ブログ引っ越ししました。

皆さん 遅れましたが、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨年年末に当社のHPがリニューアルしました。
それと同時に私のブログの場所も引っ越ししました。

(株)松田工務店 徒然ブログです。

http://matsutako.co.jp/tsurezure-blog/

です。
つれづれなるままに 書き綴るといういかにも気まぐれに書こうという感じのブログです。

また覗いてみてください。今後ともごひいきのほどよろしくお願いいたします。

定期的なメンテナンス

先日、OBのお客様から、「雨漏れがするから見に来て欲しい」との連絡をいただきました。
築20年を超えた鉄骨3階建ての陸屋根の住宅です。
お客様の話ですと、屋上にプールのように水がたまっていたと言うのです。
水がたまっていたと言うことは一応防水が効いてると言うことです。
それがある限界を超えると、サッシュの際や防水の欠陥から進入してくることがあります。

どうしてって思われるでしょうが、空気中には塵や細かい砂がいっぱいです。
春先に中国からとんでくる黄砂でも分かるように、少量の塵でも積もれば山となります。
それがドレーン(屋上の排水口)に雨と一緒に集まります。とんできた枯れ葉などと一緒に詰まらせてしまうのです。マメに掃除をしなくちゃいけないのですが、ベランダなら簡単ですが、屋上となるとなかなかです。
よくあるのが、学校の体育館の屋上です。高いからなおさらだれも掃除に行けません。
先日も、町内の学校から体育館が雨漏りがするので見に来て欲しいというので見に行きましたが同じ現象でした。
屋上の水たまり








余談ですが、たまに屋上に石ころが落ちてるときがあります。
なんで?って思われるでしょ、カラスです。
カラスがいたずらするのです。
カラスは貝なんかを空高くから放って貝を地面にたたきつけて身を食べる事があります。
石を貝と間違ってるのか、わざとか知りませんが、カラスの仕業です。

ともかく、車でも3年or2年で車検をします。人体や家の定期点検も怠らないようにしましょう。
当社では15年までの定期点検の実施を行っています。何なりとお問い合わせくださいませ。

今年最後の上棟

本日、当社としては今年最後の上棟(建て方)を行いました。
IMG_1168











12月の山祭りを過ぎると、天気も荒れる覚悟で建て方の日を迎えましたが、運良く陽射しがさす小春日和になって職人さん達も、気持ちよく安全に作業できました。良かったです。
いくらベテランの棟梁でも、上棟(建て方)の前日は寝れないというぐらいに緊張するものです。

上棟というとこんな話があります。

昔それは日本一の宮大工と言われる長井飛騨守高次という人がいました。
千本釈迦堂(京都)の住職が本堂の工事を高次に以来したのです。
そして、高次は200人程の職人を使って本堂の仕事っをすることに成り
いよいよ次の日が上等式という時柱を一本短く切ったことに気が付きました。

上棟式の前でもあり、どうしたものかと悩んでいると、高次の妻(おかめ)が
良い名案を出しました。それは、長い柱に合わせるのでなく短い柱に合わせる
事を考えたのです。つまり、桝組を組んで短い分を補うというもの。
材料を柱の切れ端で間に合わせたのです。

高次は、200人の職人と共に桝組みを造り上棟式に間に合わせました。
このことで、逆に見栄えもよく住職からも、さすが日本一の宮大工と感謝されます。

ところがです。
完成はしたものの、高次はまたもや悩み始めます。
それは、自分の妻の名案で出来たことがばれるのを心配してたのです。
妻が、このことを誰かにしゃべるのでは、恥をかくと思ったのでしょう。

それを知った(おかめ)は、自分がこの世からいなくなれば亭主は
安心するだろうと思い、自ら川に身を投げてこの世を去ったのです。
なぜ自分の妻を神事ことができなかったのか、あとのまつりです。

それ以降、上棟式には、おかめが使ってた鏡・くし・口紅等の7品を
おかめの供養を兼ねて飾ることにしました。

現在もそのいわれを辿り、上棟式が行われている地方もあります。

昔から、大工の嫁さんは、わらじ履いても探せと言われます。
それだけ、棟梁のことを理解出来る人でないと務まらないのでしょう。
先日、京都にスタッフ達と視察に行ったとき、見つけました。
おかめさんです。棟木近辺に飾ってありました。
P1000057












おかめ象が奉られているお寺があります。
京都の北野天満宮の近くにある大報恩寺という千本釈迦堂です。大工さんなどの建築関係者や、家を建てるお施主様達もお参りするといいます。ぜひ皆さんも京都に行った折には建て方が安全で無事完了いたしますようお参りしてください。



山まつり

今日9日は山まつりです。
山まつりは天気が荒れるとよく言いますが、今日は日中は小春日和の陽気で外に居ると暖かいぐらいでした。
山まつりのことを以前このブログで書いたな・・って探してみました。
去年は今日が初雪だったのですね、今年は大雪というわりには、まだ降りません。

http://blog.livedoor.jp/matsutakomuten/archives/65792400.html

で書いていました。
また見てみてください。

明日は、当社は忘年会です。
大工さんや職人さん達と今年の疲れを癒やしてきます。
お酒の苦手な私はお酒より温泉に入ってゆっくりとしてきます。
忘年会の様子はスタッフブログでご披露してもらいますね、(笑)

余談ですが、山の神は女神らしいです。
山祭りの日は山に入山することは禁止されていると言います。
特に女性は山祭りにも参加は許されなかったらしいです。
と言うのも山神様は醜女であるとする伝説もあり、
自分より醜い女性は許すけど、自分より綺麗な女性にバチを与えるらしいです。
当社の女性スタッフ達の為にも、わざと山祭りの日は避けました。(爆)
明日が楽しみです。

ベンチマーク企業訪問

先週の月曜日、スタッフ達6人と一緒に大阪のKJワークスさんへ訪問しました。
仕事の打ち合わせを兼ねて見学に行きました。
この日は大阪は快晴で気温は寒くても、陽射しに当たるとポカポカでした。福井とは大違いうらやましい限りです。
P1000003









KJワークスさんは話は聞いていましたが、ほんとは何やさん?って疑うほどの工務店です。
と言うより、視点が違うのです。地域の皆様と一緒に育っていく会社というスタンスです。
ですから、お店屋さんって言った方がいい構えです。

社屋に隣接して食べ物屋さんがあります。その横にはイベントなんかで使う釜戸や、ピザ焼釜まで設置してあります。写真の中央でスタッフを出迎えていただいてる人が福井社長です。
P1000006













社屋の中は、雑貨屋さんカフェそれに皆さんが自由に利用できる図書館が有ります。その並びに所狭しとオープンの事務スペースとなっています。まさにパン屋さんがパンをこねたり焼いているのを見るかのように工務店のスタッフ達が仕事をしているのが見えるのです。不思議な光景でした。
P1000017









私たちが打ち合わせをしている最中でもたくさんの一般の方達が自由に出入りして、カフェでくつろいだりしています。ほんとうに工務店?って思ったぐらいです。当社の資料館とはまた違った感じです。

もの作りの取り組み方や素材へのこだわり、お客様へ向き合う姿勢はプロとして共感ができて、いっぱい学ぶことができました。
今後ともいろんな事を学ばさせていただいて私たちも成長していきたいと思います。
プロフィール

matsutakomuten

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