アクアリウムでまったりと

水草レイアウト水槽を中心にアクアリウムについてまったりと書いていきます。

2010年04月

ファンタジーなミナミ水槽を作成 前編(依頼作)

現在、GWのコリ水槽リフォームに向けて着々と水槽やらフィルターやらが部屋の隅に集結しています。

今まではアクアに興味がなかった友人が遊びに来たとき、水槽をやけに見ているなと思ったら、

友人「90cm水槽でけぇw俺も小さい水槽なら飼ってみたくなったわ。小さい水槽とか余ってないの?
私  「コレ(30×25×30cm)ならあるな。捨てようと思ってたからあげるよ。
友人「エビが飼いたいんだけど。コイツ(ミナミヌマエビを指して)。水槽はわからないからまかせた!」
私  「それはいいけど特に要望がないならこういう感じ(流木と石入り)になると思うがいい?」
友人「・・・ん?・・・ん〜・・・よくわからんwまぁいいよwまかせる」
友人「あっそうだ、明かりは赤とか青とかにしたいんだけど」


私  「あー、なるほど、赤とか青ね・・・赤とか青ね・・・?( ´∀`)」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・
・・・
・・









       な ん ・ ・ ・ だ と ・ ・ ・ ?






私  「おま・・・赤や青単色なんて水草や石に絶対合わn」








友人「コレいいじゃん!!こんな感じで頼む!」



                    コレ↓

LED2
                                 (画像:チャームより引用)




          ・・・・・・( ゚д゚)・・・・・・









         *'``・* 。
         |     `*。
        ,。∩      *    もうどうにでもな〜れ
       + (´・ω・`) *。+゚
       `*。 ヽ、  つ *゚*
        `・+。*・' ゚⊃ +゚
        ☆   ∪~ 。*゚
         `・+。*・ ゚







というわけで、かなりのファンタジー水槽を依頼されてしまいました(;´Д`)
ちなみに照明は当然のように上記のLEDライトのみ・・・
日中は照明を消すらしいので、いれる水草も相当限られてきます。

とりあえず自然感の高い石や流木は激しくミスマッチなので、構図素材がキーポイントになるでしょう。
ただ注意しなければならないのが、人工物を入れるとコケとの戦いになるので、
友人が維持できるであろう工夫や妥協点を探す必要もありそうです。

こちらの水槽もGW期間中に作成を予定しています。
なかなか大変な感じですが、さてどうなるやら・・・

では、また( ・ω・)ノ

P.S.
そういえば予算についてですが、「全部で5000円くらいで!」とかほざきやがりましたので、
説教しておきました。
(LEDライトだけで安くても4000円します。)
全部で15000円前後かなぁ・・・。

コリ水槽リフォームに向けて準備着々と

ゴールデンウィークにリセットを予定しているコリドラス水槽ですが、チャームのセールを狙い
ちゃくちゃくと買い揃えていまして


R0013692

まず水槽台です。ニッソーのスチールキャビネットにしました。
今度の水槽は窓際に置く予定なので、部屋への日光がさえぎられないようにフレームタイプしましたが・・・
やはりコケが心配ですね。置いてある部屋は北側なので日射はキツくないと思いますが、
日中は遮光しようと思ってます。



R0013694

フィルターは勢いでこんな高価なものを買ってしまいました(;´Д`)

マイコン搭載のエーハイムプロフェッショナル3e 2076です。
おもしろそうな機能が満載で、使ってみたいなぁと思ってました。
で、ちょうどセールでポイント分引くと2万切ってたのでこれはもう買うしか・・・!とw

で、開けてみると

R0013706

        (  Д )   ゚ ゚    デカッッッ!!!


90cm以上用のフィルター初めて買いましたがあまりの大きさにビビリましたw
30cmセンチ水槽より大きいんですね。。。



さて、肝心の水槽ですが、ここは値が張ってでも妥協するべきではないなと思い、
ガラスの透明度とシリコン処理の綺麗さでADAのキューブガーデンにしました。
なんでもリニューアルされてガラスの透明度が上がっているみたいで確かに全然緑色してないです。
ただ、ガラスがやわらかくなっているとかで硬いものをぶつけるとかけやすいみたいなんで扱いに注意ですね。

また、実際90cmを目の前にして、これにレイアウトするのかウヒョー!という興奮と、
こんな大きさの水槽を置くのかというちょっとした恐怖が・・・:(;゙゚'ω゚'):
でも考えてみたら初めて60cm買ったときもデカッ!とか思ってたので、時間が経てば慣れるでしょうw



あとは、今回構図のメインなる石ですが、

R0013752


               25kgほど買ってみました☆



あとから思ったけどどうみても買いすぎです。

この石は比重が普通の石の1/3程度と軽いのでかなりの量になってます。
おそらく普通に石組みするだけなら180cmも余裕でいける量だと思います。。。
ま、まぁ足りなかったらどうしようもないからいいんじゃないかな?(;・∀・)
余ったら60cmリセットするときに使います。



