カテゴリ: お知らせ

「入れ歯のバネの部分が金属だと、入れ歯が入ってることがわかってしまうので、目立たなくしてほしい!!」
7

こういった要望から生まれた入れ歯が
バネ(クラスプ)が、金属(メタル)、でない(ノン)、入れ歯(デンチャー)が
ノンメタルクラスプデンチャーです。

クラスプの部分はメタルの代わりに、弾性のある特殊なプラスチック(レジン)で製作します。
イメージとしては、すごく丈夫なペットボトルのような材質です。

ノンメタルクラスプデンチャーの歴史は古く最初にアメリカのバルプラスト社が1956年に開発したバルプラストデンチャーが先駆けとなり、現在までに20種以上のレジン材料が臨床に使われてきました。
しかし、どの材料も一長一短があり、正直なところ万能と言える素材はありませんでした。

松村歯科医院でも2005年からノンメタルクラスプデンチャーを臨床導入して比較的信頼性の高い材料を選びやってきましたが、それでも破損や変色など様々なトラブルに見舞われてきました。
images


しかし、今年ついに究極とも言えるノンメタルクラスプデンチャーが臨床導入されました。


その名も「アルティメットデンチャー」!
[画像:1322c58d.jpg]

アルティメット」は、固体を構成する原子や分子、イオンなどが結晶構造を持たない「アモルファス」という状態になっているため、構造的な弱さが解消されました。

ホントにそんなに丈夫なのか?
実際私も、このアルティメットのサンプルを頂いたので、真っ二つにしてやろうと、両手で力いっぱい負荷をかけてみましたが、ビクともしませんでした。
このような材料は今までなかったので、衝撃でした!!

また、プラスチックというのは、熱をかけると普通変形を起こしますよね?
でも、このアルティメットだけは沸騰したお鍋の中に入れても変形が起きないんです!
つまり、アルティメットデンチャーは煮沸消毒できる唯一の入れ歯なわけです。
もう高い入れ歯洗浄剤を買って消毒する必要はありませんね。

ガラスのような非結晶体なので、非常に透過性があって審美的なのも特徴です。

ノンメタルクラスプデンチャーの最大の欠点の1つである、吸水による変色・劣化の問題も、ガラスに近いアルティメットには無縁です。

まさに、アルティメットの名に相応しい、史上最強のノンメタルクラスプデンチャーと言えるでしょう。

ただ、この入れ歯の唯一の欠点は、この「アルティメット」という材料が非常に高価(従来のものの約10倍)であり、管理が難しいことから、メーカーの厳しい審査を合格した歯科技工所だけしか扱えないことになっていることです。
北海道では僅か1軒しか取り扱っていません。

幸運にも、当院ではこの歯科技工所と長い付き合いがあり、他院に先駆けて導入することができました。

そんな高価な材料なら、製作費も高くなってしまうのでは?

確かにそうなのですが。従来のものと比べ、壊れる心配がほとんどない材料であることから、当院ではこれまでのノンメタルクラスプデンチャーとすべて同じ価格で提供することにしました。

アルティメット樹脂のみの義歯・・・・・・12万~15万円(税抜) ※1

金属床併用のアルティメット義歯・・・・・・+3万円の追加料金 ※2

※1欠損している歯の本数で価格は変動します。
※2よく噛めるようにするためには見えない部分を金属で補強することをオススメします。


このアルティメットデンチャーに切り替えたのは、今年の8月以降のため、それ以前に当院でノンメタルクラスプデンチャーを製作された患者様は、従来の材料で製作しております。
ご了承ください。


松村歯科医院 歯科技工士長 松村 智弘


当院では、今年より他院に先駆け、新素材である「雅(ミヤビ)冠」を導入しました。


導入の目的と経緯
①保険治療で美しい歯を!
beauty_img02
国民皆保険が導入されてから現在まで、歯冠修復の大半に金銀パラジウム合金が使用されてきました。
しかし、昨今の国民の歯の審美性に対する高まりから、健康保険による歯の治療において、小臼歯部で透明感のある白い歯を入れることが可能となりました。




②口腔内でも耐えうる高い物性の新素材「ミヤビ」

ミヤビは世界最大の歯科メーカー「デンツプライシロナ」が、日米共同開発により誕生させた高強度硬質レジン(プラスチック)です。
日本でも2014年から厚生労働省の医療機器認証に合格し、歯科治療に使用できることになりました。


③従来のセラミックスの歯と同等以上の耐着色性

口腔内で歯は様々な環境にさらされます。
特にタバコのヤニやカレーに含まれるターメリックなどは、歯を茶色に着色させてしまう原因です。
この着色を防ぐのに、従来は保険外のセラミックス(陶材)を使うしか選択肢がなかったのです。
しかし、この「ミヤビ」はレジン(プラスチック)であるにも関わらず、着色がほとんど起きないことがわかっています。


④歯冠修復でも院内歯科技工士がいるメリットを!

