マッツ〜の富山釣りブログ!

こんにちは、マッツ〜です。
5月2日の夜から5月6日の昼までフォロワーさんのウォーカー氏と一緒に愛媛県にエギング中心の遠征に行ってきました。

到着したのは5月3日の朝方、現地の友達と合流しそのまま朝まずめ狙いで近場のポイントへ

がアタリも無く坊主。その日はいろいろなポイントを回りましたが釣れず。

5月4日
この日は昼から沖磯に行き青物狙い。
今年司工房さんから出たnitro180 で是非とも出したい


雰囲気はすごくありトップを引き倒しましたが全く反応なし。チラッとウォーカー氏の方を見ると竿が曲がっている!
近づいて見に行くとヒラスズキ!

この後自分は青物を狙い続けましたが1バイトも得られず撤収。ウォーカー氏はヒラスズキ三本、友達は良いサイズのグレを釣っていました。

沖磯から帰ったあと渡船がある漁港の近くのエギングポイントへ。
堤防にスミ跡がいくつかありいい感じ。しばらくシャクルも反応得られずこの日は終了。

5月5日

この日は朝から船を借りてタイラバ&ティップランへ
まずは鯛場へ行くもショートバイトのみで掛けれずティップランポイントへ。最初にウォーカー氏のロッドが曲がる。上がってきたのはキロ程のモンゴウイカ(正直羨ましい)

その後しばらく反応なく藻場周りのポイントへ。このポイントは駆け上がりがあり急に浅くなっている。
とりあえず1流し目。潮がそこそこ流れており着底が取りにくい状態。ティップランエギを流しながら駆け上がりに差し掛かった時にティップがフッと戻る。アワセを入れるとヒット!グイグイっとサイズは小さそうだか間違いなくアオリの引き!慎重に寄せてゲット!


ここにきてやっとボ抜け。長かった…

続いて2流し目。先ほどと同じところに差し掛かったところでグッとティップが入る!ヒット!少し良い引きでサイズアップ!

600g程。

その後このポイントでしばらく流してアタリはあるものの掛けれず唯一かけたのは新子サイズ。


この後風が強くなり良いポイントが引けなくなったので撤収。人生初ティップラン楽しかった。




5月6日

帰る日、朝4時半に起き友達と別れ4日に下見程度にやったスミ跡ポイントへ。堤防を見ると先行者がロッドを曲げている!近づいて見るとイカでは無いっぽい。ランディングして上がってきたのは良いサイズの真鯛!羨ましい…

真鯛の事は気にせずエギを投げ続ける。潮がほとんど流れておらず全く反応が無い。プチ移動して堤防根元のロープ側にショートキャスト。沈めてしゃくってくると200gほどの新子が2杯フラフラっと着いてきた!が3.5号では抱かずに見ているだけ。そこで3号に変えて打ち直すと一発で抱いてくるも掛け損ねる…
その後そのポイントは反応なくタイムアップ。帰る準備をして帰路につく。

と帰る途中に気になる漁港が…

ウォーカー氏にここ少し見ていきましょうと言って車を降りる(笑)

チラッと見ると新子サイズが沢山います!ウォーカー氏と相談して1時間半ほど撃っていくことに。沖にキャストし2投目で500gくらいのイカがついてきて何の警戒心もなく抱いたのでアワセるとフッとアワセ切れ…
勿体無い…(今思うとこれが良かった)

ウォーカー氏は200g無いくらいのアオリを釣っていました。

ラインを縛り直してしばらく投げていると沖でフッとラインが引っ張られてヒット!


