アクアリウムでまったりと

水草レイアウト水槽を中心にアクアリウムについてまったりと書いていきます。

2010年11月

素手でワイルドにトリミング

毎度のことですが、年末に向けてアホみたいに忙しくなってきました(;´Д`)
忙しくなると水槽眺める時間も朝の数分くらいなのでいけませんね。



A水槽はこんな感じ↓

R0014924

    こいつまたやりやがったか・・・( ^ω^)



とか思っているそこのアナタ!


今回は違いますよ?w
このレイアウトでは
サブコンセプトとして有茎草のオーバーハング状態での維持
を掲げていました。

オーバーハング状態での維持方法に関する過去の記事はこちらを参照↓
有茎草の旬を維持する方法(頂芽を維持するトリミング)



上から見るとものすごい状態ですが、水面付近まで石を積んでいるので
中央の遊泳スペースには影響なし。
ちなみに、セットから3ヶ月経過しましたが、現状までトリミング回数0で来ています(;・∀・)
有茎草でこれはすごくないですか?w(限界突破してる感は否めないところもありますがw)

トリミングは自分で決めた維持ラインに到達したものをカットライン上でカットするわけですが、
正面から見えない部分が、とぐろ巻いて一部半水上葉化していたので、こちらも減らすことにしました。

すきバサミで髪のボリュームを減らすように、半水上葉化していたものから優先的にカットしていきましたが、、、

あまりにもとぐろ巻きすぎているためすぐに
「やってられるか!ヽ(`Д´)ノ」
となり結局素手でブチブチちぎってトリミング(?)しました(;・∀・)





R0014929

             正 直 や り す ぎ た \(^o^)/



後ろのほうが水面に浮いているだけの残骸みたいに見えますが、一応ちゃんと下と繋がっていますw
特にロタラロトンジフォリアが調子こいてたのでヤキ入れておきました(`・ω・´)


R0014933

で、上が現状です。正面から見るとそんなに変ではないです!ね!
有茎草が水面にいるため、量が少なくなると光ってうまく撮れない・・・(;´∀`)

有茎草のトリミング以外は底床に散らばっていたモスを吸い取ったくらいですね。
コケに関してはガラス面の掃除くらいで現状では維持もラクできています。
有茎草の今後の成長に期待です。



あ、ちなみに

R0014923

手に余る勢いで成長しだしたのでガガブタは撤去しました(;´Д`)
一ヶ月しか経ってないのに根の張り方がすごいです。
根を下ろしてから浮葉を出す数も急激に増えたので、やはりビオ向きの植物だなと痛感させられました。



久しぶりの更新のくせに短いですが、それではまた次回( ・ω・)ノ

緑髭コケと珍水草

前回の洞窟水槽動画をご視聴された方ありがとうございます(・∀・)

動画の中で、コケについてコメントがあったので紹介しておきます。

R0014854

洞窟水槽で勝手に大繁殖している緑髭コケです。アップで撮ってみました。
通称名が分からないのでとりあえず緑髭コケと呼んでいます(;・∀・)
通常はあまり生えてこないコケのためかネットでの情報もほとんどありません。
過去に何回かちょこちょこ書いてますが、最近の私の水槽ではやたら生えてくるので再度このコケに関する
私が感じた情報をまとめておきます。(あくまで推察の情報です)



緑髭コケ

■特徴
黒髭コケを緑にしたような印象。
光(生える場所)によって微妙に色の濃淡が異なる
光が多い場所ではライトグリーンだが、水草によって多少日陰になる場所はダークグリーンに近い


■発生しやすい水質
・中性〜弱アリカリ性
・中硬水
・貧栄養
・高酸素

[補足資料]
★発生した水槽のスペック

・過去水槽(数年前のうろ覚え)(60×30×36cm)
底床:大磯砂+ピートモス
光量:20W×3灯
CO2:発酵式(1滴/3秒)(夜間エアレーションせず)
添加肥料等:メネデール少量
→水槽内で初めて発生。少量確認できただけで気づいたら消滅していた
 pHは測ってなかったがピートを使っていたので酸性寄りだったと考えられる
 大磯が年代物だったことから硬度は中間くらいだったと考えられる

・旧60cmコリ水槽(60×30×36cm)
底床:ナイルサンド
光量:20W×2灯
CO2:なし(夜間にエアレーション)
添加肥料等:メネデール、ハイポネックス開花促進(ほとんど使用せず)
→2回目の発生。流木に多数活着。活着箇所によっては直径3cmくらいまで巨大化した(参照記事はこちら
 pHは測ってなかったが底床から中性〜弱アルカリ性だったと考えられる
 砂+石ということから中硬水だったと考えられる

