2008年02月16日

灼眼のシャナII 第18話 「錯綜の悠二」

こんばんは、マサです。

徐々に盛り上がってきました。
話の展開としては、今までの話の中で良かった部類かと。
では、18話いきます。



・ザロービとビフロンス
 携帯て。(笑
 “紅世の徒”が使用するのを見ると、違和感ありますよね。
 このシーンで分かることは「悠二の捕獲」と「フレイムヘイズの始末」
 ですか。
 あと、ビフロンスが「何か(力を注ぐ)」をしながら行動していると。
 来週あたりにでも分かりそうですね。
 ああ、ザロービのファイティングポーズに笑いました。
 
・自在師としての鍛練
 原作でもやっていましたね。
 マージョリーに教えてもらっていました。
 異なるところは、悠二の気持ちですね。
 あと、鍛練が少し詳細に描写されていましたね。
 錯綜する悠二を描写するために、時間を割いたってところでしょうか。
 この話が詳細なら、今までの話でも詳細に描写するべきシーンが
 あったと思うんですけど、どうでしょうか。(汗
 
・シャナの心配
 現在の悠二を見て、不安な顔しかしていませんね。
 鍛練のときも帰り道も。
 悠二が「一緒に・・・」と言っても、嬉しそうにしてませんでした。
 それは、悠二が「本心で語っていないから」ですけども。
 ・・・こういうシャナが見たかったんですよ。(汗

・お母さ〜ん
 ということで、悠二がお休みしました。
 これに関してもシャナは、がっつりと心配していました。
 尊敬する人が、そんなことになったら居ても立っても居られない
 気持ちになるんでしょう。
 それは、一美もですね。
 でも、こちらは「悠二を助けたい」という気持ちが強いですか。
 さて、この話は今後どうなるんでしょうか。(笑
 今回で判明するのかと思っていましたが。
 しかし、千草と会話しているときのシャナは良いですね。
 ああ、ヴィルヘルミナの「心配具合」に笑いました。

・悠二めちゃくちゃ
 覚悟覚悟と言っても、結局は覚悟できていないと。
 「夏休みが終わりそうだから宿題をやろう」という感じですか。
 「自分から覚悟」ではなく「危機が迫るから覚悟」ですかね。
 ・・・難しいな。
 これでは、想われ人らに「ズバッ」と言われても仕方ないでしょう。
 さて、ザロービに囲まれて一言。
 「どうして気付けなかったんだ」。
 半端な覚悟のせいでしょうか?それとも・・・。
 その前にも「何かすっきりしないな」と言いましたね。
 伏線伏線と。
 分かっていて、こう書くのはズルイでしょうか。(汗

・次回予告
 原作はクリスマスでしたね。
 でも、アニメは時期が違うと。
 シャナが戦闘モードだったので、何かに感づいたんでしょうね。
 オープニングのカレは出てくるのでしょうか。
 早くカレを見てぇ。

とりわけて大きなエピソードはありませんでしたが、面白かったです。
展開として、
「非日常(ザロービら、鍛練)」
「日常(学校、千草の体調、錯綜する悠二)」
「非日常(悠二とザロービの邂逅)」
でした。
こういう展開が良かったんですよ、1クール目も。(汗
こうすることで次週が楽しみとなってくるのに・・・。
たとえ1話で出来なくても、「楽しく魅せる」ようにできるかと思います。

24話を無駄に使ってるように見えてしまう。
「なのはStS」を見てるみたい。(汗

おっと、最後に上記で語れなかったので。
田中は「道を完全に引けてはいないかも」しれませんね。

次週も「色々起こりそう」なので、楽しみにします。
それでは。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 灼眼のシャナII「錯綜の悠二」  [ 藍麦のああなんだかなぁ ]   2008年02月17日 14:25
灼眼のシャナII「錯綜の悠二」です。 3週目で曲にも慣れてきました(汗)。 いよいよクライマックスに迫り、畳み込みが始まっている感じです。どう収拾をつけるのか、アニメ雑誌にも先は伏せられているようなので楽しみです。 ということで、灼眼のシャナII第18話...
2. 灼眼のシャナII 第18話「錯綜の悠二」 感想です。  [ 詩音の枝折り ]   2008年02月22日 23:33
灼眼のシャナII 第18話「錯綜の悠二」 感想です。 清秋祭のフィレスの一件によって、己の立場を理解したかに見える悠二。 悠二は自身の中にある得体の知れない物に普通の人間でないと自覚する。 そんな悠二は、シャナと約束したとおりに運命に立ち向かおうと鍛錬に励むが....