秋イカサイズだがショアで釣れたのですごく嬉しい。

ふと横を見るとヤエンの方の竿が曲がっている。見ていると余裕でキロはあるアオリイカ!ますます帰れなくなる。

堤防の先端の方が空いていたのでウォーカー氏と先端に。

数投するとウォーカー氏にアタリあるも乗せれず(´・ω・`)


自分は暖色系のカラーを投げるも反応無し。天気は曇り。こんな時に強いのが銀テープ。

YAMASHITAのエギ王Q LIVEのコノシロカラーを投げ1投目。

少しシャクってきたところでラインがフッとフける。アワセを入れるも乗らず。誘い直すとまたラインがフける。また乗らず。そして誘い直して3度目。今度はラインがギュッとひかれる。1テンポ置いてアワセ!竿が弧を描く。動かない。根がかりかと思うほどに重い。一瞬の間を置いてから強烈なジェット噴射が始まった…

キツ目のドラグ設定だったEXISTからラインがひきづり出されていく。止まらない。たまらずドラグを緩める。20mほど走られたところでやっと止まった。寄せ始める。重い。とてつもなく重い。だが確実に寄ってきている。たまにくる噴射で毎度ヒヤヒヤする。ゆっくり寄せてくると海の中に白い塊が見える。デカイ。デカすぎる。

浮いた。今まで見てきたアオリイカの数倍の迫力。ウォーカー氏にタモ入れをお願いする。無事入る。


胴40cmは余裕で超えている!富山目線で申し訳ないが僕にはモンスターに見えた。釣った直後、なぜかすごく落ち着いていた。

たまらずブツ持ち!




重量2950g 胴長45cm

地元では99%釣れないサイズ。

徐々に嬉しさがこみ上げてくる!
本当に嬉しい。嬉しすぎる!おそらくもう一生釣れないであろうサイズ。


ありがとう愛媛県!ありがとうウォーカー氏!ありがとう友達!

全てのものに感謝して愛媛県を後にしました。

この遠征で確実にスキルアップできたと思っています。信じて投げ続ければ本当に釣れるということを改めて学びました!またTwitterなどでリプを下さった方、改めてありがとうございました!

次はいつ行けるかわかりませんがまた行きたいと思っています。

ウォーカーさん、友達、本当にありがとうございました!





こんにちは、マッツ〜です!

夏の終わりも近づいてきてイカの王様、アオリイカの釣果がポロポロと聞こえてくるようになりました!

ということで自分も海へ!

メバルタックルに2.5号のエギをつけてキャスト。ある程度沈めてシャクるとスッと糸が走りバシッと合わせるとグイングイン!

この感触、なんど味わっても飽きません。寄せてきてゲット!



サイズはコロッケサイズでこの時期にしては大きいサイズ!

ポロポロと釣れます


食べる分だけ釣って納竿しました!



お久しぶりです!マッツ〜です(^O^)/

更新頻度が低いのはお許しくださいm(_ _)m

ここ1ヶ月ほど地元に産卵絡みのアジが回っており尺サイズが2本、20upがぽこぽこ釣れます。




というわけで今日もアジ狙いでポイントへ。

ついて1投目でコツっとヒット!


20up!今日は調子良いのか!と思いましたがそこから豆が連続…

釣っても豆、豆、豆…

たまーに20cmくらいのが混ざりますがあまり良くない。するとすぐ近くで「ボコン!」という音!音源に目を向けるとデカイ魚が単体で何かを追っている模様!

すかさず持ってきていたジギングタックルでキャストするも反応なし。ボイルが沈んでしまったのでアジングをして再開したところでドラマは始まったのだ…

34のダイヤモンドヘッド1.5gに34のメデューサをつけキャスト。ボトム付近まで沈めてチョンチョンチョンと中層まで誘ってくると「ズン」と重さが。合わせると重い。根魚がボトムから追ってきたかな?と思った瞬間。15イグジストが唸りをあげます。チューーン!!ドラグが止まりません!周りで釣りをしていた釣り仲間も「なに?なに?なに?」という感じで見てます。30mくらい一気に走られいつ切られてもおかしくない状態。
この魚をかける前に根魚をかけてリーダーに傷が入っていました。PE0.5号にリーダー1.5号。
とりあえず少しだけドラグを締めファイト開始!


巻いては出され巻いては出されを繰り返す。頭振ってて青物っぽい感じです。

ATDを駆使しつつ寄せてくると正体はガンド!

網もアジ用の小さい網しかなく釣り仲間のつよぽんさんに手伝っていただきハンドランディング!



64cmの立派なガンド!(尾びれ欠けてますが

これは今までにない良い経験になりました!

会社に遅刻しそうだったのでその後すぐに出勤しました笑

それではまた!


このページのトップヘ