アクアリウムでまったりと

水草レイアウト水槽を中心にアクアリウムについてまったりと書いていきます。

アクア用品

メタハラの演出効果

一ヶ月ぶりに更新します(;´∀`)

特に今の水槽では水草育てる上では必要がなかったので買ってなかったのですが
水槽の演出用に150Wのメタハラ買いました(`・ω・´)!
(20Wのスーパークールも持っているんですがスポットすぎる)

買ったのこちら↓ギーゼマンナノ

IMG_0565

ランプは純正のものではなく、カミハタの10000Kです。
使っている蛍光灯(興和システム)は12000Kだったのでギーゼマン純正の12000K(マリン)
と迷いましたが分光分布を見ると赤を落として青が強調されすぎる気がしたので10000Kにしました。
カミハタには分光分布がなかったので賭けではありましたが当たりだったようです(;´∀`)

ちなみにギーゼマンからはトロピックという5600Kが水草推奨で出ていますが自分は青っぽい光が
好きなので却下しましたw分光分布見ても青が少ないのでかなり赤黄色っぽくなるかなと
単純に水草育てるにはいいと思いますが

メタハラの光で水面が揺れると底床に波紋が出て綺麗です( ´∀`)魚影が出るのもGOOD

せっかくメタハラ買ったので、

IMG_0552

水面を波立たせて撮ってみました( ´∀`)いい感じです
メタハラにしたことで陰影がさらに強調されてドラマチックになった気がします

ちなみにかなりモサモサしてきていたので全体的にかなりトリミングしました


IMG_0379

↑一ヶ月前


IMG_0230

↑三ヶ月前



構図の骨格が見えるくらい減らしたのでレイアウトとしては分かりやすくなったかな
あくまで演出用なので普段は今までどおり蛍光灯の弱光のみで育てていく予定


それでは( ・ω・)ノ

スポンサー契約を結びました

本日は前回予告したちょっとしたお知らせを( ´∀`)


私が最近レイアウトで好んで使っている凹凸ロックですが、この石のメーカーである
三石耐火煉瓦株式会社様とスポンサー契約を結びました。

(正式名称は「凸凹ロック」です。が、ブログ上での呼び方は便宜上、凹凸ロックで統一します)


スポンサー契約の内容としては、

・当ブログ上での凹凸ロックの宣伝
・凹凸ロックを使ったモデルレイアウトの作成


が大きなところですが、
今まで2つとも既に間接的に行なってきたことでもあるので
今後も特に当ブログにおける方針は変わりません(;´∀`)

今までどおりイイものはイイと紹介しますし、ダメなものはオススメしません。
今まで個人的に凹凸ロックを紹介してきたのは「これは使える」と思っているからです。


1つ目の凹凸ロックの宣伝というのはアフェリエイトみたいなものです。詳細は後述しますが
三石耐火煉瓦さんでは通販もやっているので、「アクアリウムでまったりとを見て来ました(・∀・)」
といっていただくことで通常よりお得に凹凸ロックをお買い求めいただくことができます。

2つ目のモデルレイアウトの作成というのは、凹凸ロックを使ったレイアウトを作ることで
凹凸ロックでこんなレイアウトができるよ!という宣伝をするということですね。
これについては既に当ブログでは動画等で間接的に行なってきたことなのでやることは変わりません(;´∀`)

レイアウトの作成については、こんな形があるといいなぁと私がアイデアを出したものを
新しい形の凹凸ロックとして試作品を作成頂いているところ
であり、
それを使ったレイアウトを紹介することになろうかと思います(・∀・)

今後の展開次第ではさらにいろいろ仕掛けていきたいと考えています( ´∀`)



さて、凹凸ロックについては今まで紹介してきましたが、初めて来られた方用にまとめておきます。


R0013712
水槽サイズ(cm):60×30×36  凹凸ロック使用量:約10kg


i00128
水槽サイズ(cm):27×27×27  凹凸ロック使用量:約7kg


トリミング
水槽サイズ(cm):60×45×36  凹凸ロック使用量:約20kg


R0015434
水槽サイズ(cm):90×45×45  凹凸ロック使用量:約25kg


RIMG0133
水槽サイズ(cm):60×45×36  凹凸ロック使用量:約10kg


IMG_0552
水槽サイズ(cm):90×45×45  凹凸ロック使用量:約40kg

↑のレイアウトはすべて凹凸ロックを使ったレイアウトです。


R0011726

R0011725

そして↑これが「凹凸ロック」人工の石です
私がいうのもアレなんですが・・・


はっきりいって単体だと格好悪いです!(;´Д`)