今後買わないといけないもの
・照明
・底床
・コンパネ(水槽台用)
・バックスクリーン
・水槽用マット
・ヒーター
・流木
・水草
・生体


         あ と い く ら か か る ん だ ・ ・ ・ ! ? (;´Д`)



◇おまけ

R0013761

カリウム埋めたら急に成長が早くなっているアルアナの夕焼け。
よく見ると茎の太さが違いますね。
あと気づいたんですが、うちのアルアナは葉が長細い気がします。なにかが不足しているのでしょうか?
他の方のを見たりするともっと卵形の葉だったりするんですよね。謎です(;´∀`)



今日はこの辺で( ・ω・)ノ

P.S.
動画見てくださった方ありがとうございます( ´∀`)残念画質についてはただ今エンコード等勉強中ですw
次回のときは改善した綺麗な画質で紹介できればと思ってます。

水槽動画を撮ってみました

本日はタイトルの通りです(・∀・)

前々からやってみたいなぁと思っていたこと。
水槽の動画を作って投稿をしてみました。



特に見所もなく撮ってみただけですw
今後は日々の様子や、写真では説明しにくいことは動画で紹介できればと思ってます。

今日は短いですがこの辺で( ・ω・)ノ

ピンポンパール水槽にトラブル発生

一ヶ月前にピンポンパール水槽を作った友人から、

「なんか入っている草の葉が日に日に抜けてきてみずぼらしくなってきたんだけど・・・」

という相談を受けたため、水槽の様子を見てみたら


R0013731

           これは・・・(;´Д`)


ちなみに作ったときは↓

100227-144242

コケは仕方ないとして、比較すると確かに葉が抜けまくりです。。。
しかし丈夫なアヌビアスナナがこれだけ抜けるというのは、、、ということで根元を見てみると、


R0013733

R0013736

上の写真のように新たな根を出している株もありますが、下の写真の株はほとんど枯れてます。
共通していることは根元付近にゴミが溜まり、腐っていることです:(;゙゚'ω゚'):



この状況を見て原因は、

・作成時の過剰な剪定による体力の低下
・根付近の汚れによる根及び草体の腐敗


と見ました。
実は作成時にナナを丸い形にするため、葉をかなり切り落としたのです。
株によっては半分以上落としたものもあります。
通常は丸坊主になっても復活するくらい丈夫なので、まぁ大丈夫だろと思ってました。
しかし、今回の水槽は通常とは違ったやり方をしています。そのやり方が失敗でした。
それは、水作エイトが水を集める場所に根がくるように置いてしまったことです。
これにより、剪定された既存の根周辺にゴミが溜まり、溜まった汚れによって腐敗してしまったのです。
アヌビアスが枯れると言えば剪定後の腐敗くらいですが、これをもろに受けやすい作りにしてしまっていました。



今のやり方では、もう一度植えても同じ結果になるので、

R0013738

フレームを逆向きにして使用することにしました。
ちょうど麦わら帽子を逆さにしたような形です。
前までは、通常の帽子の向きで、つばの上に根がくるように配置していました。

ナナはエアーが出てくる内側の位置に配置します。
水の流れとしては、外枠の下側(つばの下)から吸い込まれ、根が配置されている内側から排出されます。
こうすることで、根にゴミがたまらないだろうと考えました。


R0013739

R0013740

R0013741

まだ生き残っている株もありましたが、中途半端になるので、思い切ってナナゴールデンにすべて変更。
3pot使用しました。四株ぐるりと成長方向をそろえて配置しています。
ナナに比べ、葉が小さいため、剪定せずに丸い形になってくれました。


R0013745

一番上は石に活着させてふたをするように配置します。石が小さすぎるので、ネットにくるんで糸で固定しました。
ネットは白があれば一番よかったんですが、友人宅にはなかったので赤いネットを使ってます(;´∀`)


R0013748

上にかぶせるとこんな感じ。半円のドーム状になってますね。


R0013751

というわけで、作業終了です。

ネットとフレームは隠れてほとんど見えないと思います。
また、糞などのゴミも配置した石によってせき止められるか、石の下にある水作エイトの吸い込まれるので、
根にはゴミがたまらないはずです。



今できる対策は施しましたが、また予期しないトラブルが発生しないとも限らないので、
今後も様子を見守っていきたいと思います。


では( ・ω・)ノ

カリウムの施肥効果と懐かしの商品

前々回にイニシャルスティックによるカリウムの施肥を行いました。記事はコチラ
前々回のときは芽が出てきたばっかりでしたが、あれから一週間経ちまして

R0013713


                 かなり回復してきました(・∀・)


最近このブログに訪問された方はご存知ない方もいると思うので、再度になってしまいますが、
A水槽ではビオの土を使ってます。A水槽に使っているレイアウト素材の記事はコチラ

