キューブ水槽のレイアウトが決まりません('A`)


やりたいレイアウトのイメージと表現方法は前回紹介したようにあるんですが、いざスケッチで描こうとすると、

「あれ?ココどうしよう?てかこれは・・・ないな。。。いや、でも・・・なんだこれ(´・ω・`)」

という感じで具体的なレイアウトが全く決まりません!(´Д⊂ヽ
「レイアウトの中で本当に見せたいことはなんなのか?」
をもっと精査する必要がありそうです。





ずっと同じレイアウトを考えているのも飽きるので、方向性が違う第二案を考えてみました。

レイアウト素材として目をつけたのがコレ↓

i_12289_1

                                  [鉱物標本販売店 N's Mineralさんより画像転載]

鉱物の原石です(・∀・)

レイアウト素材として使用してみようかなと。
思いつきとしてはもうすでに誰かやってそうな気はしますがw

↑の水晶は紫水晶のアメシストです。すごい綺麗です(;´Д`)
値段に関してはピンキリで、同じ石でも写真のアメシストは立派なので30,000円位しますが、
小さいやつは1,000円台で買えるみたいです。



i_12814_1
                                  [鉱物標本販売店 N's Mineralさんより画像転載]

i_13411_1
                                  [鉱物標本販売店 N's Mineralさんより画像転載]

水晶の次にこれいいなぁと思ったのが、↑二つのフローライト(蛍石)。
フローライトは色彩の種類に富んでて、名前の通りブラックライトなど紫外線を当てると
青く光るのが特徴みたいです。
↑二つのフローライトも美しいものなので高いですが、安いのを選べばこちらも
1,000〜2,000円くらいで購入できるみたいです。



i_14545_1
                                  [鉱物標本販売店 N's Mineralさんより画像転載]

水晶らしい水晶といえばこういう↑のやつですねwアメリカのアーカンソーというところで採れたものみたいです。
ちなみにこの水晶は74×56×54mmで3,000円くらいです。
値段と大きさではこのあたりがレイアウトに使用する上で妥当なところだと考えてます。


(1)
i_15740_2
                                  [鉱物標本販売店 N's Mineralさんより画像転載]
(2)
i_15740_1
                                  [鉱物標本販売店 N's Mineralさんより画像転載]

↑の水晶はオイル入り水晶で、メタンガスを内包しています。
そのため、紫外線を当てると(1)→(2)のように青く蛍光します。綺麗っす(;´Д`)
↑のは2cmくらいで2,000円くらいです。




使用する鉱物のイメージも大体決まったので簡単にですがレイアウトイメージを
スケッチしてみました(・∀・)


Scan10007

鉱物は地面から採掘されるので、レイアウトイメージとしては雨水で地面がえぐられて
そこが川になって少ないながらも水草が生えて魚がいる・・・そんなイメージです
(現実では有得ない絵だと思いますがw)


鉱物を支える土台部分は、もはや私のレイアウトでは定番になっている凹凸ロックを使用します。
今のところ使用する鉱物で考えているのは、先ほど紹介したアーカンソー産の水晶をメインに
オイル入り水晶を混ぜて夜はブラックライトで楽しめるようにしようかなと考えてます。

水草はショートヘヤーグラスのみ。肥料なし、CO2なしでいきます。魚はミクロラスボラブルーネオンを想定。


実はフローライトではなく水晶を選んだ理由は値段と大きさ以外もあります。

鉱物のそれぞれの硬さを1〜10の段階で分けた指標を「モース硬度」といいます。
ご存知の通り最も硬いとされるダイヤモンドが10の最高値で、タルクが1となっています。

フローライトは硬度4(ナイフでかすかにキズつく)、水晶は硬度7(ヤスリでややキズつく)です。
ちなみに窓ガラスの硬度が5です。
フローライトも水晶も水には溶けないのですが、差し込む凹凸ロックがヤスリのようにザラザラしているので
できるだけ硬いほうがいいと考えました。

また、水晶の場合一般的に使われている石と違ってコケがついても全く得をしないため、
コケが付いたら取り出して綺麗にする作業が必要になります。
調べたところ、鉱物の手入れは中性洗剤を使うのが一般的みたいですが、
他の鉱物を含有しない場合、水晶はハイターでもいけるようです。



前回紹介した第一案はまとまらないくせに今回の第二案はあっさりまとまってしまいました・・・(;´∀`)

とはいえ、レイアウト的に「綺麗にまとまりすぎている」感があるので、もうちょっと修正を加えるかも知れません。

で、いつ作れるんだろう?w

それでは( ・ω・)ノ
レイアウト考察目次に追記。