・新A水槽(60×45×36cm)
底床:サラワクサンド+アマゾニアノーマル+ボトムクレイ
光量:20W×3灯
CO2:外部インライン式(1滴/3秒)(夜間エアレーション)
添加肥料等:メネデール、ハイポネックス開花促進少量適時
→流木に一箇所活着。大きくはなっているが数は増えていない。pHは5〜6くらいで酸性寄り
 砂+ソイルということから硬度は中間くらいと考えられる

・新B水槽(洞窟レイアウト)(90×45×45cm)
底床:Spring Water(湧水の砂)+アマゾニアノーマル(後景一部)
光量:コンパクト蛍光灯20W×3
CO2:なし(24時間エアレーション(外部インライン式))
添加肥料等:メネデール(ほとんど使用していない)、イニシャルスティック
→凹凸ロックに大量発生。pHは中性。硬度は中硬水


■発生しやすい場所
光を好む傾向
にあり、常に日陰にならないような場所に好んで生える。水流が弱い場所に生えやすい
基本的に流木、石、水草など発生する場所は選ばない
水草はアヌビアスナナやミクロソリウムの成長が止まった葉から生えるが流木や石ほどは生えてこない


■生えてくる時期
水槽内の水がこなれて安定してきたときに生えてくる
緑髭コケが生えてくるときに生えてくる他のコケはガラス面に付くコケくらいで、その量も少ない



現時点で私が持っている情報は以上です。

上での生えやすい水質条件が当たりだとすると、ソイルを使用した水草水槽では残念ながら(?)あまり
目にすることがないコケになりますね(;・∀・)




さて、コケの話の次は珍水草の話です。

実物は過去に一回しか見たことなく、なかなか入荷しないため買う機会がなかった水草。
チャームから買ったのがこの水草です。

R0014857

マロンフラスコモです。3本580円でした。ちなみにめちゃくちゃ小さいです(;´Д`)
写真で全長5cmくらいですね。

以下、世界の水草728種図鑑より文章引用

■マロンフラスコモ(Nitella sp.(from Danau Poso))
インドネシア
光:強
水質:弱酸性〜弱アルカリ性 中硬水 22〜28℃
 インドネシアのスラウェシ島、ポソ湖から知られるニテラで、各分射体が細く分枝して球状に見える葉状体を持つ。一面砂地で水草らしきものがなかったポソ湖に唯一あった水生植物。水槽では葉状体が球状にならず、ヒメフラスコモのような形状になる。

ということみたいです。
ちなみにネットでも情報調べてみましたが、長期維持は難しいみたいです。
とくに球状のボンボンの部分は成長するにつれなくなるみたいです(;・∀・)
そういう情報を仕入れて枯れるの覚悟の上で購入しました。
洞窟水槽の水質条件なら意外といけるんじゃないかなぁという思いと、やっぱりこういう
変な水草は一回試してみないとという衝動に駆られてw



ついでに洞窟水槽のショートヘヤーは、

R0014859

順調に増えてます。
イニシャルスティックを植えているためか以前より増える速度は速いです。
ちなみにクリプトは導入時に1/3くらい溶けましたが、その後持ちこたえて現状は水中葉が
出始めてきた感じです。



★おまけ

今週水曜から金曜にHOSPEXという医療設備関係の展示会を東京ビッグサイトで毎年やっているんですが
設計の仕事の関係からメーカーさんから頂いた招待状で今年も見学にいってきました。

で、そのとき見つけたのが

101117-165637

101117-165651


                      水槽だ!Σ(゚д゚)


癒しとして病院の待合スペースに水槽置いてはどうですかという会社でした。
こういう会社も展示会に出てきているんだなぁと驚きましたw


それでは( ・ω・)ノ

洞窟水槽をまったり眺めてみよう#その3 (動画)

カリムナリス病を乗り越えて現状の洞窟水槽の様子です(`・ω・´)





この洞窟に使っている凹凸ロックですが、前に「人工石(凹凸ロック)が流行る・・・かも?」とか言ってましたが、


101113-170937

           アクアフォレストさんでも取り扱いを始めてましたΣ(゚д゚)

数はH2さんほど多くないですが、大きさは小〜大があって色の種類も白、茶、黒と揃ってます。
いつから取り扱っているか聞いてみたところ、11/8くらいからとのことでした。
だんだんと新しいレイアウト素材として認知されてきたのかもしれないですね。

あ、ちなみに値段はアクアショップで買うとメーカー直販より、1.5〜2倍はするので、
大量に買うときはこちらの直販で買ったほうが送料込みでも安くなると思いますw(;´∀`)
また、この石は今までの石組みのように使ってもあまり良さが出せない(というより単体だと格好悪いw)ので、
組み合わせて地形を作るような感じで使うのがいいと思います。


