アクアリウムでまったりと

水草レイアウト水槽を中心にアクアリウムについてまったりと書いていきます。

アヌビアスナナ

ピンポンパール水槽にトラブル発生

一ヶ月前にピンポンパール水槽を作った友人から、

「なんか入っている草の葉が日に日に抜けてきてみずぼらしくなってきたんだけど・・・」

という相談を受けたため、水槽の様子を見てみたら


R0013731

           これは・・・(;´Д`)


ちなみに作ったときは↓

100227-144242

コケは仕方ないとして、比較すると確かに葉が抜けまくりです。。。
しかし丈夫なアヌビアスナナがこれだけ抜けるというのは、、、ということで根元を見てみると、


R0013733

R0013736

上の写真のように新たな根を出している株もありますが、下の写真の株はほとんど枯れてます。
共通していることは根元付近にゴミが溜まり、腐っていることです:(;゙゚'ω゚'):



この状況を見て原因は、

・作成時の過剰な剪定による体力の低下
・根付近の汚れによる根及び草体の腐敗


と見ました。
実は作成時にナナを丸い形にするため、葉をかなり切り落としたのです。
株によっては半分以上落としたものもあります。
通常は丸坊主になっても復活するくらい丈夫なので、まぁ大丈夫だろと思ってました。
しかし、今回の水槽は通常とは違ったやり方をしています。そのやり方が失敗でした。
それは、水作エイトが水を集める場所に根がくるように置いてしまったことです。
これにより、剪定された既存の根周辺にゴミが溜まり、溜まった汚れによって腐敗してしまったのです。
アヌビアスが枯れると言えば剪定後の腐敗くらいですが、これをもろに受けやすい作りにしてしまっていました。



今のやり方では、もう一度植えても同じ結果になるので、

R0013738

フレームを逆向きにして使用することにしました。
ちょうど麦わら帽子を逆さにしたような形です。
前までは、通常の帽子の向きで、つばの上に根がくるように配置していました。

ナナはエアーが出てくる内側の位置に配置します。
水の流れとしては、外枠の下側(つばの下)から吸い込まれ、根が配置されている内側から排出されます。
こうすることで、根にゴミがたまらないだろうと考えました。


R0013739

R0013740

R0013741

まだ生き残っている株もありましたが、中途半端になるので、思い切ってナナゴールデンにすべて変更。
3pot使用しました。四株ぐるりと成長方向をそろえて配置しています。
ナナに比べ、葉が小さいため、剪定せずに丸い形になってくれました。


R0013745

一番上は石に活着させてふたをするように配置します。石が小さすぎるので、ネットにくるんで糸で固定しました。
ネットは白があれば一番よかったんですが、友人宅にはなかったので赤いネットを使ってます(;´∀`)


R0013748

上にかぶせるとこんな感じ。半円のドーム状になってますね。


R0013751

というわけで、作業終了です。

ネットとフレームは隠れてほとんど見えないと思います。
また、糞などのゴミも配置した石によってせき止められるか、石の下にある水作エイトの吸い込まれるので、
根にはゴミがたまらないはずです。



今できる対策は施しましたが、また予期しないトラブルが発生しないとも限らないので、
今後も様子を見守っていきたいと思います。


では( ・ω・)ノ

リセット前に掃除(コリ水槽)

コリ水槽をゴールデンウィークに90cmにしますが、まだ一ヶ月ほど先の話です。
現状があまりにもだったので、ちょっと掃除しました(;・∀・)




コリ水槽では、↓のようなスポット状藻がガラス面に発生してます。

R0013675

光量過多で水が古くなるとよく発生するコケですね。
コリ水槽に関してはここ数ヶ月ほぼ足し水のみ(;・∀・)だったのでこういうコケが生えてきました。



R0013676

ガラス面についたコケはスクレーパーなどで取ると水中に拡散して水が汚れるので、
私は愛用の百均メラミンスポンジでコケを取ったら水を張ったバケツでジャブジャブ洗ってます。
上の写真はガラス面のコケを取り終わったところです。
グリーンウォーターみたいになってますね。これが水中に拡散すると余計なところからも
コケが生えてきかねない
のでこのような方法をとってます。



一通り掃除が終わって現状こんな感じです。

R0013683

R0013689

CO2なし、肥料なしですが、ミクロソリウムとアヌビアスナナはガンガン増えてます。
個人的にはこういう陰性水草に関しては肥料や光量、CO2を抑えたほうがうまく育つような気がします。
やはり水草が要求する環境を過不足なく整えてやることが重要だと思います。
まぁそれを狙い通りに調整するのが難しいんですけどね・・・(;´∀`)


R0013690

ハイグロフィラポリスペルマセイロンです。
慢性的な貧栄養状態によって葉が縮小してましたが、最近は葉に穴が空くようになりました。
ミナミの食害が原因と思いますが、そもそも葉が食害に耐えられなくなっているっぽいです。
セイロンの葉の細さがルドウィジアブレピベス並みの異常な細さと小ささになってきたので、
ハイポネックスを半滴添加しておきました(;・∀・)

ちなみにトリミングしたのは上のバケツの写真に入っているごく一握りの成長が早い草体だけです。
およそ二ヶ月トリミングしてませんでしたが、ハイグロなのに異常と言える成長の遅さです。
ハイグロの適応能力の高さに驚かされますね。


最後に気づいた人もいるかもしれませんが、

R0013687

例のコケです(;´∀`)立派に育ってますw



では、また( ・ω・)ノ

コリ水槽現状(各スナップ写真)

