どうでもいい話

松尾麗子の日記 MATSUO REIKO All Right Reserved.

行ってきました〜

FUJI ROCK FESTIVAL'09

今年は初の3日間参加です。
無理せず、音楽もお酒もごはんも堪能し、
いや〜楽しかった

7月24日(金)

苗場に到着時から雨が降っている。
リストバンド交換所で長蛇の列、ずぶ濡れになりながら並ぶ。
でも、テンションはUP↑
まだ地面はそんなにぬかるんでいない。
雨の中ビールで乾杯。

SAKEROCK
Chara を眺めつつ移動
THE VIRGINS
PATTI SMITH を眺めつつ休憩
PEACHES
PAUL WELLER を眺めつつ休憩
SIMIAN MOBILE DISCO
OASIS


近いステージ同士を行き来しているから、
この日の移動は少ないかもしれない。
でも雨だし、疲れたし、オールナイトする勇気なし。宿へ。
お風呂の後のビールがめちゃうまし。

 

7月25日(土)

昨日と打って変わって晴れ。
宿でブルーシートを洗ったり、雨具等を干して防水スプレー。
晴れのうちに地面よ乾いてくれ!

UA
COMEBACK MY DAUGHTERS
JET を眺めつつ休憩
TheSkaFlames
ZAZEN BOYS を眺めつつ移動
忌野清志郎 スペシャル・メッセージ・オーケストラ
BAD BRAINS
DINOSAUR JR.
FRANZ FERDINAND を眺めつつ移動
PUBLIC ENEMY


清志郎バンドは最初と最後だけ見たのだが、
最後はもちろん「雨上がりの夜空に」
ヒロトの声に涙出ました〜

苗場食堂のとろろごはんを今年も食す。
魚沼産こしひかりがうま〜
小山田一家を見かけて興奮。まいろ君大きくなったな。
昨日より足の疲労度が増量。つ、疲れた。。。

 

7月26日(日)

足が疲れてる〜 やばし。
後半に見たいのが集中しているので、前半は休むことにする。
初めてゴンドラに乗った。
20分くらい山や湖を眺めながら移動。
ジェットコースター並みの急降下ありで、ゴンドラ内で大騒ぎ。
キャーキャー叫び、ゲラゲラ笑う。
行き着いた先は、他のステージとは違う雰囲気でのんびり。

サニーデイ・サービス (豪雨)
CLAP YOUR HANDS SAY YEAH (疲労ピーク)
ANIMAL COLLECTIVE (WEEZERに備え泣く泣く移動)
WEEZER


結構堪能したつもりだったけど、少なかった。
WEEZERは3列目くらいまで前に行って、ジャンプ!
周りに大暴れする外国人集団に負けずにジャンプ!
最後の最後でこの体力。よくやった自分。
SONG2やLADY GAGA、しまいには君が代まで歌ってくれたけど、持ち歌でお願いします!
それに、案の定フジでもやってくれた。
1時間半枠なのに、1時間神話変わらず。。。
OASISだって1時間半やったのに、やってくれるぜリヴァース。
まあ、いつも通りのことなので笑いながら撤収。
テンション高いので疲れはどこそこ上機嫌で帰路。


私のベスト!
1日目 PEACHES
2日目 BAD BRAINS
3日目 WEEZER


来年は装備を完璧に挑む!

山をなめるな!

明日から3日間フジロックです。。。。

全然用意してませ〜ん

さっき雨具に防水スプレーをかけてみた。

押入から出してきた帽子、湿気でじめっとしてるので干してみた。

ブルーシートが見つからない。

やる気をなくして中断中。




行ってきます〜


真夏の夜の夢

仕方がない

もう終わったことなんだ

今さらなげいても元には戻らない

ああ、ああしていればよかったなど…

もう遅いのだ、受け入れるしかないのだ

この結果を








そう、自転車撤去
くそー…チェーンを切って持っていきやがった。
罰則金(正確には撤去保管料)3000円
3000円かぁ…(というかプラス、チェーン代)
横浜市の倍の金額。

目黒区、気合い入ってるぜ!



あっちょんぶりけ3
































紫外線を気にするお年頃

日焼け止めを塗っても目をカバーしないとダメらしい。
眼球でUVを察知し、脳がメラニンを増やせと指令を出すらしい。

普段サングラスしないなあ…
ということで、フェス用に買ってみた。
POPなのとノーマルな感じのと。

えっ?
ユニクロでですが、何か?


かたくなに黒めがねなTheアルフィー(a.k.a.桜井)を子供心に心配していたが、
意外と見えるんだね、世界は暗黒じゃなかった。


俄然、POPで攻める予定。


glass1


























全然スイッチ入ってない。

やばい。夏フェス予習がままならず。
今のモードでは…
TeenageFunclubやVASELINES等、
青春バンドが来るっつうのに全く聴く気になれず…
(ジャンルの)マイブームがこれらと一致してない!

