた四角い改札を入ると、
そこはよく見る出札窓口。
みどりの窓口がある、長岡駅管理の業務委託駅です。
券売機の低さは、チッキの受け渡し窓口の跡ですね。

echigokawaguchi-006-1

窓口の反対側にはベンチがこれでもかっと並ぶ待合室。
さて、では改札を入ってホームに上がってみましょう。

echigokawaguchi-007

その前に・・・改札を抜けると、どう考えても別建築物の
地下通路に入って行くことになるんですが。

そう、駅舎と裏山の関係ですね。
裏山に線路が通っているんですよ。

では、薄暗く湿った狭っこい通路を通り、
まずは1番ホームに上がってみましょうか。

echigokawaguchi-008

1番線は飯山線のホームです。
ここで折り返し十日町、戸狩野沢温泉、森宮野原方面に
行く列車がほとんどですが、一部列車は上越線に乗り入れ、
長岡まで運転しています。

echigokawaguchi-009

階段を上りきると地上のホームに出ます。
駅舎の裏手は斜面になっているため、
ホームは駅舎の2階部分なんですが、高架ホームではなく
地上ホームです。

echigokawaguchi-010

キハ40を改造したイベント列車「越乃shu*Kura」の停車駅です。

echigokawaguchi-011

ホームの停車位置だって、ちゃんと案内されていますよ。
飯山線といえば、キハ110ベースの「おいこっと」もいるのでは・・・

え・・・うん、あ、そう。
えーと、「おいこっと」は長野の持ち物なので、
十日町で引き返しちゃうんですね。

山の中腹にあるホームは、こんな感じです。

echigokawaguchi-012

右側に飯山線の1番ホーム、左側には上越線の島式ホームが
見えますね。
水上方から長岡方面へ左カーブを描いています。
かつて急行「佐渡」が停車した長大な上越線ホーム。
上越新幹線の開業で上越線の優等列車は数を減らし、
現在は2両のワンマンが4両のツーマン普通列車が
行きかうのみとなってしまいました。

今では最長4両のE129系が発着するのみなのよね。
貨物列車は来るけど通過だし。

echigokawaguchi-013

さて、1番ホームを満喫して島式ホームを見ていたら
行ってみたくなっちゃったよ。

再度ひんやりジトッとしたコンクリ通路を通って
2・3番ホームへと階段を上ります。

echigokawaguchi-014

吊り下げ形の駅名標と1番ホームなり。
上越線の方には「ゆざわshu*kura」が走っているのですが、
越乃shu*kuraの駅名標はこっちにはなかったよ・・・?

echigokawaguchi-015

越後川口駅の締めは、方面標で行きたいと思います。
残念ながら国鉄の遺品ではないようですが、
H鋼の柱ごとに「新潟方面」「浦佐方面」とつけられているのは
・・・間違えちゃうと本数が少なくて大変ですからね!