院内に歯科技工士がいることで、患者の皆様に還元できるものはないだろうか?
二年間の関東への歯科技工修業でめぐりあったのがこの「ミヤビ」という新素材でした。
「ミヤビ」は大きな設備投資をしなくても、特別な技術や知識がなくても作製できるので私向きでした。
聞くところによると、「ミヤビ冠」を取りれている歯科医院は北海道にはほとんどないそうです。


⑤非常に患者さまにとって経済的で審美的

「ミヤビ冠」は小臼歯で健康保険適用です3割負担なら自己負担約5,000円(※)です
(※冠本体の歯冠修復料に加え、再診料、歯冠形成料、歯台築造料、印象採得料、装着料、装着材料料などすべて含め)

大臼歯は保険が認められておりませんので、自由診療で一本30,000円(税抜)です

ブリッジに関しては三本までは「ミヤビ冠」で作製できます。その場合、90,000円(税抜)です。

歯の色は他の歯と調和させることができますし、それよりも白い歯にもできます。
万が一欠けたとしても、天然歯と同様に修復が可能な材料です。

お気軽に御相談下さい。



松村歯科医院 歯科技工士長 松村 智弘

DSC_0118

はじめまして。松村歯科医院の常駐歯科技工士の松村智弘です。

今年度より当院では新たに歯科技工室を開設し、私が皆さまの入れ歯や被せ物の歯を責任もって製作いたします。

また、当スタッフブログの執筆も担当させていただきます。



略歴】
2014
03月 札幌歯科学院専門学校 歯科技工士科 卒業

2015
03月 札幌歯科学院専門学校 専攻科 歯科技工士課程 卒業

2016
03月 鶴見大学歯学部 歯科技工研修科 有床義歯技工基礎課程 修了 

2017
03月 鶴見大学歯学部 歯科技工研修科 上級課程 修了


私は札幌の歯科技工士学校を卒業した後、卒後研修機関、「鶴見大学歯学部歯科技工研修科」で二年間、義歯(入れ歯)を中心とした幅広い分野の歯科技工を学ばせていただきました。

入学時はこれといったものを持ってなかった私ですが、先生方の熱心なご指導もあり、在学中に参加した全国の歯科技工士の学生No.1を決める「歯科技工
G-1グランプリ(和田精密歯研主催)」で最終選考にノミネートされるまでに成長できました。



【貴重な存在になってきた院内歯科技工士】
かつては、多くの歯科医院には、私のような院内歯科技工士が常駐しておりました。

しかし、時代のうねりの中、多くの歯科技工士が独立をしてしまい、現在(平成26年厚生労働省調査時)は歯科医院68,592件のうち院内歯科技工士がいるのは8324件と全体の12%ほどになってしまいました。

北海道には約3000件の歯科医院あると言われるので、院内歯科技工士がいるのは全国平均で推定するとわずか360件ほどしかありません。

このことが昨今の日本の入れ歯事情を悪い方向に向かわせていると思います。腕のいい歯科技工士が入れ歯の作製に当たったとしても、患者様のお口の中を見ないと気づけないことがあるからです。

高額な自費の入れ歯を入れたのに、自分の口には合わなかったということが起きるのはこのためです。

私がこのたび歯科技工室を開設した動機もここにあります。
 


【狭くともラボ機能を充実】
当院の歯科技工士室は四畳ほどしかありませんが、ここに一般的な歯科技工に必要な機械や設備を詰め込みました。

特にこだわりましたのは、入れ歯の金属の部分を高品質で鋳造するための、『アルゴンキャスターI(松風社)』という高周波鋳造機です。
yjimage

これは大手の歯科技工所(ラボ)でも採用している大変高性能な鋳造機です。

これにより、コバルトクロム合金という非常に軽くて丈夫な金属を保険の入れ歯にも使えるようになりました。


今後、当ブログで、当医院の特徴や昨今の歯科事情なども交えてお伝えしていこうと思います。これからもよろしくお願いします。

DSC_0494
歯科技工士(デンタルテクニシャン)をご存じですか?
歯科技工士は「入れ歯」や「被せ物の歯」などを作製するプロフェッショナルです。
歯科医師がこれらのものを作ってるわけではありません。
つまり、入れ歯や被せ物の歯の質は、歯科技工士の腕にかかってきます。

通常、歯科技工士は院内にはいません。
歯科技工所(ラボ)という独立した事業形態で、他の場所で開業しています。

当院でも昨年までは、入れ歯や被せ物の歯は外の歯科技工所に外注するのみでした。
しかし、今年(2017年)より院内に「歯科技工室」を開設し、「当院専属の歯科技工士」
が常駐することになりました。


歯科技工士が常駐することで、患者さまにどのようなメリットがあるのかご紹介いたします。

メリット1:治療期間短縮
一般的に入れ歯や被せ物の歯は歯科医院とは別の場所にある歯科技工所に委託しているため、作製期間をこちらの都合で変えることはできません。
しかし、当院では院内に歯科技工室があるため、患者さまのご都合に合わせて作製期間をコントロールすることが可能です。
どうしてもすぐこの入れ歯を修理したい、歯を入れたいという場合は遠慮なくおっしゃってください。


メリット2:入れ歯・被せ物の歯の質の向上
一般的に歯科技工所は離れた場所にあるため、歯科技工士が直接患者さまの口腔内を見て入れ歯や被せ物の歯を製作することはできません。
そのため、歯の色が合ってない、入れ歯を入れたら痛い、噛めない、違和感があるなどのトラブルは歯科の世界では日常茶飯事です。
しかし、当院では院内常駐の歯科技工士が患者さまの口腔内を直接確認し、患者さまの要望も聞いてから製作に入ることができるため、こうしたトラブルは最小限度にすることができます。
また、歯科技工士が自分で作製したものが患者さまの口腔内に入るところを直接確認できるため、自ずと入れ歯や被せ物の歯のクォリティが向上していきます。


メリット3:入れ歯の修理にも迅速に対応
入れ歯が割れた!入れ歯の歯が欠けた!
こういった場合、一般的な歯科医院では歯科医師が修理に当たりますが、作業時間や設備の制約上どうしても見た目を良いものにすることができません。
しかし当院では、入れ歯づくりのプロフェッショナルである歯科技工士が修理に当たりますので、修理した箇所が一見わからないくらい審美的なものに治すことができます。
また、長年使っていて、入れ歯洗浄剤やブラシではなかなか取れない汚れも、当院歯科技工士が綺麗に研磨しなおし、新品の入れ歯のようにしてお返し致します。

↑このページのトップヘ