2009年04月15日

咲 -Saki- 第02話 「勝負」

こんばんは、マサです。

昨日に書こうと思っていた内容なのに、本日へずれ込み・・・。
「朧村正」もクリアしてからプレイできていない状況。
そして、明日は欲しいゲームが2本も発売されるという、さらに混沌な
状況になると。
先に「朧村正」をやりますから、その2本は買うだけ買っておきますよ。
求めているものは、初回限定版なんで。
仕事って、てぇへんだ。

さて、第02話「勝負」いきましょう。



OP
 とりあえず、オープニングで気になったことがあったもので。
 原作でも「顔」がはっきりと分かっていなかった「あの人」の
 目までが見えておりました。
 その前のシーンで、その子は対局しておりますね。
 1話のEDで見たときに「対局してるこの子は誰やねん」と思って
 いましたけども。
 まさか・・・ね・・・。

プラスマイナスゼロじゃ勝てないです
 「勝つための麻雀を打ってみなさい」と言われた、咲。
 簡単に「分かりました」と。(笑
 言ってみたいなぁ、この言葉。
 また、この時の和の顔が、この子の考えをよく表して
 いますよね。
 アニメでは、和の色々な表情が見えて楽しいです。

閃いたときにアホ毛が
 この演出は、原作にありませんね。
 閃いた内容は、プラスマイナスゼロじゃ勝てないから、
 咲の持ち点を1,000点、他の3人の持ち点を33,000点として
 考えて、それをプラスマイナスゼロにするよう打てと。
 京太郎・・・、説明ありがとうございます。(汗
 ・・・「大変そうだ」。

天使の羽が生えたみたい
 和と咲の点差が33,400点となりました。
 ここで豪華な演出が・・・。
 咲は、「背中に羽が生えた和」の幻影?を見ます。
 これは、「アレ」の布石なのでしょうか。
 咲さん、照れないで。(笑

役満は崩すもの
 プラスマイナスゼロであがっている咲にとって、役満は崩すものだと。
 今回あがった理由は、「プラスマイナスゼロにするため」。
 でも、実際は・・・。

和が気になる咲
 和は咲が勝ったことに対して「何か」を思い、部室から立ち去ります。
 咲は和のことが気になって、後を追いかけます。
 咲は和と打てたことが楽しかったと。
 でも、和は悔しかったんですよね。
 咲の麻雀に対する気持ちを知っているから、さらに悔しさが。
 そんな2人のやり取りを、久が屋根の上から見つめております。
 この人は・・・。(汗

咲のお父さんって・・・
 こんな人でしたっけ?(笑
 原作とは違う印象を受けました。
 麻雀雑誌のページ数を言うときとか、原作だと明るく言ってるように
 思えたんですけど、アニメでは暗かったかなと。

風呂
 先週もありましたね。
 じゃあ、来週もあるんでしょうか。(笑

本の間から花びらが
 原作には無かったシーンですね。
 その花びらを見て、和を思い出します。
 そして、何かを決意・・・。

入部します
 決意したことは「麻雀部へ入部すること」でした。
 全てが久の計算通り。(汗
 和の嬉しそうな表情を見えるとは思わなかったですね。

ED
 特に語ることもなし

次回予告
 他の高校の生徒が登場しておりましたね。
 公式サイトのあらすじを読むと、抽選会があるみたいです。
 この部分は、アニメオリジナルですね。


まだ少し長いかなぁ。

今週も面白かったです。
展開は遅かったですけども。

展開が遅い理由は、おそらく2クール構成だから?でしょうか。
今週の1話は、盛り込もうと思えば先週に盛り込めてそうな感じも
しましたからね。
演出を派手な流れにしているのも、そのため?

あと気になったのは、咲と和のやり取りですか。
百合と言われても仕方ないかもしれないくらい、原作より重みが
置かれているかも・・・。
気のせいかしら。
1巻では、そこまで表されていなかったから引っかかるのかな。

ああ、対局中に流れている音楽は良い感じ。
麻雀のイメージに合わない音楽のときもありますけど、
場面場面でうまく使い分けられていると思います。
麻雀は暗いイメージもありますからね。
そこを楽しく見せるために工夫されているとこでしょう。

