D&T Club

結婚12年目。10歳児と6歳児のお世話を楽しんでいます。

給食試食会

IMG_4087 今週、小学校の給食試食会に参加してきました。
娘は、横浜の小学校より、メニューもデザートの種類も多くて美味しいと言っています。しょっちゅう献立をチェックして、毎日楽しみにしているようです。
小食で、偏食だった私には、給食が楽しみなんて、考えられませんでしたが、、
楽しく給食が食べれるって、素敵
この日のメニューは、さけそぼろどんぶり、みそ汁、牛乳。みそ汁のだしは、いりこから1時間半もかけて取っているそうです。さけそぼろも野菜入り、お味噌汁も野菜たっぷり、薄めの味付けでとっても美味しかったです。
この日、小学校の栄養士さんが、ためになるお話をたくさん聞かせてくれました。給食が目指しているところは、次の5つを身に付けることだそうです。「食材を選ぶ、味が分かる、料理を作る、行儀良いマナー、食べることへの感謝」これは、日々の家族の食事でも心がけなくてはなりませんね。
IMG_0829 IMG_1297 我が家で、かれこれ4年くらい続いている、週末の夕食作り。福岡でも継続しています。夫と3品メニューを決めて、みんなで食材を買いに行き、みんなで一緒に作り、美味しいねと会話しながら食べる。これも大切な食育になっているのだなぁと、改めて思いました。

IMG_4103 それから、こちらの学校へ来て、これは良い!と思ったもの。それは、このランドセルへ付けるICタグ。希望者だけなのですが、これをつけておくと、子供が学校の門を通る度、親の携帯にメールが届くのです。交通量の多い横断歩道も渡るので、通学路は毎日心配です。メールが届くと、無事学校に着いたんだな、とか、もうすぐ帰ってくるかな、とか、予想できるので、すごい安心感です。横浜の学校にもあったらいいのになぁと。。

IMG_4096 IMG_4095 話は変わって、息子は今月から体操教室に通い始めました。幼稚園まで続けていたサッカーは、福岡へ来たら、もうやらないと言ってプールだけ通っていたのですが、体操教室体験させてみたら、意外と興味を示してくれました。息子はガツガツ人を押しのけて前に出ていくタイプではないので、集団スポーツより、個人スポーツかな?(^^)。家でも逆立ちしてみたり、楽しそうです。

IMG_4100 娘は、横浜で習っていたものは全て継続中。バレエもフルートもプールも楽しんでいます。おけいこ事は、楽しいのが一番ですね。

日南海岸&霧島の旅(3日目)

IMG_1227IMG_12343日目、最終日も最高の天気。
ホテルからの眺めも爽やかです。



IMG_1238IMG_1246この日は、まず丸尾滝へ。この滝の近辺は、硫黄谷噴気地帯で、至る所から、煙がモクモク湧き上がり、硫黄の匂いもプンプン漂っていました。
丸尾滝からは、景色の綺麗なドライブコース。霧島連山を登り、下り、えびの高原を超えて、小林市の生駒高原へ。途中登山客もたくさんいました。霧島には様々な山岳コースがあるようです。
IMG_1250IMG_1258生駒高原は、100万本のコスモスがちょうど見頃とあって、ものすごく賑わっていました。近頃顔ハメが大好きな子供達。息子、ミツバチがとっても似合ってます(^^)。

IMG_1262IMG_1274園内へ入ると、本当に大スケールのコスモス畑が広がっていました。こんな美しい景色にはなかなか出会えないですね。ちょうど見頃と重なるなんて、ラッキーでした。
IMG_4028IMG_4019かわいいちびっ子カメラマンがたくさん写真を撮ってくれました。サマになってます。そして、パパは、そのカメラマンの撮影に夢中でした(^^♪。


IMG_1279ちょうどお昼になったので、開催されていたフードガーデンで、B級グルメランチ。宮崎鳥炭火焼きや、冨士宮やきそばなど。
なかでも娘が飛びついたのは、門司で食べた「削りいちご」。これ、一度食べるとハマります。九州にはこんな屋台が結構あるのかな?

