2012年04月30日

氷菓 第二話「名誉ある古典部の活動」

おはようございます、マサです。
・・・「おはようございます」なんて、久しぶりに書いた気がする。

ということで、第二話です。
これのおかげで、一週間を長く感じました。
待ち遠しくて・・・。

ではでは、感想を。
第二話「名誉ある古典部の活動」、いきます。



あらすじ
最後の「古典部」メンバー、伊原摩耶花登場。
彼女には少し気になっていることがあった。
好奇心を爆発させたえるは、思わず奉太郎に!?
(あらすじは、公式サイトから引用)

感想
「摩耶花」って、打ちづらいな・・・。
んなことより。
メインキャラクターが出揃い、かつ先週より面白かったです。


・Aパート
 えるは「アクティブ」で奉太郎「ノンアクティブ」。
 まぁ、奉太郎の「ノンアクティブ」にはモットーや理由があるから、
 そんな行動になっているんでしょうけど。

 摩耶花がどんなキャラクターで、他のキャラクターとどんな関係なのか、
 大まかに判明しました。
 すでに、摩耶花の気持ちが分かっているのも良いですね。
 こういう「分かりやすい」ほうが良いんですよ!

 ・・・コホン。

 そして、今回の「日常の謎」について、問題が示されました。
 「ありそうで無さそう」な謎ですよね。
 これを見てると、「学校」って本当に謎だらけな場所ですよ。
 「会社」と違って・・・。(苦笑
 えるの「好奇心」による行動が、ひとつひとつ面白くて笑っちゃいます。
 奉太郎の手を掴む早さとか割り込み方とか・・・ね。(笑

 ああ。
 10月に文化祭があり、文集を出すって話をえるがしていましたが、
 その10月前に「氷菓」のアニメが終わったら笑います。

・Bパート
 回答編です。

 実は、Aパートはチバテレビの本放送を見て、「寝ながら考えるか」と
 思い、Bパートは本日の朝に見ました。
 ・・・気付いたら寝てまして、特に考えず。(汗

 で、朝はAパートから見直してましたが。
 Bパートの前に気付いたこと(CM中に気付きました)は、「本を読むために
 借りてるんじゃないってところか」です。
 真相は分かりませんでしたが。

 この回答、「選択科目」ってのがキーポイントですが、1話Aパートの
 冒頭の奉太郎とえるの話も「何気に布石」だったんですね。
 しかし、摩耶花の「目」もえると同じように「光る」とは思わなかった。

 推理パートでの演出が、「視聴者に対して考えることを促す優しい
 演出になっている」と思いました。

 目力の演出ですが、色々と織り交ぜてきてますね。
 まさか「メイド」になるとは・・・。
 そして、「薔薇」がきました。

・気になること
 えるの「感覚」が鋭敏ですね。
 今のところ「聴覚」と「嗅覚」でしょうか。
 今後、他にもありそうです。

 古典部は、顧問も謎ですが、その「存在自体」に謎がありそうですね。
 そこが「氷菓」に繋がっているのかなぁ。

 ああ、前回思わなかったんですが、えるは自転車通学なんですね。
 家が遠いんですね・・・。

 次回は「一身上の都合」が分かりそうですか。

・エンディング
 キャラクターソング?なので、歌の内容には触れません。
 演出は賛否両論だろうなぁ・・・。
 僕は「もう少し抑えても・・・」と思いました。


「摩耶花」も良いキャラクターですね。
奉太郎に接する態度を取る女の子って「うざい」と思ったりするんですが、
珍しく「そんなこと」を思わずに。

えると摩耶花が仲良くなったり、衝突しあったりの話なんかもあるのかな。
そういえば、あらすじと違って「古典部に入部する」という話が一切
無かったですね・・・。
これも次回にありそうですが。

えるが可愛いすぎて(以下、略

「来週も気になります」
それでは。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 氷菓 第二話「名誉ある古典部の活動」  [ 藍麦のああなんだかなぁ ]   2012年04月30日 11:11
氷菓 第二話「名誉ある古典部の活動」です。 「わたし、気になります」 はいはい、
2. 氷菓 #2  [ 桜詩〜SAKURAUTA〜 ]   2012年04月30日 22:41
【名誉ある古典部の活動】 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]出演:中村悠一角川書店(2012-06-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る EDは独特な雰囲気が出てましたね♪ 
3. 氷菓 チバテレ(4/29)#02  [ ぬる〜くまったりと ]   2012年05月01日 07:12
第2話 名誉ある古典部の活動 公式サイトから最後の「古典部」メンバー、伊原摩耶花登場。彼女には少し気になっていることがあった。好奇心を爆発させたえるは、思わず奉太郎に!? やることが無い時には古典部室に通う奉太郎。えるが菓子を持参していた。 不毛です。2回収穫
今回は、図書館の学校誌がなぜ借りられるか。 その理由を古典部のメンバーが推理します。 折木の推理力と千反田さんの嗅覚が 問題の解決に結び付けました。 今回は前回に引き続き多用される 文字演出について書いてみました。 この演出は京アニにとって新境地と
5. (アニメ感想) 氷菓 第2話 「名誉ある古典部の活動」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2012年05月02日 16:14
投稿者・ピッコロ 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ〜!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピ...
6. 氷菓 第二話 名誉ある古典部の活動 レビュー  [ ゴマーズ GOMARZ ]   2012年05月04日 07:37
折木奉太郎殿 前略 わたしはいまベナレスにいます。 ちょっと遅れたけど、合格おめでとう。結局、神山高校だってね。 無事高校生になったあんたに、姉として一つアドバイスをしてあげる。 古典部に入りなさい。 伝統ある部活よ。そして、わたしの所属していた部でもある