WEEZERはいつでもどこでも愛でカバー。

つい最近までは縦ノリモードが長い間続いていた。
自分のアキレス腱を過信して、
あやうくものすごい高さ(のつもり)で飛び跳ねるところでした。

急いでいる時に帽子が出てこない

近所に白いタイ焼き屋とドーナツ屋ができた。
どちらも人気店でいつも人が並んでいる。

今日みたいにこんなに暑い日でも
あんな“もさ〜っ”としたもの食べるのかしら。

ガリガリ君ソーダ味買いだめ必死。

暑いけど電気代が気になる

引き続きYouTube月間が続いてます。

あ〜、なんて便利な世の中なんだ!
動画見て、気に入ったらiTunesで音楽買って…
買わなくてもすぐに聴ける。


アーティストの悲痛な叫び

「物販買ってくれないと生活できません」

ご時世ですな。。。


物販といえば、フェスに行くとフェス名入りのTシャツを我先に買ってる人がいるけど、
私的には全く欲しいと思わないのであの売れ様が不思議。

でも、グラストンベリーフェス(世界一規模)とかに行ったら買ってしまうのかしら。
このフェスのドキュメンタリー映画を観たことあるが、
あまりの人間が大挙するので牧草は荒れるは、
環境は破壊されるはで地元住民は歓迎していない模様。

それに日本人ってホント礼儀正しいです。
フジロックでたがが外れた外国人を見かけると、絡まれないようにちょっと警戒。
2年前、泥だらけの外国人に抱きつかれて半泣き状態の人いました。


話が二転三転しましたが、そろそろ夏フェス始まります。

移動の日曜日

◆自由が丘:ビール&イタリアン&ケーキ
◆学芸大学:アイスラテ&チーズケーキ
◆下北沢:ビール
◆原宿:ビール&イタリアン&ケーキ


自由が丘のカフェでkannoさんが展示をするので、
O-Bさんのお誘いで見に行ってきました。
面白い組み合わせの面子でわいわい、絵に囲まれながら美味しいランチ。
絵の中のケーキと全く一緒のケーキをご主人が作ってくれて、女子らしくワーワー。
kannoさんの絵がプリントされたTシャツも展示してあった。
首周りが広く柔らかい素材のもので、絵と合っていてすごい可愛かった。


学芸大学ではお馴染みのtokiya
スイス人カップル&Sちゃんと。

Sちゃんと下北沢へ移動し、ライブ。
げげ、遅刻して20分ぐらい逃す。

観たいバンドが1番目であっさり終わったので、原宿にいるスイス人カップルと合流。
Mのいとことその友人達と一緒にご飯。



ケーキ食べ過ぎ。
いろんな場所とたくさんの人との会話でライブがあまり印象に残らなかったなあ。。。。
もう少し、ひと、もの、こと、に向き合いたかった、かも。
でも、一緒に時を過ごしてくれた友人に感謝。






cake3























たまに、突如ある

海外の音楽シーンを紹介するサイトをよく見ているのですが、
数人のライターさんが様々な音楽情報を紹介してくれます。
音楽をどう言葉に表現するかをとてもこだわっていて、
いつも楽しく読んでいます。


その中で、なんだかじーんと来る言葉がありました。


「そんなに簡単に物事は死にません」


マイケルが死んでも、音楽はいつまでも残っていくという。
というのも、あるアルバムを紹介してくれていて、
偶然にもJackson 5の「I Want You Back」のカバーが入っているからだと思うのですが。
移り変わりが激しくていろんな場で使い捨てが多い世の中に、グッと来る言葉でした。


このアルバム、とてもキラキラしていて切ない音でした。
即、購入リスト入り。(すでにYouTubeでヘビロテ)


個人的に08年ベストだったVampire Weekendの
Rostam batmangljiがやっている別プロジェクト

Discovery『LP』


カレー曜日

pocopocoの誘いで、Uくんを連れ3人で市ヶ谷のカレー屋さんに行く。
ちょっと入り組んだところにあるらしく、たどり着くまでに四苦八苦。
私はというと途中からは地図をわかるフリすら放棄。

とても辛いビーフカレーがあるらしい。
pocopocoはそれをこの日のイベントとし、迷わず激辛チョイス。
でも、Uくんと私はあっさりそのイベントに乗らず、
マイルドなチキンカレーとほうれん草のコンビをセレクト。
チキンカレー美味しかったなり。

pocopocoずっと「辛い、辛い」連発。
全くその気持ちをくみ取れず、途中からは微笑み返しのみで対応。

店名に「MOMO」と入っているのだが、
Uくんが知ったかぶって、
「MOMOというのはインド料理では何かの野菜だった気がする」発言。
帰り際にpocopocoが「MOMO」の意味を聞くと、


「犬の名前です」


ゆるすぎるオチに3人で笑いました。知ったかぶりやがって〜w
それに、お店に入った瞬間は頑固一徹の雰囲気を出していた店長のオヤジだが、
実はかなりのむにゃむにゃおじさんで笑ったな〜
店員さん、とてもいい人でした。


話し足りずデニーズで談義。
だらけた若者がたむろする夜のデニーズ。
この感じ、学生時代思い出すな…


glass






YouTube 2

延々、PCに張りつく。
あれ観て、これ観て…
モッシュ&ダイブ動画で大笑いし(ゲラゲラ)、
動物動画で癒される(ほのぼの〜)…。

で、色々観てると、
お隣の国のアイドルグループが日本デビューというニュース動画。

むこうの人達は努力家で感心しますな〜
日本の音楽シーンよりブラックミュージックが根付いていることが興味深い。
でも、あんまり見すぎると淑女達みたいに、
“成田でうちわ持って待ちかまえる病”になってしまいそうなので、、、次へ。

最終的に行き着いた先は空耳アワー
追悼として、マイケルを。優良“空耳”。






YouTube 1

Wall Of Death
メタル・ハードコアのライブで最も危険なモッシュスタイル


mosh































を、YouTubeで観まくる。

すごすぎる、アホすぎる

あー笑った。



livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ
どうでもいい話