ぼくの人生はAVだけ

©2014 ぼくの人生はAVだけ All Right Reserved

カテゴリ: 風俗体験レポート

Capture+_2020-02-15-06-27-59~2

この物語は風俗界の生ける伝説 東京妻(川崎・ソープ)のゆらちゃんの予約争奪戦に
参加し続けた熱血おじさんの記録である。
最高に冴えない負け犬おじさんでありながら
雨の日も風の日も、彼女の写メをオカズにしながら妄想レベルの愛を培い
来るべき日を夢見て予約争奪戦に参加し続けた結果
わずか数年で憧れのゆらちゃんに出会えた奇跡を通じ
その原動力となった性欲と愛を余すところなくドラマ化したものである。


スクールウォーズ


続きを読む

前編の要約

SARINAちゃんと念願の対面を果たし、極上のサービスの末、射精した。
すっきりした後、シャワー中に発した私の「SARINAさんはこの店の雰囲気とは違うね、ギャルっぽくないから」という言葉に対する彼女の返答は予想外の驚くべきものだった。




あなた、もしかして「僕の人生は・・・」の人?

絶句とはこんな時に使うのだろう。
何でバレたのか、全くわからない。

反射的に「違うよ」と否定しかけたけど
素直に認めることにした。
なぜなら、疑問符は会話上のマナーであり
彼女が確信しているのは明白だったから。

何でわかったの???

私、勘が鋭いの

一抹の不安がよぎる。
勝手に画像を使用し気持ちの悪い想いを書き連ねていたから罵倒されるかもしれない。

覚悟した。

私は己の罪?を認めた。


続きを読む

一条まい
▲画像出典元:「ギンギラ東京」SARINA 写メ日記


先日、過去の在籍店の頃からストーカーのごとき執念で追っていた
ギンギラ東京(デリへル・歌舞伎町)の人気嬢SARINAちゃんと遊んだ。
続きを読む

こんな経験、私だけではないだろう。
プレー前にオチ〇チンを洗ってもらうとき 
ゴシゴシと力が強ぎて痛いと感じるけど「痛い」と言えず
我慢しながらも心のなかで

オチ〇チンはとても繊細なんだよ〜

と悲鳴をあげたことがあるのは。

そんな同士には五反田「アバンチュール(デリヘル)」胡桃ちゃんをお勧めする。

続きを読む

一条まい
▲画像出典元:「ウルトラセレクション」一条まい 写メ日記

蒲田のホテヘル「ウルトラセレクション」は若い娘が多いにもかかわらず
30代半ば(推定)の一条まいちゃんが人気でいつでも予約困難な状況だ。
彼女が容姿以外にも魅力があるということだろう。
写メ日記の過激さは在籍嬢のなかでも郡を抜いたエロさだから期待が膨らむ。



続きを読む

このページのトップヘ