学生さん達は

夏休みとなりましたね!!

我が家の中学二年生さんは

毎年恒例の

宿題をスタートダッシュで行ってました

そんな中

夏休みならではの少し嬉しかった事をご紹介します

本日、解体現場を確認に行った時のお話です・・・

下松駅を桜台中学校方面にあがり

以前、「冨久すし」だったところをにて

現状解体工事を行ってます。

image2



















解体現場の道を挟んだ向かいに

小学校、高学年くらいの男の子が

自転車にまたがり

片方の足を地につけ

解体現場をずっと見つめています。

松谷が男の子の横に行き

「この道は結構車も通るから危ない!!

そろそろ行ったほうがいいよ!!」というと

「おっちゃん!!もうちょっとだけ

もうちょっと見させて!!

めちゃくちゃ格好ええねん!!」と

真っ黒に焼けたひたいに

大粒の汗を流しながら

瞳をキラッキラに

ただただ眺めていた男の子・・・

松谷にて

「よっしゃ!!自転車にまたがったままでは

危ないから、前の空き地に、少しだけ

自転車をとめて、もうちょっとだけ

おっちゃんと一緒に見よう!!」というと

「うん!!わかった!!ありがとう」を

しっかり言った後は

ずっとずっと

「格好ええ!!格好ええ!!」を連発していました

ちょうど良いことに

解体作業も休憩となりましたので

「僕!!これで終わりやで

絶対ひとりで見てたりしてたらアカンよ」というと

「うん!!わかった!!おっちゃんありがとう!!」を

これまたキッチリ言って

桜台中学校方面へと自転車を進めていました!!

この男の子にとって

夏休みの思い出となったのかなと思うと

少し嬉しくなる出来事でした

休憩中の職方さんに

「今の男の子!!格好ええ!!って

ずっと見ていたよ!!」と伝えると

「えっ!!格好ええって!!顔か?

暑くてたまらんから見てもやる仕事ちゃうで!!

でも格好ええ!!って嬉しいわな!!」と

男の子の顔の10倍ほど日焼けした顔で

ニッコニコで笑ってる姿!!

そりゃ!!あんさん!!

格好よすぎますわ

思った松谷監督の夏の出来事でした

子供からも誰からも見ても

格好ええ!!と思える仕事!!

皆さん暑い中ですが

誇りをもって頑張りぬきましょうね