こにおさんより25kgで購入した場合はH2さんからのほうが若干安かったとのことです(・∀・)
ちなみに私が購入したときはH2さんで25kgの箱買い価格で1050円/kgでした。
25kg以下については両方(直販とH2さん(アクアフォレストさんは価格設定が全体的に高いのでパス))
から見積を取って購入したほうがいいと思います。
                                                [2010/11/18追記]


それでは( ・ω・)ノ

目次作りました(レイアウト考察)

おかげさまで記事数が100を突破、アクセス数も50000HITを記録致しました!
飽きっぽい私がここまで記事を書き続けられたのも応援してくれている
読者の皆様のおかげです。ありがとうございます( ´∀`)
これからもいっそう面白い記事が書けるようがんばります!(`・ω・´)

さて、記事数が100という大台に乗ったので、バックナンバーをざっと
読み返していたんですが、そのとき思ったのがタイトル一覧などの
表示がないので目的の記事が探しにくいということ。
管理画面だと記事一覧という形で表示可能なんですが、検索などで
当ブログに来られた方からすると探しにくいかなぁと。

というわけでとりあえず私自身が記事内でバックナンバーとして
引用することの多いレイアウト考察カテゴリーの記事をまとめてみました。
タイトルにURLがリンクされてます。またその内容に関する一言コメントを載せてます。

今後他のカテゴリーも同様に目次としてまとめようかなと思ってます。
探しやすくなった!とか興味があるものを選びやすくなった!
などの感想いただけるとうれしいです( ´∀`)

[投稿日時:2010年11月10日]

 

※この目次ページは常に更新していきます

 

《レイアウト考察目次》


★全般

・水槽レイアウトを作る上で重要なこととは?
[投稿日時:2009年08月05日]
→レイアウトにおけるコンセプトの重要性について

・完成をイメージしてレイアウトする(1)
[投稿日時:2009年08月06日]
→完成をイメージしないでレイアウトしてしまうと・・・

・完成をイメージしてレイアウトする(2)
[投稿日時:2009年08月07日]
→水槽レイアウトを見るときのコツ。経験を考察で補う

・60cmで大型エキノをレイアウトする
[投稿日時:2009年08月11日]
→センタープラントの存在感を生かす

・現在の水槽(A水槽)&レイアウト考察(反省)
[投稿日時:2009年08月18日]
→完成イメージが曖昧なことによる失敗

・水槽サイズから最適レイアウトを考察する
[投稿日時:2009年08月20日]
→水槽の大きさと表現方法の関係

・三角構図を作ってみる(30cmキューブ構図参考)
[投稿日時:2009年09月30日]
→三角構図、ベクトルの取り方参考

・ウィローモスについて(4年前のレイアウトとともに)
[投稿日時:2009年10月23日]
→ウィローモスについてあれこれ

・レイアウトを理論で作るメリット
[投稿日時:2010年09月27日]
→あなたは感性で作りますか?それとも理論で作りますか?

 

★旧A水槽(60×30×36cm)

・A水槽リセットに向けて 岸辺レイアウト作成(実験)の考察(1)
[投稿日時:2009年08月25日]
・A水槽リセットに向けて(2) 岸辺を作るための素材
[投稿日時:2009年08月27日]
・A水槽リセットに向けて(3) 岸辺を作るための素材その2
[投稿日時:2009年08月31日]
・A水槽リセットに向けて(4) 構図とレイアウトの骨組み
[投稿日時:2009年09月03日]
→人工石(凹凸ロック)を使用した岸辺表現の検討

・レイアウト改善に向けて(商品の到着と学術図書)
[投稿日時:2009年10月31日]
・水の流れを考慮した前景計画をする
[投稿日時:2009年11月06日]
→河川学から前景表現を考察

・色彩の連続性効果(有茎草の配植方法について)
[投稿日時:2010年01月02日]
→色彩と有茎草の配植方法の関係

・有茎草の旬を維持する方法(頂芽を維持するトリミング)
[投稿日時:2010年01月12日]
→オーバーハングを利用した維持方法の検討

・A水槽を半リセット
[投稿日時:2010年03月07日]
→ジャングル化した水草とレイアウトの立体感への再考



★旧B水槽(60×30×36cm)

・B水槽のレイアウトの骨組みと裏側(1)
[投稿日時:2009年08月14日]
・B水槽のレイアウトの骨組みと裏側(2)
[投稿日時:2009年08月14日]
→レイアウト骨格の検討と狭小空間への後景草の植栽



