2021年01月18日

*ゲイシャはすでに完売となりましたのでご了承下さい。

勝手ながら2/5(金)は臨時休業とさせていただきます。

冬ショコラブレンド2021

1月も半分が過ぎましたが
まだまだ寒さは続きそうですね。
ホットなコーヒーで暖まりたいので季節のブレンドは
カカオのイメージで作った冬色ショコラブレンドに。
ミルクを入れてもいいかも。










(15:58)

2021年01月08日

この冬一番の冷え込みで
路面に積もるまではいかないまでも
あっという間に木々が真っ白になりました。

外出の際は寒さと思いがけない雪にお気をつけ下さい。

雪2021
今年のNewYearブレンド
落ち着いた中に清々しい
華やかな香りをプラスしました。
ぜひお試しください。
NewYearブレンド2021

(21:48)

2021年01月01日

新年あけましておめでとうございます。

本年も良きコーヒーの香りと共に  
よろしくお願いいたします。

お正月2021


1月のお休み:<月・火・祝>

新年は1/6(水)から営業致します。
なお、1/8(金)は臨時休業とさせていただきます。


*感染予防対策としまして現在は
  豆販売&テイクアウトコーヒーの営業スタイルです。
 お家やお車でお楽しみください。引き続き
 どうかご理解ご協力をお願いいたします。


(13:08)

2020年12月29日

年内の営業は明日までです。
 テイクアウトの飲み納めや
 コーヒー豆の買い納めは
 お忘れなくお越しください。
水仙2020
(実家に咲いていた水仙)

今年は今までの当たり前の日常が
どんなにかけがえのないものだったのかを
思い知らされた年でした。

ご来店いただくコーヒー好きの皆様の笑顔にお言葉に
どんなに励まされ元気をいただいたかわかりません。
そして、こんな時だからこそ
お客様に恵まれていることを
あらためて実感することが出来ました。

どうか来年は少しでも良い方向に向かいますように。
そして皆様と元気にお会いできますように。
来年もよろしくお願いいたします。


(21:48)

2020年12月22日

コスタリカ・ゲイシャ・ドン・マジョ」は
好評いただき残り僅かとなりました。

そして3年ぶりの「パナマ・ゲイシャ」は
パナマ屈指の優良農園「カフェ・コトワ」からの入荷です。

1918年創業の4代続く歴史ある農園は
3,474mを誇るパナマ最高峰バルー火山の東斜面に広がり
乾燥が厳しく寒暖差も多い栽培に適した気候だそうです。

農園は自然保護や環境への配慮とともに
労働者への慈善的な取り組みが評価され
パナマ環境庁やユニセフから受賞。
4代目のリカルド・コイナー氏自身は
環境開発学と経営学の修士号を取得した経歴を持ちます。

華やかなゲイシャフレーバーともに
レモンやライムのような繊細な香りをぜひお楽しみください。

パナマゲイシャ

地域:チリキ県ボケテ地区エル・サルト バルー火山斜面
農園主:リカルド・コイナー氏
品種:ゲイシャ
標高:1650〜1750m
精製:ウォッシュト

(00:18)

2020年12月17日

師走にふさわしい限定豆が揃いました!

ホワイトマット缶コスタリカ・ゲイシャ
華やかなゲイシャフレーバーに
ベリーな香りがプラスされた香味。

南米ペルー・ティピカ種
爽やかで上品な酸味。
マンデリン・オナンガンジャン
トロピカルで華やかな香味。
丸豆のタンザニア・ピーベリー
エチオピア・モカ・ハロワト

そして今年のクリスマスブレンド
上品な香りとコクが際立ちます。

写真は新しい茉莉花オリジナルホワイトマット缶。
ゴールドの文字入り(650円)です。

*12/19(土)からパナマ・ゲイシャの販売を開始します。

(23:58)

2020年12月08日

今年はとても贅沢に
2つの産地のゲイシャ種を楽しめることになりました。

コスタリカ・ドン・マジョ・エル・ハルディン2020-2
現在販売中の
コスタリカ・ゲイシャ
ドン・マジョ」という歴史ある
マイクロミル(小規模精製所)の
代表的な農地「エル・ハルディン」より届きました。
高標高でのゲイシャ栽培は困難で
細かな管理と育て上げる精神力のたまものだそうです。
華やかな香りに赤い果実感のある複雑な香味。
ウォッシュトなのにナチュラル精製を思わせます。
コスタリカ・ドン・マジョ・エル・ハルディン2020
管理者:
ボニージャ・ソリス家
地域:サン・ホセ州
タラス市ハルディン
標高:1,950〜2,100m
品種:ゲイシャ
精製:機械的にミューシレージを除去のウォッシュト

そして3年ぶりのパナマ・ゲイシャ。
12月下旬より販売いたしますのでお待ち下さい。

(21:08)