明日といいつつ3日経ってしまいました・・・(;・∀・)


今日はコリ水槽(B水槽)を紹介します。

コリ水槽では餌の量がかなり多いので汚れやすいのか、最近は水槽内に微少のゴミがただよっていたり、
水流がなんとなく弱く感じたので、約1年半ぶりくらいにフィルター掃除しました。
現在のコリ水槽の立ち上げ時は立ち上げ速度を上げるために全く掃除しなかったので。





で、フィルター掃除していたら・・・



R0012552

大人のミナミが2匹いましたΣ(゚д゚)


一匹くらいなら稀に見つけるんですが、2匹て。
どのくらいぶりになるのかわかりませんが、水槽に戻してあげました。

光がない狭い場所で育ったせいか変な泳ぎ方(ミジンコのような)
しながら物陰に消えていきましたが・・・(;´Д`)


話を戻しまして、すっかりフィルターろ材になに使っていたか忘れてまして・・・


R0012553


あぁ・・・2段あるうち、1段半も活性炭に使っていたんだなぁ・・・



ていうかこの活性炭、1年半前以降からある気がします(;・∀・)

どう考えてもろ過性能が落ちている(なし?)ので、今まで使い道がなかったチャームで
かなり前におまけでもらったゲルキューブを入れてみました

R0012554

コレ。

おまけのわりに量が多かったんで若干あふれそうになりましたが、無理矢理全部突っ込みましたw

私はフィルターのろ材はほとんど買ったことがないんですが、みなさんはどうですか?
個人的にはろ材の性能の違いなんか感じたことはないんです。。。安定すればどれでも一緒のような。


水槽内の変更点は
・吸水をメタルジェットに。
・出水もメタルジェットパワータイプに(買っちゃった・・・w)
・あとヒーター設置しました。


そういえばヒーターなんですが、設置する前日の天気予報で東京がかなり寒くなる(最低気温5℃だった日)
ということを聞いて、深夜にあわてて設置しました。
で、とりあえず一安心して次の日の朝見たら、水温が18℃になってました:(;゙゚'ω゚'):
スペアのサーモが取ってあったので、繋いだらヒーターは動いたので、どうやら
ヒーターが故障していたのではなく、サーモのほうが壊れていて通電されなかったようです・・・
ただ、みんな無事だったのでほっとしました。動きは鈍ってましたが。。。
逆の壊れ方して水槽60℃とか行かなくて本当によかったです。



で、現状こんな感じ

R0012707

水草は1ヶ月前のピンチカットからトリミングしていないです。
陰性のナナとミクロソは着実に増えている感じです。



R0012709

ハイグロフィラポリスペルマセイロン。
貧栄養状態からか成長速度が著しく遅いです。
頂芽が出る速度も遅く、新芽を爆殖してるミナミに食べられたり
コケはほとんどついてないので、維持管理する上で都合のいい成長速度になってくれています。

ちなみに画面真ん中に見えるつぼみはアヌビアスナナの花です。
今2箇所でこのつぼみが出てきています。結局枯れるのでカットしなければならないんですが、
CO2とか肥料を入れなくても咲くものなんですね。



R0012710

ハイグロフィラポリスペルマ。
CO2なし、貧栄養状態であるため、節目の感覚が非常に狭くなってます
こちらも成長速度は激遅です。手間がかからないです。




R0012695

爆殖したミナミ。
最近ではコリの餌を強奪するようになり、写真のように、真昼間から
「俺達の天下だッッ!!」と言わんばかりに前面に臆面もなく出てきます。




R0012704

ナナの葉や流木に、ちょこんといるのがプリティーなコリドラスピグミー(*´∀`)
何倍も体長がある他のコリ達と一緒にいるので、餌が食べられるか心配だったんですが、
餌にありつけるように多めにあげれば大丈夫なようです。




R0012697

グリーンネオン。
最近はグリーンネオンの警戒心が強く、隠れる場所があると、すぐに隠れてしまいます。
カージナルやネオンもそうなんですが、一回水槽内をジャングル状態にしてしまうと野生を取り戻すのか
トリミングをしても以降は写真のように隠れるようになってしまうことが多いです。
全く隠れる場所がないようにすればまた人に慣れるんですが・・・




R0012528

・・・・・?(;・∀・)えっ?・・・・・



R0012527

・・・忍法かなんかですか???


ヒメタニシです。
あまりにも見事に水面にひっついていたので思わず撮ってしまいましたw
稚貝が浮いていたりするのは時々見るんですが、この大きさではびっくり。




R0012712

最後はコケです。
コリ水槽では餌を多くやっているためか流木にスポット状の黒髭コケと、この緑髭コケがついてます。

実はこの緑髭コケが結構好きなんですw綺麗じゃないですかw

生えてきてほしいコケなんですが、実際はなかなかお目にかかれなかったり、生えてきても黒髭コケに比べて
活着力が弱く、繁殖力も強くないので大抵は自然消滅してしまいます
現在は黒髭コケより緑髭コケが増えてきています。極度の貧栄養状態が関係しているのでしょうか?謎です・・・

また、黒髭コケがスポット状であまり成長していないのはミナミが喰っているからだと思います。
実際にツマツマしているのを何度か見ています。ミナミも腹が減れば黒髭コケだって喰うんですねw



では、今日はこの辺で( ・ω・)ノ
記事検索
参加ランキング
にほんブログ村
でランキング参加中!!(・∀・)
応援してくれる方はクリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

アンケート
アンケート
多国語翻訳
livedoor プロフィール

アクアでまったり@...

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