IMG_1285IMG_1283こんな感じで、3日間九州南部を遊び尽くし、長い旅行記となりました。毎度のことですが、夫の緻密なエクセル工程表のおかげで、無駄なく、濃密な観光が実現。お仕事に、遊びに、本当ありがたい


日南海岸&霧島の旅(2日目)

IMG_1033 IMG_3977 1泊目は宮崎市内の民宿 湯楽庵にとまったのですが、老夫婦が経営するこの民宿、予想以上の満足度でした。部屋は洋室と和室でゆったり、部屋付きのお風呂は檜のとっても広いお風呂。清潔感もあり、娘は朝風呂まで入ってました。
朝食も手作りな感じで美味しかったです。左写真に写ってるのが、民宿の名物おじいちゃん(^^)。

IMG_3995 IMG_1092 2日目は民宿を出発し、霧島方面、高原町へ。左の写真は、御池越しに見る、霧島山。旅行から帰宅した3日後、霧島の新燃岳が噴火しましたが、高原町はまさにその降灰があった場所。台風と噴火のギリギリのタイミングで旅が実現し、幸運に恵まれました。

最初の行き先は、皇子原(おうじばる)公園です。(九州の地名にはよく「原」という漢字が出てきますが、だいたい「ハラ」ではなく「バル」と発音します。)
IMG_3992 IMG_1057 公園では、1.1キロの長いゴーカートに乗りました。このコース、結構急カーブもあり、坂道もありで、普通のゴーカートより、だいぶ難しい。娘が運転したのですが、途中曲がり切れず止まってしまったりして、ハラハラしたようですが、なんとかゴールまで頑張りました!
IMG_1074 公園内の、散策路もたくさん歩きました。渓流もあり、マイナスイオンたっぷりで、 IMG_1073 とっても気持ち良いお散歩でした。
この日の二人のお揃いTシャツは前日の鵜戸神宮側の雑貨屋さんで買ったもの。宮崎弁で「よだきぃー」はめんどくさい、しんどい といった意味だそうです。そんな感じのシュールなイラストがお気に入りです。



IMG_1095 IMG_1104 午後は、坂本龍馬が新婚旅行で訪れたという霧島神宮へ。
子供達、入口で足湯を初体験しました。
IMG_1119 IMG_4006 入口の階段を上り切ると、素晴らしい見晴らし。ここはパワースポットとして人気らしいのですが、参道も美しく、木々に囲まれた素敵な場所にあります。

IMG_1112 海外の観光客も多く、参拝者の長〜い行列ができていました。私たちは、この行列に並んで待つほどは信心深くないので、こどもおみくじを引いて、良しとしました〜(^^)。右の写真の後ろの大杉は、なんと樹齢800年だそうです!

IMG_4007 IMG_1132 その後、神宮すぐ近くの霧島神水峡遊歩道を歩きました。
橋から眺める渓谷は、水量も多くかなり見ごたえがあります。
この渓谷から緑のトンネルを潜り抜けて川へ流れ出ていく景色は、なんだかとても神秘的でした。
IMG_1126 IMG_1124 そして、遊歩道の終点には、溶岩でできた迫力ある柱状節理が広がっていて、さらに圧巻!本当は、この先もまだまだ遊歩道がつなっがっているのですが、土砂崩れで現在は、ここまでしか行けず、残念。

IMG_1181 IMG_1193 この日は、もうみんな歩き疲れたのでホテルへ。夫が子供の頃、家族旅行で宿泊したという霧島ロイヤルへ泊りました。もう昔の面影は無かったようですが、、
グッタリ疲れていたはずなのに、中庭の芝生を見ると、すぐかけっこを始める元気な人たちです(^^;ママは全力で走っても、もう息子には勝てないことが判明しました
IMG_1219 夜は、地元の食材を使った、豪華なコース料理を食べ、温泉でゆっくり疲れをとって、みんな、グッスリ眠りました


日南海岸&霧島の旅(1日目)