この記事へのコメント

1. Posted by 藍麦   2012年05月02日 00:34
こんばんは〜。

>・・・「おはようございます」なんて、久しぶりに書いた気がする。
早起きはよいことです。たぶん。

>えるは「アクティブ」で奉太郎「ノンアクティブ」。
ん〜、えるちゃんがアクティブかというと、どうなんでしょうか。
奉太郎は省エネなんで間違いないでしょうけれど。

>その10月前に「氷菓」のアニメが終わったら笑います。
大丈夫ですよ。たぶん、1カ月で2〜3カ月は進んでいるようなので。

>「本を読むために借りてるんじゃないってところか」です。
なるほど。
原作を読んでいるときには、借りて返すということをしているので、まさかアレにつかうとは思いませんでした。
それならば、先生の指示で借りっぱなしにするんじゃない?でないと、誰かが借りちゃうよと思ったことは秘密です。

>1話Aパートの 冒頭の奉太郎とえるの話も「何気に布石」だったんですね。
あぁ、そこに気づかれた方が少ないので、布石としては失敗でしょうね。(苦笑)

>「視聴者に対して考えることを促す優しい演出になっている」と思いました。
あ、なるほど。
そのための演出でもあるということですね。
それは言えるかも。

>まさか「メイド」になるとは・・・。
あれは大受けしてしまいました。
特にメニュー選択部分。

>その「存在自体」に謎がありそうですね。
いい線突きますね。
次週をお楽しみに。

>次回は「一身上の都合」が分かりそうですか。
見てのお楽しみということで。

>僕は「もう少し抑えても・・・」と思いました。
はいはい、同意見でした。

>あらすじと違って「古典部に入部する」という話が一切無かったですね・・・。
そういえば、いつ入部したんだっけ?
と既読者が思うくらいなので、あまり気にしなくてもそのうちにでしょう。(苦笑)

>えるが可愛いすぎて(以下、略
ははは、そういう方が多そうです。
2. Posted by マサ   2012年05月02日 20:28
こんばんは。
コメントありがとうございまっす。

>早起きはよいことです。たぶん。
休みの日でも昼までは寝てないですね、最近。 8時〜9時には起きてます。

>ん〜、えるちゃんがアクティブかというと、どうなんでしょうか。
奉太郎と対比させたい表現として書きました。 あと、僕の目から見て、現時点では「積極的に動く女の子」という印象でしたので。

>たぶん、1カ月で2〜3カ月は進んでいるようなので。
えるの発言に笑いながら突っ込んでしまったので、書きました。(汗 なので、心配はしておりません。

>それならば、先生の指示で借りっぱなしにするんじゃない?でないと、誰かが借りちゃうよと思ったことは秘密です。
あ〜、その可能性もありますね。 そこは「誰も借りないでしょ、こんなの」という「都合」でしょうか。(苦笑

>あぁ、そこに気づかれた方が少ないので、布石としては失敗でしょうね。(苦笑)
ネタばれが怖いので、あまり他の方の感想記事は読んでいないのですが、少ないですか。(汗 冒頭でのやり取りがあるからこそ、「この学校では選択科目がある」と腑に落ちて、2話のネタに繋がるように思ったのですが。 どの高校も選択科目はあるってことが、常識ってことですね。(苦笑

>特にメニュー選択部分。
多分、謎解きばかりで「説明シーン」が多くなるこの物語を、「いかに楽しませるか」で考えられた演出なのかと思います。

>いい線突きますね。
ありがとうございます。

>見てのお楽しみということで。
1話の時の感想に「一身上の都合」にはあえて触れませんでした。 「結局分かるんでしょ」ってところから、その時は書かずじまい。

>と既読者が思うくらいなので、あまり気にしなくてもそのうちにでしょう。(苦笑)
あ、そうなんですね。(苦笑

>ははは、そういう方が多そうです。
多そうですよね。(自分

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
マサ
職業 : 会社人
年齢 : 25歳
出身地 : 徳島県
現住所 : 関東のどこか

まったりをモットーに日々起こったことを綴っていこうかなと思ってます。
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。