BOYS ON THE RUN !

2006年12月、シンガーソングライターの馬場俊英さんと出会い、ライブに行って音楽を楽しむことを知りました。 馬場俊英さんの楽曲「ボーイズ・オン・ザ・ラン」という曲があります。 自らの音楽人生を野球になぞらえた曲で、夢を追い続ける大人たちへの応援ソングだと思っています。 2010年11月、荒川リバーサイドマラソン(10キロ)に出場し、目標を持って走ることの楽しさを知りました。 小さな夢と大きな夢。夢に向かってランニングを続けて行きたいと思います。 自己満足に過ぎませんが、そんな私のランニング生活を綴ってみたいと思います。

横浜マラソンレポ(後半)

こんにちは。後半のレポを書きそびれるうちに
すっかりご無沙汰してしまいました。
しかし、横浜マラソンの記録は忘れないうちに
しっかり書きとどめておきたいと思います。

■21~25キロ 31分35秒(1キロ6分19秒)
中間点を過ぎて高速に上がるまでの間は、沿道の応援が
とても多かった所でした。地元のランニングチームらしき
方たちの幟やらが目立ってました。そして、いよいよ高速。
料金所入口までの坂は、ある意味覚悟を決めて、上るので
そんなにキツくなかったです。
2015031510500000

高速に入ってから2つめのの給水所で知り合いがボランティアしているはずでしたので、
そこまではできるだけ余裕でたどり着けるようにと思っていました。
そして、第10給水所、通称マジック給水所(横浜マラソンの給水所ではそれぞれ個性的なパフォーマンスによる応援がありました。ここでは何かマジックをやっていました)
で、知り合いにお会いすることができました。
マラソンを走っている時に知り合いから応援してもらえるのは本当にうれしいもの。
この時も本当に力をもらいました(^-^)v

■26~30キロ 33分21秒(1キロ6分40秒)
この辺りはまだまだ高速の上でしたが、延々と続く長い直線。両サイドは高い壁のためあんまり景色も見られず。一番キツいと感じました。あまりにキツいんで何だろうと思って
走っていたら、係員の方が、「もうすぐ上りも終わりですよ」と、 、、
緩い上り坂を走っていたことに気づいて納得でした。
この辺りでは、ゲストランナーのキマグレンのISEKIさんや、TVKアナウンサーの翁長舞さんを抜いたり抜かれたりしながら走っていました。最後はISEKIさんには突き放されてしまいましたが(笑)
この辺りはキツかったですが、ここまでキロ6分30分程度で走れているので、このまま
行けば4時間半以内で走れそうだなと感じていました。
同時に30キロを過ぎたら、トイレに行こうと決めていました。

■31~35キロ 37分56秒
30キロ過ぎて、すぐにトイレに駆け込みました。2人ほど待って、すぐに用を足すことができました。入念にストレッチをしてから走り始めました。
それでロスタイムは3~4分ありますので、この区間の平均ペースは表示しませんでした。たぶんキロ6分半では走れていたと思います。
高速の出口の下り坂でペースを調整したら、楽に走れるようになりました。
ここから先は残り12キロ。キロ6分半で横浜の街をジョギングすればいいんだ、
と思ったら、だいぶ楽になりました。

■36~40キロ 32分57秒(1キロ6分35秒)
20150317_023422

写真とは直接関係ありませんでしたが、本牧埠頭の一般立ち入り禁止区域を走れたり、
山下公園、赤レンガ倉庫、など、横浜の中心部に戻ってきた、この辺りは応援の方が
大勢いて、感動しました。知り合いはいませんでしたが、なんだか気恥ずかしく
顔を上げられませんでしたが、あの中を走れたのは最高の気分でした。

■41~42.195キロ 13分31秒
みなとみらいに戻ってきてあと2キロ。ここは最高のヴィクトリーロードという
気がして、気持ちよかったです。最後の力を振り絞って駆け抜けました。
TVKテレビで当日完全生中継されていて、あとで録画を見ましたら、私のゴールシーンも
映っていたのですが、かなり苦しそうな表情をしていたので、ああやっぱり、と思い、
少々気恥ずかしかったです。

42.195キロの横浜の旅を終えゴール。フィニッシュした後、見えた横浜の景色は最高でした!
20150317_023637


フルマラソンとして第1回目の横浜マラソンを走れて、幸せでした。
横浜ありがとう!

