2016/03/12 ルールを最新版にアップデート
PDFは下のリンクからどうぞ。

ルールブックPDF



アーカム デコーダーズ クラブ(2016春)

プレイ人数:4~6人(推奨5~6人)  プレイ時間:20~30分  対象年齢:10歳以上
ゲームデザイン:松本博則


ようこそアーカム・デコーダーズ・クラブへ。
ここは街に住むアマチュア考古学者の集い。
今、テーブルの上には4冊の古文書が置かれている。
“エイボンの書”
“水神クタァト”
“ネクロノミコン”
“無名祭祀書”
名前ぐらいは聞いたことがあるだろうか。
噂では、この中に1冊だけ、本物の魔道書が混じっているらしい。
君はどの本に興味があるかな?



●概要

 これは協力型推理ゲームです
参加者は2つの役割のいずれかを担当します。
魔道書を解読する、メンバー。
解読に助言を行う、アドバイザー
さらに、アドバイザーには2つの種類があります。
神話的事件の専門家である探索者。
メンバーを狂気に誘う、黒い男。
探索者とメンバーは正気を保っていれば勝利となり
黒い男は参加者を罠にかけ、正気を奪い尽くせば勝利です。



●ゲームに使うもの

・チャプターカード 24枚
  -1点/-2点/-3点/-5点/-7点/-10点 4種類、各1枚
・魔道書カード 4枚
  エイボンの書/水神クタァト/ネクロノミコン/無名祭祀書
・役割カード 6枚
  アドバイザー(2枚)/リーダー(1枚)/メンバー(3枚)
・正体カード 2枚
  探索者/黒い男
・助言カード 4枚
  賛成(青)/反対(赤)




●ゲームの準備

 ゲームの準備は次の手順で行います。

1.使用する役割カードの準備

 参加者の人数に応じて使用する役割カードを準備します。残りの役割カードは今回のゲームでは使用しません。

 参加者4人 アドバイザー(2枚)/リーダー(1枚)/メンバー(1枚)
 参加者5人 アドバイザー(2枚)/リーダー(1枚)/メンバー(2枚)
 参加者6人 アドバイザー(2枚)/リーダー(1枚)/メンバー(3枚)


2.役割の決定

 役割カードを裏向きにしてランダムに配ります。配られた役割カードは全員に公開してください。どうしても別の役割をやりたいという参加者は、他の参加者と話し合って、互いの役割を交換してもかまいません。


3.正体の決定

 アドバイザーはそれぞれ1枚ずつ正体カードをランダムに受け取り、自分だけこっそり確認します。正体カードは、ゲームの終了時まで公開してはなりません。


4.魔道書カードの配布

 アドバイザーはそれぞれ1枚ずつ魔道書カードをランダムに受け取り、自分だけこっそり確認します。この魔道書カードは、ゲーム終了時まで公開してはなりません。
 アドバイザーに配られなかった2枚の魔道書カードは、偽の魔道書として、裏向きのまま保管してください。


5.助言カードとチャプターカードの準備

 アドバイザーに赤と青の助言カードを1枚ずつ配ります。参加するリーダー/メンバーにチャプターカードを裏向きに配ります。4人プレイ時は3枚、5~6人プレイなら2枚。手札にあるチャプターカードは他の参加者に教えてはなりません。

 以上でゲームの準備は完了です。



●ゲームの進行

 ゲームは3つのフェイズを繰り返すことで進行します。

■提案フェイズ(チャプターカードの提示)

 最初にリーダーから、手札のチャプターカードを1枚だけ場に公開します。公開した後すぐに手札を1枚、山札から補充してください。次に左隣のメンバーがチャプターカードを1枚公開することができます。もし、公開したくなければパスを宣言してもかまいません。チャプターカードを公開した場合、すぐ手札が2枚になるまで山札から補充してください。
 時計回りに、手札を公開するか、パスをするか、してください。リーダーだけは絶対にパスをすることができません。全部で3枚のチャプターカードが公開されたら、手札を補充したあと、次のフェイズに移行します。


■助言フェイズ(アドバイザーの投票)

 アドバイザーは公開されたチャプターカードを見て、賛成の青か、反対の赤か、助言カードを選択して伏せます。それぞれが助言カードを決定したら、同時に公開してください。


■解読フェイズ(解読するチャプターカードの選択)

 助言カードの組み合わせにより、解読できるチャプターカードの選び方が変わります。解読されたチャプターカードは、そのカードを公開したプレイヤーの手元に置いて、みんなに見えるようにしてください。最終的な得点計算のときに必要となります。それ以外のチャプターカードは捨て札になります。捨て札は裏向きにして、内容は誰も確認してはいけません。

 賛成2枚・・・全部のチャプターカードが解読されます。
 反対2枚・・・全部のチャプターカードが捨て札になります。
 1枚ずつ・・・1枚だけチャプターカードを解読します。
        どのカードを選択するかはメンバーの話し合いで決めます。
        話し合いで決まらない場合はリーダーが決めます。


●4枚目のチャプターカード

 いずれかのプレイヤーが4枚目のチャプターカードを解読した場合、そのプレイヤーひとりだけがアドバイザーの正体カードをひそかに確認することができます。確認した正体カードの内容を公言してはなりません。


●山札のシャッフル

 手札の補充をするときに山札がなかったら、捨て札をシャッフルして山札を作ってください。
 山札をシャッフルするたびに、誰のものでもない魔道書カードをひとつ、表にします。以降、表になっている魔道書のチャプターカードは解読フェイズにおいて賛成と反対が1枚ずつ、1枚だけが解読可能なとき、解読の対象として選択できなくなります。賛成2枚ですべてのチャプターカードを解読する場合には気にする必要はありません。

 
●ゲームの終了

 3度目に山札がシャッフルされるか、山札が作れなくなったら、即座にゲームは終了します。もしも提案フェイズの前に、山札の枚数が2枚以下でゲームの終了が確定していたら、即座にゲームを終了して構いません。


●SAN値の計算

 SAN値とは正気のレベルを表す言葉です。その計算は次の3段階で行います。

■個別の計算

 リーダーとメンバーは各自、解読したチャプターカードを点数に変換します。アドバイザーのうち黒い男は、隠していた魔道書カードを公開してください。この魔道書が、真の魔道書となります。残りの3つの魔道書は、偽の魔道書です。

 真の魔道書・・・カードに表記された数値をそのまま使用します。
 偽の魔道書・・・1枚につきプラス1点です。


■狂気によるペナルティ

 合計値が0以下になったリーダー、メンバーは、狂気ペナルティとしてさらにマイナスされます。参加者の人数に応じて下記の点数を適用してください。
ただし、このゲームを初めてプレイする人がいる場合、ペナルティを0点にしたお試しゲームをすることを推奨します。

 参加者4人 ひとりにつきマイナス3点
 参加者5人 ひとりにつきマイナス2点
 参加者6人 ひとりにつきマイナス1点


■合計の計算

 最後に全員のSAN値を合計して、1以上であれば探索者、リーダー、メンバーの勝利です。0以下であれば、黒い男の勝利となります。