IMG_0965 IMG_0986 10月3連休は宮崎へ遊びに行ってきました。本当は9月の連休に予定していたのですが、台風が宮崎直撃だったので、急遽1ヶ月延期したのです。
1ヶ月延期したかいあって、3連休は絶好の行楽日和。すばらしい景色を堪能してきました。

写真の量がすごいので、まずは1日目。
IMG_0951 IMG_0952 福岡から熊本経由で宮崎県へ入り、南郷エリアの油津へ行きました。ここまで300キロ以上あるので、ランチを兼ねて。飫肥杉が有名な油津。2年前にリニューアルしたという油津商店街があるというので、行ってみると、なんとビックリ。ほとんどシャッターが閉まっていて、人気もなく、一本裏へ入るとスナック街だらけ(^^;。そこで唯一人の出入りがあったあぶらつ食堂に入ってみました。するとなんと500円でこのランチ。とっても美味しかったです!

IMG_0962 油津からは日南海岸を北上していきます。すると早速「鬼の洗濯板」が見えてきました。青島だけでなく、日南海岸もところどころに、「鬼の洗濯板」ができているのですね。

IMG_0973 IMG_0964 10キロほど走ると、鵜戸神宮へ到着。ここはなんと、ポタポタと水が滴る、洞窟の中に本殿があるのです。この薄暗い本殿で、赤ちゃんのお宮参りをしている家族もありました。
IMG_0980 石段もとっても急です。この階段下の広場から海の亀石に向かって投げると願いが叶うという、運玉にも挑戦してみました(^^)。


IMG_3958 IMG_3960 次は、もう少し北上し、サンメッセ日南という、広大な公園へ。ここは丘の上にあり、とにかく海岸を望む眺望がすばらしかったです。この丘の上で漕ぐブランコ、とっても気持ち良さそうでした。
IMG_0987 IMG_1009 様々なモニュメントがあるのですが、なぜか、世界唯一の完全復刻という、モアイ像もあります。

IMG_1021IMG_1014さらに20キロほど北上し、次は青島へ。
もう青島に到着したのは、夕方4時半ごろ。
宮交ボタニックガーデンに車を止め、ここから歩いて青島神宮参道へ向かいました。
IMG_1020 IMG_1022 満潮だからか、鬼の洗濯板はほとんど見えず、波も荒く、先月の台風の影響と思われる流木が海岸にたくさん打ち寄せられていました。もう薄暗くなりかけていましたが、子供達は貝殻拾いに夢中。

IMG_1027 青島神社には、毎年巨人軍が必勝祈願に訪れるという、絵馬がたくさん飾られていました。

この日の観光はこれで終了。夜は宮崎市内に宿泊し、美味しい宮崎牛の焼肉でお腹を満たしました〜。




サイクリングの季節

IMG_0934IMG_0941先週末も、爽やかなサイクリング日和。
自宅から片道6キロの桧原運動公園まで遊びに行ってきました。



IMG_0914IMG_0912我が家のサイクリングが本格化してきたので、先日、息子にも、もう1サイズ大きな自転車を探しにいったけれど、まだ手が小さくてブレーキをしっかり握ることができないことが判明。

IMG_3901IMG_3906もうすこし、今の変則無し自転車で頑張ってもらうことになりました〜。
福岡市内は、ほとんど坂が無く、自転車で走りやすいのですが、今回はちょっとハード。公園は油山のふもとにあり、結構上り坂なのです。

IMG_3898IMG_3899それでも、息子、頑張って漕いで、すごく急な坂は手で押して、無事たどり着きました!自転車の後ろ姿、とっても健気。目の前に見えているのは、もう油山です。
公園は、芝生広場もあり、遊具もあり、野球場もあり、とっても広くて、目の前の景色も雄大でした。

IMG_0924お弁当食べて、遊具で遊んで、サッカーしたり、大縄跳びしたり、リレーしたり、みんなでとにかくよく運動しました。清々しい休日。
この日のサイクリングは、走行距離13キロ。子供達体力あります(^^)。夫と、息子に早く大きな自転車買ってあげたいね〜、と益々感じた1日でした。