凹凸ロックは他の天然の石と比べて良くも悪くも「個性がない」ので、
いくつか組み合わせて使うことではじめて本領を発揮します。
なので、他の石組みのような感覚で組むと格好悪いレイアウトになるので注意ですw

組み方や詳細等については主要なバックナンバーを下記に紹介します。


・レイアウト素材 石の特徴について(「A水槽リセットに向けて(2) 岸辺を作るための素材」より)


☆洞窟レイアウト(2010年ver)

・洞窟風レイアウト(コリ水槽) #2 「レイアウトコンセプトと石の組み上げ方法について」

・洞窟風レイアウト(コリ水槽) #3 「レイアウトの重心について」

・洞窟風レイアウト(コリ水槽) #4 「植栽について(前景編)」


☆洞窟レイアウト(2011年ver)

洞窟レイアウト(2011ver) #1 「コンセプトと構図決定までのプロセス」

洞窟レイアウト(2011ver) #2 「凹凸ロックの積み方」

洞窟レイアウト(2011ver) #3 「レイアウト構図の作成過程」


動画での紹介もしているので、カテゴリー別アーカイブの投稿動画からどうぞ(・∀・)



購入に関してですが、「アクアリウムでまったりとから来ました」
と注文時に伝えていただければ10%引きで購入可能です(・∀・)

※10%引き期間は2011/12/31までとなります。
 2011/12/20追記


注文時に 「アクアリウムでまったりとから来ました」 と伝えていただくと
・20kg以上購入された方は凹凸ロック10%増量
・5kg以上〜20kg未満購入された方は凹凸ロック5%増量
のサービスを受けられます。
 2012/02/17追記


上で紹介したレイアウト画像と一緒に使用した量を目安ですが記載しています。
どういうレイアウトを組むかで必要となる量が変わりますが
個人的には15kgと25kgが一つの区切りになろうかと思います。

30cmキューブ水槽であれば10kgあれば余裕です。
このサイズだと逆に数が使えないのでレイアウトが難しいわけですが・・・

60cmレギュラー水槽であれば15kgあれば積上げて洞窟のように作る
レイアウトは作成可能です。

90cmレギュラー水槽であれば25kg以上はほしいところです。
これより少ない場合はオープンスペースとのメリハリをハッキリさせるなど
見せ方を工夫しないとノッペリとした印象になり格好悪くなる可能性が高いです。

凹凸ロックの形はすべて違うので数がないとうまく組めません
なので余るくらいがちょうどいいと思ったほうがいいです。
(実際2010年の洞窟レイアウトを作ったときは25kgあれば余裕だろ(・∀・)とか
思ってたらかなりギリギリだったのでw)
心配な人は上記に+5kgするといいかもしれません。
洞窟のように高く積み上げる場合は正面からは見えない部分で予想以上に数が必要になります。

また、色については「黒」をオススメします。私が使っているのもすべて「黒」になります。
サイズについてはSS、S、M、Lなどいろいろあるんですが、オススメの比率は
SS(4):S(3):M(2):L(1)
です。基本的にSSまたはSが積上げる上で主要部材になります。
M、Lは大きいので土台部分や洞窟なら天井部分など要所で使うといいです。
ただ大きいので使いまわしが効きにくいため数が多くあってもうまくいきません。

注文はこちらからどうぞ(問い合わせフォーム)→http://mtaika.jp/mail.php
凹凸ロックの商品詳細はこちら→http://mtaika.jp/water/liverock.php



それでは( ・ω・)ノ

VUPPA-気旅愼と演出照明の効果

ADAから新発売されたVUPPA-鞠磴辰討ました(・∀・)

RIMG0100

箱あけるとこんな感じ。思ってたより大きいなという印象でした。
長さ10cm、直径3cmくらいあります(;・∀・)
お値段は9300円。冷静に考えなくても高いです(;´Д`)
と思ったけど油膜取りって結構するのね。。。(エーハイムだけ?)→参考



RIMG0111

水槽内につけるとこんな感じ。

なお、使い始めの数時間は糞うるさいですw

ジーッっていう大きな音が続きます

あまりにもうるさかったんで不良品かと思いましたw
調べてみたところ仕様みたいで、数時間後には静かになりました( ´∀`)よかった

さて、効果についてはかなりありました。数分で水面を見事に綺麗にしてくれます。
説明書にも書いてあるんですが、常時設置より一時的に設置して使用するのがいいです。
数分で効果が出るのと、これは他の油膜取りにも共通することですが、
クリーナーを水面にあわせなくてはいけないからです。

この水位に合わせて調整する作業が面倒なんですが、VUPPAの場合は他の製品と違って
外部ろ過等に直結する必要がなく単体で使用可能なのでかなり使い勝手がいい
です。
他の製品だと外部につないでいるため毎日水位を見てあわせなくてはいけないし、エサを
あげるときは引き込まれてしまうためろ過を止める必要があります。