当初は石と石を接着剤のようにこの粘土を盛るつもりだったんですが、この土が水中だと思ってたより
固体として維持ができなかったので、結局フツーにソイル盛るのと変わってないですw

A水槽のレイアウトは8月の終わり頃に作ったので、現在半年ほど経ってます。
一般的なソイルと同じくらいは肥料あるだろうと思ってましたが、予想してたより少なかったようで、
局所的ではありますが、有茎草が密集する場所では半年で肥料切れを起こしてしまいました。

ちなみに旧アマゾニア(アマゾニアIIや最新ロットは知りません)では、有茎草を現在の量より豊富に使っても
今回のような肥料切れは半年では起きたことがないです。液肥だけで問題なかったです。


じゃあやっぱり水草にはソイル最強じゃん!


という人が多いかと思いますが、何事にもメリットデメリットがあると思います。
というのも、今回のビオの土ですが使用して感じたのが、デメリットはありますが工夫できれば自然界の
循環サイクル、水質の安定化、長期維持に向く底床なのではないか
と感じてます。

と、ここまで書いておいて、アレなんですが。
ビオの土の水槽への使用レポートは、後日にまとめて書こうと思いますので今日は書きません(;´∀`)


R0013714

ルドウィジアブレビペス。
簡単、丈夫、綺麗(;´∀`)私のような面倒くさがりが水草を選ぶ上で重要なポイントですw


R0013712

今週末にトリミングが必要ですね。特にノチドメは丁寧にトリミングしようと思います。






ところで、イニシャルスティックについてなんですが、、、

R0013719

ショップで買ったら1680円しました。


その日チャームでセール価格でした。









1000円切ってました。







( ゚д゚)・・・













R0013720



まぁそれ以前に昔のが見つかったんですけどNE☆





買う前にもっとよく探せば・・・(;´Д`)




R0013721



         見事にほとんど使ってないNE☆




もう笑うしかない・・・(´Д⊂



さりげなくマイナーチェンジしてたんですね。
昔のタイプはテトラクリプトが5粒付いていたようです。その代わり今のは50グラム多いようです。



R0013725

有名な“おこし”も出てきました。四年前くらいに買ったやつかな?
今のロットは形が崩れやすいと聞きましたがどうなんですかね?
私の持っているこれは埋めてから一年以上たっても形がほとんど変わりませんでしたが。



さらにこんなものも

R0013724

コトブキの旧Pシリーズ(?)です。今では売られてない模様。
調べたところP−CUTっていう商品は現在あるみたいですね。

土に混ぜたり、ネットに入れて水槽内につるして使うツブツブの肥料のようです。


使った形跡はあるんですが、どういう効果が出たかを覚えてません(;・∀・)


てか、これ高くないですか?w



実はこれらの商品は頂き物なのです。

私がアクアに夢中になったきっかけは、老夫婦が経営していたショップでした。
落ち着いた雰囲気の店内で、狭いながらも綺麗に展示された水草レイアウト水槽もありました。
しかし残念ながら私がその店を知ってから半年後に閉店(子供と一緒に暮らすということで)
することになってしまいました。
上の商品は、最終日にもう処分するしかないからどうせなら貰ってくれないかと言われ頂いたものなのです。
半年という短い間だったものの、3日に一回は通うほど(大抵は見てるだけ(買えませんでした・・・)でしたが)
だったのと、初心者ということからの好意だったと思ってます。


閉店時にもらったもので、他には

R0013716

完全に掃除せずに保管してしまっていたので汚いですが、ADAの旧CO2添加装置です。
店内で使用していたもの
です。我が家でも一時期使用していました。
が、見ての通りコケが内部にはびこると非常に掃除がしにくいです。
パレングラスのような拡散タイプを購入してから使わなくなってしまいました。
気泡の動きは見ていておもしろいんですけどね・・・


R0013729

これも頂き物です。ADAのグロースプレートです。ちなみに新品です(;・∀・)

これ使っている人いるんだろうか・・・?(;´Д`)

セット時、リセット時ともに面倒くさそうだし、そもそもなくても困らないというのが・・・

使う予定もなく現在に至ってます。今後も使う予定はないです(;´Д`)



これに関しては


おじさん、おばさんせっかく頂いたのにごめんなさい(´・ω・`)


とこの場を借りて謝っておきます。。。




あれ以来、頻繁に行きたくなるようなショップというのがこれといってないのが悲しいです。
ときどき利用するショップはあるんですが、正直あまり利点がないんです。

また行きたくなるようなショップにめぐり合えるといいなぁ・・・( ´・ω・`)


では、また次回まで( ・ω・)ノ

記事検索
参加ランキング
にほんブログ村
でランキング参加中!!(・∀・)
応援してくれる方はクリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

アンケート
アンケート
多国語翻訳
livedoor プロフィール

アクアでまったり@...

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