IMG_3949IMG_3950先週は息子の遠足でしたが、今日は娘の総合福祉センター社会見学の日。そして、息子の遠足に続き、本日はさらにひどい土砂降り(>_<)。駅まで歩いて、電車でお出かけするそうなのですが、この大雨大丈夫かな?まぁ、娘は雨でもルンルンでしたが、、。楽しんでるといいな♪

三池炭鉱歴史の旅

IMG_3884今週水曜日は、息子の遠足。寄りによってこの日だけ、朝から大雨。
でも雨になると、遠足の行き先が海浜公園から水族館に変更になるので、息子は逆に喜んでいました
良かったね!この日はいつもより早起きな二人。
IMG_3880IMG_3882お姉ちゃんが、朝からお弁当の卵焼きを焼いてくれました〜。お姉ちゃんとママの愛情たっぷり弁当を持って、元気に出かけていきました
娘の卵焼き、もうお手の物です。

IMG_0854IMG_0842さて、先週末は、明治以降、日本の近代化を支えた三池炭鉱関連の世界遺産が数多く残る大牟田へ行ってきました。たまには社会勉強です^^。
IMG_0839まずは、その主力抗である宮原抗へ。地下深くまで人や馬を下ろしたり上げたりする装置がそのまま残っています。ガイドの方が当時の様子を詳しく説明してくれました。盆踊りでよく耳にする、炭坑節「月が出た出た〜」というのは、炭坑労働者によって歌われていたものなんだと初めて知りました!娘くらいの子供や女性、囚人までもが厳しい労働をさせられていたそうです。
職員の社宅などもそのまま残されていましたが、子供達の今の暮らしとはかけ離れていますね。

IMG_0874IMG_0855大牟田市のさびしい景色の中、突如現れる立派な施設、石炭産業科学館にも行ってきました。
クイズラリーが用意されていて、娘もクイズの答えを探しながら、一生懸命展示を見ていました。
IMG_0857IMG_0867採炭作業現場も再現されていて、採炭用の巨大な機会はとても迫力ありました。様々なエネルギーを使って遊べるコーナーもあり、子供二人はこちらがメイン。
きっと、そのうち社会で炭鉱についても勉強するだろうから、いつか子供にも役立つといいですね〜。

ここで上映されていたビデオにもありましたが、炭坑の爆発事故や、石炭から石油へ移行していく中、激しい労働争議があったり、辛い過去を背負った大牟田市。今は炭坑も閉鎖され、かつての活気はなく、車で走っていても、人気が少なく、衰退した空気が漂っていました。でも、こういう辛い思いした人たちのおかげで、今の私たちの便利な暮らしがあるのだと、認識するよい機会になりました。

ゆめぎんが

IMG_06383連休は台風が直撃の予報だったので、予定していた旅行はキャンセルし、家でゆっくりかなと思ってましたが、、
やはり、台風の合間を縫っていろいろとお出かけした週末でした(^^)

IMG_0689IMG_0657夫が以前から行きたいと言っていた、佐賀の宇宙科学館、「ゆめぎんが」へ行ってきました。
台風の影響で、とっても空いていて、なんでも体験したい放題でラッキーでした。

IMG_0701IMG_0706夫はスペーストレーニングを体験したり、娘はムーンウォークやスペースサイクリングを体験したり。息子は身長制限のため、乗り物はリニアモーターカーくらいしか乗れなかったのですが、、
IMG_0696IMG_3834ゲーム感覚で楽しめるスペースシャトル打ち上げや、フライトシミュレーションなどいろいろと充実していて、息子も楽しめました。

IMG_0733重力、水、大気に関する展示も遊びながら楽しめて、夕方5時近くまで滞在しました。
プラネタリウムはドラえもんのプログラムだったので、子供達は一生懸命見ていましたが、ママとパパは気持ちよくお昼寝タイム。ちょうど良い休憩でした^^。

IMG_0620この科学館は佐賀県の武雄市にあるのですが、有名な武雄温泉の観光もしてきました。左は東京駅を設計した人が建てた楼門。


IMG_0632IMG_0624右はその奥にある大正時代の大衆温泉がそのまま展示されている武雄温泉新館。どちらも国の重要文化財だそうです。

この日、家に帰宅し、夜6時ごろテレビを見ていたら速報で佐賀県武雄地区が暴風域に入ったと表示され、ビックリ。ギリギリのタイミングで帰宅したようです。

IMG_3844IMG_3847台風が去った翌日は、快晴だったので、みんなでサイクリングへ。行き先は自宅から片道5キロほどの春日公園。息子もこの小さな変速無しの自転車で、たどり着けるのだろうか?とちょっとドキドキでしたが、行けました!