また、単体のため他の水槽にも簡単に持っていって使用できるのもいいですね( ´∀`)
値段は高いですが、かなり便利な器具だと思います。
(ちなみに静かになってからいったん取り出し、他の水槽に持っていってもまたうるさくは
なりませんでした( ´∀`)長時間放置していたら違うかもしれませんが・・・)


私の場合の購入動機はエサによる油膜の発生に対してでした。
生体の数が多いと必然的にエサの量が増えるため水質が安定していても油膜が発生します。
A、B水槽両方ともメタルジェットパイプで水流を抑えており、水面を揺らすことがない
(B水槽は24時間エアレですがすべての油膜を巻き込むほどでもない)
ため時間が経つと油膜が出ていました。あとは他の製品のデザインが格好悪いのでw

換水のときに水面を一緒に吸い込むようにしていたんですがこれが結構大変だったので
やる必要がなくなるとなるとかなり助かります( ´∀`)
油膜は水質悪化の知らせでもあるので、油膜発生→水槽を観察して必要量換水+VUPPA
がこれからの定期メンテナンスになりそうです。



さて、話は変わってB水槽ですが、演出照明を使って撮影してみました

RIMG0101

左上から20Wのメタハラと左右側面から照明を当てて洞窟内部を照らしてみました(・∀・)
洞窟内部が照らされると雰囲気変わりますね。写真写りはこっちのほうがいいかな( ´∀`)


RIMG0106

陰性水草しか入ってないので常時メタハラだとコケるので普段は点けてないんですが
やっぱり陰影が強調されるといいですね。


今日はこの辺で。それでは( ・ω・)ノ

固形肥料の追肥用器具を自作してみました

あけましておめでとうございます( ´∀`)

今年もいい記事が書けるよう楽しみながらやっていきたいと思います。


さて新年一発目ですが、思いつきで作った器具の紹介ですw



固形肥料(主にイニシャルスティック)を追肥時に埋め込むための器具を作ってみました。
動きを見せたいがために無理矢理動画にしましたw

思いつきで作った割にはなかなかよくできたなぁと思ってますw

興味があったら作ってみてくださいね( ´∀`)



それでは今年もよろしくお願いします( ・ω・)ノ

新規キューブ水槽立ち上げへ

A、B水槽ともに安定してきたので最近は特に大きく手を加えることがなくなりました。

あ〜ラクだな〜( ´∀`)






・・・






暇だ・・・(´・ω・`)



一週間に一回くらいで水換えとガラス面のコケ取りくらいはしているんですが、
2つともあまり手がかからないように作ったので、こうなると張り合いがありませんw(;・∀・)
(有茎草たっぷりのレイアウトだとジャングル化してしまうダメ人間ですがw)



とか思ってたら、一週間前くらいに来ちゃったよ。チャームのセール。
アクロ27のクリアタイプ 2592円。

セール


もうね、天啓だと思って買いました( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
はぁ・・・(;´Д`)



R0014834

最近かなりの頻度で届けてもらっている気がします(;´∀`)いつもご苦労様ですヤマトさん。



R0014836

まぁ水槽だけだと5000円いかなかったからね。ランプも買いました(ルミノDX)w
このランプを選んだ理由は口金がE26で洞窟水槽で使っているランプと同じの使えるので。



新規レイアウトは、、、確定ではないんですが、アピストかワイルドベタのペア用の水槽にしようかなと。

構図がなかなか決まらず苦戦してますが、決まり次第始動します(`・ω・´)
今回も参考用に立ち上げの動画としてニコニコにアップする予定です。
30cmクラスのキューブ水槽なのでフルセットで2〜2.5万くらいの予算で本格的なのを作りたいと思います。



☆おまけ☆

R0014833

ベタ・ルティランスグリーンです。A水槽に2匹入っています。
実はコイツ、このときにナチュラさんで一緒に買っていたんですが、2週間くらいまったく姿が見えず
撮影ができなかったため今まで紹介できていませんでした(;´Д`)
数日前に2匹いるときは撮影できなかったのですが、今回ようやく成功しました。
何日かにいっぺん、しかも昼頃にしか姿を見せないためほとんど見れません(;´∀`)
ただこのときフレークをバクバク食べているところを確認したので安心しました。



それでは( ・ω・)ノ

記事検索
参加ランキング
にほんブログ村
でランキング参加中!!(・∀・)
応援してくれる方はクリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

アンケート
アンケート
多国語翻訳
livedoor プロフィール

アクアでまったり@...

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