DSC_1207


20150321_231347

横浜マラソンレポ(前半)

■0~5キロ 30分56秒(1キロ=6分11秒)
スタート直後、みなとみらい大橋を渡った後はしばらく下り坂でしたので、
自然とペースが上がりました。道幅も広かったですので、スタート直後の混雑に
よる走りにくさは感じなかったです。1キロ、2キロはあっという間でした。
序盤ではパシフィコ横浜の前に戻ってきて、赤レンガ倉庫、象の鼻パークを通過して、
中華街、横浜スタジアムと横浜の中心部を走りました。沿道の応援もかなり多かった
区間で力になりましたが、その中で「まつよし!」という応援の声があり、馬場へッズ
(馬場俊英さんのファン)の知り合いでした。かなり力をもらいました。

20150317_023203

■5~10キロ 28分43秒(1キロ=5分44秒)
横浜マラソンでは大体2~3キロごとに給水所が設けられていました。その給水所
ごとに異なるパフォーマンスが披露されていました。ゴスペルとか、和太鼓の演奏とか。
これがまた楽しかったです。次は何だろう?と考えながら走っていると飽きることが
なかったですし、パフォーマンスを見ると、その都度テンションが上がり、自然と
ペースが上がってしまう感じでした。この区間でのペースアップの原因は、その辺りにあったと思います。


■11~15キロ 28分34秒(1キロ=5分42秒)
この辺りも快調に走っていました。この辺りは首都高速の下を走っていたのですが、
ここで、私は重大な勘違いをしていたことに気付くことになりました。
横浜マラソンのコース図を見た時に、首都高速を往復している部分がありましたので、
首都高速の上を往復するものとずっと思っていましたが、それは違ったのですね。
行きは高速の下を通り、折り返してから高速の上を走るのだと、この頃気が付きました。

■16~20キロ 29分04秒(1キロ=5分48秒)
そんな勘違いに気付き走っているうちに折り返し点に近づいてきました。
市場に向かう道で折り返して来るランナーが見えてくると、知り合いはいないか
探してしまいました。そんな訳でこの区間はあっという間に過ぎてしまったのですが、
結局、知り合いには会えず、ショボーンな感じでした。20キロ走って、ここまで
2時間を切っていましたので、今日はいけるかも!?と思いながら、走っていたのも
この頃です。

そして、レースは、横浜マラソン最大の見せ場、首都高速へと続くのでした。
20150318_080306



ガラケーで撮ったので見づらいですが、
「ナイスラン、Go! Go! Go!」の文字がうれしかったです。

後半は明日、書きます。

横浜マラソン結果。

こんばんは。
3月15日、横浜マラソンを走ってきました。
結果。
4時間26分37秒(ネットタイム)

一応、4時間半以内という目標は達成しました。
今の自分の力を出し切ることはできたと思っています。

ゴールした直後にガラケーで撮った写真


20150317_023727

横浜マラソン、実際に走ってみて、本当に素晴らしい大会だと思いました。
約30年、ハーフマラソンの大会として続いていて、いつか横浜で市民参加の
フルマラソンの大会を、と市民ランナーの皆さんに熱望されて実現した大会。
その記念すべき大会に参加できたことに心から感謝の気持ちで一杯です。
みなとみらいをスタートして、横浜の中心部を走り抜けるコースは、
本当に飽きることがない素晴らしいコースでしたし、
運営も本当に素晴らしかったです。
20000人が参加したレースでしたが、荷物預けからスタート前の整列までの
導線もスムーズで、少なくとも私はまったくストレスを感じませんでした。
大会運営関係者の皆様、ボランティアの皆様、沿道で応援してくださった皆様には
感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございましたm(__)m

今日はまず、備忘録的に当日の動きを記しておこうと思います。

■前日の夕食
力うどん、ごはん
■就寝
22時
■起床
3時45分
■出発
4時35分

最寄り駅から東京駅へ。
東京駅から東海道線に乗り替え、グリーン車に乗車して朝食を取りました。

■朝食
唐揚げ弁当、梅おにぎり1個、お茶、ヘルシアペットボトル1本、カステラ2切れ

スタート直前に、明治のエネルギー補給用ゼリーを1本、飲みました。


■レース中携帯した補給食は、
ミドリ安全の塩タブレット(5キロごとに一粒摂りました)、
明治の補給用ゼリー2個。

6時13分に横浜駅に到着。徒歩でパシフィコ横浜へ。
6時30分頃、パシフィコ横浜に到着、10分ほど並んで入場。
中で上着を脱いで、ゼッケンを装着し、荷物をまとめて、
7時には荷物を預けて、トイレへ。
その時点では男性の小便用のトイレは待ち時間ゼロでした。
トイレの後、ストレッチをして、7時半にスタートブロックへ移動。

スタートブロックはDブロックでした。スタートまでのロスタイムは
12分程でした。
スタートして移動するときに、Fブロックの先頭で待機していた、
ロンドンブーツの田村亮さん(横浜マラソンが初マラソン)を見かけて、うれしかったです(^^)

明日は、スタートしてからのレポを書きたいと思います。


livedoor プロフィール
Twitterプロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