この公園、とっても広くてびっくり。野球場、球技場、テニスコート、何もかもが立派で広々。

IMG_0765IMG_0757遊具もいろいろあり、二人はサイクリングの疲れも無く元気に遊びます。公園で時々見かける、こんな遊具ですが、今までこんな恐ろしい高さのサイズは見たことがありません。上の方に登っている子供を見上げるだけで、ゾクゾクしちゃいます。IMG_0787IMG_0818でも、息子、このてっぺんまで登ってしまいました。あ〜、もう見てられない怖さでした。写真中央にいるお姉ちゃんは、この辺りが限界でした。男の子、逞しいですね。

IMG_3843この公園の中、1.5キロほどのジョギングコースを自転車で回り、またまた5キロの帰路へ。合計12キロほどサイクリングしました。大人がペダル1回転する間に、息子はこの小さいタイヤ何回クルクル回してたんだろう?これだけ遠出できるなら、そろそろ、もう少し大きな変速付き自転車にしてあげなくちゃ

食品サンプル作り&門司港を歩き尽くす

先週はイベント盛りだくさん。
IMG_3687土曜日は、食品サンプル作り初体験へ。横浜にいたころ、夏休みの課題で食品サンプルを作っていたお友達がいたそうで、娘は一度やってみたいと思っていたようなのですが、なんと福岡のおうちの結構近くにありました。
まずは、作るものを決めて、トッピングを選びます。本物そっくりの綺麗なトッピングがいろいろあって悩み中の娘。

IMG_3728IMG_3725その後、ほんものそっくりのソースやクリームをカップにたっぷりと。おいしそうで、ついつい食べてしまいそうになりますね。
次に正面を決めたら、それぞれ選んだトッピングを好きな配置で飾っていき完成。とっても簡単です!息子は、パッパッと載せていきますが、娘は何をどこに飾るかとっても慎重に(^^)

IMG_3738IMG_3747二人ともとっても美味しそうなパフェが完成しました。

これを乾かすのに結構時間がかかるので、その間、野菜にてんぷらの衣を付ける実演を見せてくれました。ロウでいろんな細かい芸ができるのですね〜。
IMG_3765IMG_3752面白かったです。完成品は、本物そっくりでした!とっても豪華なてんぷらの盛り合わせです。


IMG_0544IMG_0537その翌日は、レトロな町、門司港へ。
自宅から100キロ、ちょっとした小旅行です。
いろいろ見どころが点在してそうなので、関門海峡ミュージアム近くに車を止めて、歩いてまわることにしました。(左の写真は三井倶楽部)

IMG_0562IMG_0558遊覧船乗り場付近には、レトロな建物がいっぱい。
右の写真は2枚とも旧門司税関。

IMG_0571IMG_0567港には手作りの雑貨や、食べ物などの屋台もいろいろ出ていました。イチゴ農園直営のあまおうを氷らせて、そのまま削った果肉100%のかき氷が売っていて、娘が食べた〜い!と購入。こんな贅沢なかき氷初めて。いやぁ、すっごく美味しかったです。

IMG_0579IMG_0581港付近を見た後は、レトロライン「潮風号」に乗ってめかり公園の方へ移動。こういう電車に乗ると、いっきに旅行気分も高まりますね〜。

IMG_0593IMG_0598終点で降りると、こんなタコのような面白い遊具があり、しばらく子供達の遊びタイム。

IMG_0611IMG_0607この広場から、めかり観潮遊歩道をぐる〜っと歩きます。この遊歩道は波打ち際を歩くことができ、時々打ち寄せる波がかかりそうになることもあって、ちょっとドキドキします。そして真ん中あたりまで来ると、関門海峡を真下から見上げることができます。
最後ノーフォーク広場(写真右)まで歩いて、またレトロラインで港へ戻りました。
IMG_3790IMG_0588この日は、大人でも1万歩以上歩きました。子供は途中遊具で遊んだり、走ったり、もっとですね。門司港満喫の一日でした






