北方謙三さんの『水滸伝 16 馳驟(ちしゅう)の章』を紹介します。

北方謙三さんは、1947年佐賀県生まれ。中央大学法学部卒業。
1981年「弔鐘はるかなり」でデビュー。
1983年「眠りなき夜」で吉川英治文学新人賞。
1985年「渇きの街」で日本推理作家協会賞。
1991年「破軍の星」で柴田錬三郎賞。
2004年「楊家将」で吉川英治文学賞。
2006年「水滸伝」で司馬遼太郎賞。
2007年「独り群せず」で舟橋聖一文学賞。
2011年「楊令伝」で毎日出版文化賞特別賞。


さて本書。
上記の通り、司馬遼太郎賞受賞作。
全19巻の大作の第16巻は、
梁山泊と官軍の全面戦争の中で繰り広げられる、
女の闘いと子供の成長などを感じさせる巻です。

燕青(えんせい)と洪清(こうせい)の静かで激しい闘いは、
北方謙三さんならではの筆致でとても読みごたえがあります。

青蓮寺が新しく変わります。
童貫(どうかん)がとても強く、
梁山泊にとって相手に不足は無い、といったところでしょうか。
今後が非常に楽しみです。


関連ブログ:
    『独り群せず』北方謙三
    『望郷の道』北方謙三
    『水滸伝 1 曙光の章』北方謙三
    『水滸伝 2 替天の章』北方謙三
    『水滸伝 3 輪舞の章』北方謙三
    『水滸伝 4 道蛇の章』北方謙三
    『水滸伝 5 玄武の章』北方謙三
    『水滸伝 6 風塵の章』北方謙三
    『水滸伝 7 烈火の章』北方謙三
    『水滸伝 8 青龍の章』北方謙三
    『水滸伝 9 嵐翠の章』北方謙三
    『水滸伝 10 濁流の章』北方謙三
    『水滸伝 11 天地の章』北方謙三
    『水滸伝 12 炳乎(へいこ)の章』北方謙三
    『水滸伝 13 白虎の章』北方謙三
    『水滸伝 14 爪牙の章』北方謙三
    『水滸伝 15 折戟(せつげき)の章』北方謙三


人気ブログランキング人気ブログランキングへ