来週も楽しみます。
それでは。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 咲 -Saki- 第2話「勝負」  [ 藍麦のああなんだかなぁ ]   2009年04月15日 23:01
咲 -Saki- 第2話「勝負」です。 さて、色々なブログ様を見せていただくと、
2. 咲 -Saki- 第2話「勝負」  [ SERA@らくblog 3.0 ]   2009年04月16日 10:16
咲が麻雀が好きではないのは家族の不和が原因のようです。 出て行った母親って…まさか咲に負けてとかじゃないよね(^^; ラスボスがおか??.
3. 咲 -saki- 第02話 勝負  [ 猫が唸る感想日記 ]   2009年04月16日 11:27
咲が面白すぎるからやっぱり感想書くことにしたじぇ!(@くぎゅ) でも、キャプはしません。私の駄文だけだと誰も読んでくれないと思いますが、自分の気持ちを表現できればそれで満足です。
4. 咲-Saki-第2話『勝負』の感想レビュー  [ gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) ]   2009年04月16日 13:31
和との勝負をきっかけに、咲が麻雀で勝つ事の楽しさを初めて知るお話です。 麻雀シーンのエフェクトの派手さはこのままどんどん上がって行きそうな感じですね。 ジャンルは違いますが、某味っ子レベルまで突き抜けてくれないかな〜と期待してみたり。 (^〜^) 家族麻雀で...
5. 咲 -saki- 第2話「勝負」  [ 空色きゃんでぃ ]   2009年04月17日 00:42
スーパー運の持ち主、咲ちゃん。 4連続プラマイゼロを成し遂げます。 「ありえないじぇー」 家庭の事情からプラマイゼロの打ち方しかの..
6. 咲 #2「勝負」  [ 生涯現役Gamerを目指す人。 ]   2009年04月17日 01:24
とりあえず、みながら感想をはしょがき。 後で、直します。 ※結局、さほど直すところなかったw ※この記事は、このアニメのシナリオをボッコボコに批判してますので、そう言うのが嫌いな人は続きを見ないで下さい^^; しかしながら、麻雀好きの目で見た、素...

この記事へのコメント

1. Posted by 藍麦   2009年04月15日 23:27
こんばんわ〜です。

>原作でも「顔」がはっきりと分かっていなかった「あの人」
本に出ているあの人ですよね。気付かなかった。見てみよ。

>アニメでは、和の色々な表情が見えて楽しいです。
原作では、2巻から唐突に性格が与えられた感じがしましたが、アニメではそれを踏まえて作れますからね。

>これは、「アレ」の布石なのでしょうか。
いやもちろんでしょう。
オープニングも派手でしたし。(苦笑)

>この人は・・・。(汗
いや絶対に何も考えていなかったと思えるのが笑えます。(苦笑)

>原作だと明るく言ってるように思えたんですけど
咲が麻雀をやらなかった理由付けでしょうね。

>じゃあ、来週もあるんでしょうか。(笑
久と見ました。(苦笑)

>和の嬉しそうな表情を見えるとは思わなかったですね。
性格付けっと。

>特に語ることもなし
そうきましたか。確かに好き嫌いの分かれそうな。

>この部分は、アニメオリジナルですね。
風越を出したいんでしょうね。キャプテンはいいキャラなんで。

>盛り込もうと思えば先週に盛り込めてそうな感じ
構成的にもその方がしっくり来ると思いました。

>百合と言われても仕方ないかもしれないくらい
それだけでなく、萌系要素が倍増だと思いますよ。

>麻雀は暗いイメージもありますからね。
そういう意味では、もう少し麻雀シーンの頭脳戦をやってほしい気がします。まぁ、原作もそうですが。

>来週も楽しみます。
来週も楽しみにしています。(笑)
2. Posted by マサ   2009年04月16日 00:17
早速のコメントありがとうございます。
しかも多数のコメントを。

>本に出ているあの人ですよね。気付かなかった。見てみよ。
ご確認を。 原作は髪で目が見えません。

>2巻から唐突に性格が与えられた感じがしましたが、
あ〜、そう言えばそうでしたね。

>いや絶対に何も考えていなかったと思えるのが笑えます。(苦笑)
その考えは無かったです。 確かに、そう考えると笑える。(笑

>咲が麻雀をやらなかった理由付けでしょうね。
そう考えると多少なり納得できます、ハイ。

>久と見ました。(苦笑)
これまた、「そこか」って人ですよ。(苦笑

>確かに好き嫌いの分かれそうな。
好き嫌いというより、僕には注目するべきところが無かっただけでした。

>キャプテンはいいキャラなんで。
人気あるでしょうね、彼女は。 僕も好きです。(汗

>構成的にもその方がしっくり来ると思いました。
やっぱりそう思われましたか。 制作側も難しいんでしょうね。

>萌系要素が倍増だと思いますよ。
何でだろ、その考えに至らなかった。

>もう少し麻雀シーンの頭脳戦をやってほしい気がします。
頭脳戦ですか。 デジタル理論の方々は居ますが、そんな戦いにはイマイチ見えないですね。 龍門渕の沢村とか?

>来週も楽しみにしています。(笑)
僕も楽しみにしています。(笑 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
マサ
職業 : 会社人
年齢 : 25歳
出身地 : 徳島県
現住所 : 関東のどこか

まったりをモットーに日々起こったことを綴っていこうかなと思ってます。
最新コメント
最新トラックバック