★依頼作

・新規小型水槽立ち上げに向けて(レイアウト計画書とか書いてみる)
[投稿日時:2009年10月26日]
・ピンポンパール水槽を作成(依頼作 関連:レイアウト計画書)
[投稿日時:2010年02月28日]
→キュートなピンポンパールのためのレイアウト水槽

・友人宅のカオス水槽をリセット 前編(before)
[投稿日時:2010年02月14日]
・友人宅のカオス水槽をリセット 中編(レイアウト方針)
[投稿日時:2010年02月15日]
・友人宅のカオス水槽をリセット 後編(afterとレイアウト詳細)
[投稿日時:2010年02月22日]
→低予算、メンテナンスフリーを目指した日本河川風レイアウト



★A水槽(2010ver)(60×45×36cm)

・A水槽新レイアウト案(検討中)
[投稿日時:2010年08月11日]
・A水槽新レイアウト案(ほぼ決定)
[投稿日時:2010年08月23日]
→前回失敗を糧に新A水槽レイアウトの検討



★B水槽(2010ver)((90×45×45cm)

・コリ水槽リフォーム計画(スタディ模型を作ってみる)
[投稿日時:2010年03月16日]
・コリ水槽リフォーム計画(検討中)と友人宅カオス水槽その後
[投稿日時:2010年03月29日]
→スタディ模型による洞窟レイアウトの検討

・洞窟風レイアウト(コリ水槽) #2  「レイアウトコンセプトと石の組み上げ方法について」
[投稿日時:2010年05月23日]
→凹凸ロックを使用した石組み洞窟の作成手順解説

・洞窟風レイアウト(コリ水槽) #3 「レイアウトの重心について」
[投稿日時:2010年05月31日]
→黄金比と重心の関係

・洞窟風レイアウト(コリ水槽) #4 「植栽について(前景編)」
[投稿日時:2010年06月17日]
→植栽の定石と自然な植栽とは



★B水槽(2011ver)((90×45×45cm)
洞窟レイアウト(2011ver) #1 「コンセプトと構図決定までのプロセス」
[投稿日時:2011年08月15日]
→レイアウトにおける思考プロセス
洞窟レイアウト(2011ver) #2 「凹凸ロックの積み方」
[投稿日時:2011年08月30日]
→人工石(凹凸ロック)の積み方
洞窟レイアウト(2011ver) #2 「レイアウト構図の作成過程」
[投稿日時:2011年08月30日]
→構図が完成するまでの流れ


★新キューブ水槽(27×27×27cm)

・鉱物を使用してみる(キューブレイアウト検討)
[投稿日時:2010年12月18日]

小型水槽とフレーミング

小型キューブ水槽に立ち上げに向けて構図を練っているんですが、なかなか固まりません。



以前に、
水槽サイズから最適レイアウトを考察する
という記事を書いています。小型の水槽にはどういうレイアウトが向いているかを考察したものです。

この中で、
ひとつの場面を抜き出したようなレイアウトはむしろ小型水槽のほうが表現しやすい

と書きました。この中でアピストの巣という例をあげてます。

今回の新規キューブ水槽のコンセプトは「繁殖して子育てをしているワンシーン」
例の通りのコンセプトですね。
レイアウトはコンセプトが決まってしまえば、あとはこのコンセプトにどのようにまとめていくかになります。



コンセプトは明確なので特に意識せずに60cm、90cm水槽のときと同じように構図を考えていたんですが、
描いてみた構図は小型キューブ水槽という特徴を生かせてないと感じました。

今回は小型キューブ水槽ということで、大型水槽に比べて表現したいものを明確に見せやすいです。
と同時に、どこまでをどのように水槽というフレーム内で表現するかということが重要になります。
これは大型水槽でも同様に意識して然るべきことですが、特に小型水槽ではその意識の差が
レイアウトの完成度に大きく影響すると思いました。



そこで、写真撮影技術のフレーミングの考え方を勉強することにしました。

R0014843

R0014845

図書館で借りてきました。
被写体をどこに取るか、どのように表現するかを例にとって解説してます。

水槽のレイアウトの技法は、写真や絵画の黄金比やその他の基本構図を元にしていると思われる
ものが多くあります。
これら基本構図はある程度知っていたんですが、写真はど素人なので知らないことがたくさんありました(;・∀・)
レイアウトに転用できそうな表現方法を整理して今回のレイアウトに取り入れていきたいと思います。

しっかり読んでから納得がいくまで構図を練ります(`・ω・´)ので、立ち上げはもう少しかかりそうです(;´∀`)

それでは( ・ω・)ノ
記事検索
参加ランキング
にほんブログ村
でランキング参加中!!(・∀・)
応援してくれる方はクリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

アンケート
アンケート
多国語翻訳
livedoor プロフィール

アクアでまったり@...

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