この記事へのコメント

1. Posted by 藍麦   2008年02月17日 14:37
>“紅世の徒”が使用するのを見ると、違和感ありますよね。
原作通りですけどね(笑)。

>「悠二の捕獲」と「フレイムヘイズの始末」
いや、原作派としては「偉そうに」と思ったりして(苦笑)。

>ビフロンスが「何か(力を注ぐ)」をしながら行動
ポイントですね。さりげない言葉でしたが。

>ああ、ザロービのファイティングポーズに笑いました。
いい味出しています。もったいない。

>今までの話でも詳細に描写するべきシーン
まぁ、ここからは、3人の心の機微がポイントですけどね。確かに。
それよりも、史菜の使い方というか前半の方に問題ありでしょうか。

>・・・こういうシャナが見たかったんですよ。(汗
シャナ、急に敏感になりすぎって言うのは置いておいて、吉田さんばかり心理描写されていたので、大歓迎です。

続く
2. Posted by 藍麦   2008年02月17日 14:48
>さて、この話は今後どうなるんでしょうか。(笑
倒れ方を見ると過労でしょうが、どうなんですかねぇ本当のところ。

>千草と会話しているときのシャナは良いですね。
廊下を転げるシャナも(笑)。よく動きます。

>想われ人らに「ズバッ」と言われても
それはそうですが、吉田さんだけは、「自分もかまって」と嘆願している感じがして。やはり彼女は立ち位置が違う。

>その前にも「何かすっきりしないな」と
おろ、確認確認。

>分かっていて、こう書くのはズルイでしょうか。(汗
一つの楽しみ方(特権w)ですね。

>原作はクリスマスでしたね。
最初のオープニングでは、クリスマスが。なので、どうつなげるのか気になってます。

>こうすることで次週が楽しみとなってくるのに・・・。
>「なのはStS」を見てるみたい。(汗
激しく御意(滝汗)。

さぁ、次週からいよいよですね。
3. Posted by マサ   2008年02月17日 21:14
コメントどうもです。

>いや、原作派としては「偉そうに」と思ったりして(苦笑)。
ああ、確かに。(笑

>いい味出しています。
次週でも「こんな感じのシーン」があれば大丈夫でしょう。

>それよりも、史菜の使い方というか前半の方に問題ありでしょうか。
前半での史奈の扱いが、後半で「こうきたか」と言えるシーンがあることを望みます。(汗

>吉田さんばかり心理描写されていたので、大歓迎です。
前半でもシャナの描写が少なかったイメージがあったので嬉しいです。 敏感についてはスルーで。(笑

続きます。
4. Posted by マサ   2008年02月17日 21:36
>倒れ方を見ると過労でしょうが、どうなんですかねぇ本当のところ。
やっぱり、「あの話」をやるんでしょうか。 もしおこなったとしても、中途半端に終わりそうですね。

>廊下を転げるシャナも(笑)。よく動きます。
ああいうシャナが可愛いんですよね。(笑

>それはそうですが、吉田さんだけは、「自分もかまって」と嘆願している感じがして。
ああ、そうか。 「自分も同じ土俵に立ちたい」という気持ちのために、悠二に「感じたこと」を言ってしまったと。

>最初のオープニングでは、クリスマスが。なので、どうつなげるのか気になってます。
気になりますね。 今の展開からだと・・・まさかサブラク後?

>激しく御意(滝汗)。
藍麦さんなら分かっていただけると思いました。(苦笑

>さぁ、次週からいよいよですね。
ですです。 今なら期待できます。(笑
5. Posted by 藍麦   2008年02月18日 21:45
もうちょっとだけ(笑)。

>「自分も同じ土俵に立ちたい」という気持ちのために、悠二に「感じたこと」を言ってしまったと。
そう、その通りです。ご明察。
他のメンバーは、悠二を心配していますよね。
彼女だけは、自分がメインに思えます。シャナ派なので(汗)。

>気になりますね。 今の展開からだと・・・まさかサブラク後?
そうなんですよ。
このままだと、クリスマス前なんですよね。
なので、一度引くのかもと思ってしまいました。
6. Posted by マサ   2008年02月19日 00:20
>そう、その通りです。ご明察。
ありがとうございます。(嬉

>他のメンバーは、悠二を心配していますよね。
>彼女だけは、自分がメインに思えます。シャナ派なので(汗)。
一美派が聞くと「イヤイヤ」とも言われそうですけど、それほどに「悠二と一緒にありたい」という気持ちが強いんでしょうね。

>そうなんですよ。
>このままだと、クリスマス前なんですよね。
>なので、一度引くのかもと思ってしまいました。
クリスマス前にサブラクを片づけて、クリスマスの話がアニメオリジナルとなる可能性があると。 一度引くと、原作どおりの展開になるかと思いますが。 どうするんだろ・・・。(汗

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
マサ
職業 : 会社人
年齢 : 25歳
出身地 : 徳島県
現住所 : 関東のどこか

まったりをモットーに日々起こったことを綴っていこうかなと思ってます。
最新コメント
最新トラックバック