白水大池公園

IMG_3661IMG_0505先週末、もっと九州のことをよく知ろう!ということで、いろいろと雑誌を購入。
そうしたら、家の結構近くに楽しそうな、白水大池公園と言う場所を発見。早速行ってみました。九州では、白水と書いて、「しろうず」と読むのをよく見かけます。
とっても広い池の周りに、綺麗な遊歩道があり、ずーっと歩いていくと、楽しそうな遊具がたくさん。

IMG_0448IMG_0449我が家は、二人とも家遊びが大好きで、「出かけるよ〜」って言っても、「わ〜い!」とはならず、「え〜、近いの?」、とすぐ帰れるのかどうか確認するのですが、連れだせば連れ出したで、元気に遊びます。

IMG_0502IMG_0488やっぱり、子供には外で元気に遊んでもらいたいものです。こういう姿を見ると、安心します。娘はターザンロープにも一人で上手に乗れるようになり、何度も何度も乗っていました。楽しそう♪
息子は、お姉ちゃんに追いつこうと必死。お姉ちゃんがどんどん先に行ってしまうと、悔しくて涙がポロポロと出てきます(^^;)
IMG_3671IMG_3663でも、お姉ちゃんが怖がっているのに、息子ができるものもあり、そういう時はここぞとばかりに涼しい顔して、ササササッと目の前でやってみせるアピールが分かり易くて、可愛い。姉弟の張り合いって面白いです。


IMG_3623IMG_2995最後の写真は、今年初挑戦してみた緑のカーテン。夏休み始まる頃は、こんな状態(左)だったのに、今は、こんなんになりました(右)。娘が学校から持ち帰ったツルレイシと、息子が学校から持ち帰った朝顔が絡まり合っています(^^)。横浜滞在中も、バケツに水をたっぷり張り、濡れた布が乾かないようにラップで包み、バケツとプランターの橋渡しをしておいたら、枯れることなく成長してくれました。これを外すのがまた大変そうだけど、、、

波戸岬へ

IMG_3654 楽しい夏休みも終わり、今週から2学期が始まりました。
子供達は、嫌々ながらも、なんとか元気に登校しています。

IMG_0391 IMG_0400 夏休み最後の週末は、佐賀県の波戸岬海水浴場へ。ここは、玄界灘に向かって広がるビーチ。自宅から1時間半ほどで玄界灘まで行けてしまうとは、、
シーズン最後だからか、人も少なく、のんびりくつろげて最高。水はすごい透明度。入ってみると水はヒンヤリと気持ち良い(^^)
心配したクラゲも全然大丈夫でした。

IMG_0418 IMG_0421 子供達は、砂遊びに夢中になったり、パパと魚を探して遠くまで泳ぎに行ってみたり、海水浴を満喫。なんと、パパがイカが泳いでいるのを発見したようです!
入り江になっているので、波もほとんどなく、とっても穏やかなビーチでした。



IMG_0424 IMG_0434 海水浴のあと、もう少し奥までお散歩してみると公園のようになっていて、そこもまた、心洗われる景色でした。
日帰りで、こんな場所に来れるなんて、ますます九州の虜です。

IMG_3635 IMG_0435 そして、ここには海中展望塔というのもあり、海中7メートルの自然の魚たちの姿をみることができます。

IMG_3640 IMG_3642 下へ降りてみると、そこには鯛などの群れがすごくたくさんでビックリしました。天然の水族館ですね。

そして、最近おでかけの定番ルートになってきたのが、帰り道の食材買い出し。この日は、波戸岬近くの 「道の駅 桃山天下市」で産直野菜などをたっぷり買い込んで帰宅。遊・食ともに充実の生活。ありがたい限り。


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Recent Comments
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