トップページ » キル・ビル Vol.2

キル・ビル Vol.2

「1の方がインパクトがあった。」
これもまた、正しい感想なのかもしれません。
でも、いい映画ってのは、冒頭は必ずインパクトがあります。1は「キルビル」という映画全体を考えると、起・承になるのです。1だけ観てもダメだし、2だけ観てもダメ。1本の映画だと考えると、こんなにスリリングで上手くまとめあげられた映画って、そうないと思えるはずです。
僕がそれを強く感じる理由は、1でのバイオレンスっぷりを、「復讐」ではなく「愛」で肯定し、同時に否定するところ。1でのキツイ描写が効いてるからこそ、観ているものは納得させられ、結末に涙できるのだと思うのです。

と、後はキルビルのもう一つの面、QTの趣味の世界、の話ですが・・・


なんと言っても、中国修行回想〜エルとの対決、がツボでしたね〜。まんま、カンフー映画!師匠への反発、厳しい修行、師匠の仇との戦い・・・!エルを殺さないところがまた憎い!
エルが師匠の仇だと知った時のブライドの顔へのズームや、中国修行の回想シーンのフィルムの色、たまらんかったっすね。僕らがTVで夢中になった、あのブルース・リーやジャッキー・チェンの映画のそれなんですから。(「酔拳」を思い出したのは、僕だけじゃないはず。)
で、このカンフー映画の流れは最後の最後まであって、ビルの死にまで及ぶのです。ビルの死のあのカットは、風景、アングル、長さ、すべてがカンフー映画の「間」なんですよねぇ。(ここでは、ドラゴン危機一髪」とか思い出したなぁ)
この映画のクライマックスにふさわしい、趣味に走った素晴らしいシーンでしたねー。

で、そのクライマックスにはもう1つ仕掛けがあって・・・
ブライドとBB、2人で子連れ狼を観るシーンを入れることによって、この映画全体が子連れ狼へのオマージュである事を訴えているのです。で、ブライドの死を連想させる。ところが結末は・・・なのですよ。まぁ、これはQTならではの、マニアックな仕掛けですよね。子連れ狼を見た人しかわかんないんですから。

すべてが終わり、エンドロールを見ながらこの長い愛の物語を思い返す。その時に、映像付きのクレジットがまた憎いくらい余韻を増幅させてくれるのです。
更に、長いエンドロールの一区切り、ブライド、というか、ユマ・サーマンのウインクに、やられた!と。
んで、最後の最後のおまけ、ユマの「もう一回」。
ほんとに、最後の最後まで完璧。DVD、買わねばー。

matu_hmatu_h  at 11:29
トラックバックURL
トラックバック
1. Kill Bill Vol.2ジャパンプレミア行ってきたよ。  [ Ob-La-Di, Ob-La-Da ]   2004年04月26日 12:40
いやー。興奮した、ジャパンプレミア。 上映前に何か演出あるっぽいなぁって思ってたら、出ましたよあのお方が! そう、布袋寅泰がVol.1のサントラに入ってる曲「Battle Without Honor or Humanity」を生で演奏してくれた。 すっごい驚いた。 ホントかっこよかったぁ〜。 あ
2. KILLBILL vol.2 ザ・ラブ・ストーリー  [ Cat Tail * cinema ]   2004年04月26日 20:35
監督・脚本:クエンティン・タランティーノ 出演:ユマ・サーマン、デビッド・キャラダイン、ダリル・ハンナ 他 レビュー キルビルVol.1の直後から続く続編。復讐すべき相手は5人。 パサダナでヴァニータ・グリーン(ヴィヴィカ・A・フォックス)、東京でオーレ
3. キル・ビル Vol.2  [ Black Pepper's Blog ]   2004年04月29日 22:55
「キル・ビル Vol.2」公開されましたね。 さっそく観てきましたよ。 オタク根性丸出しの切りまくり活劇。 女ひとりの「怨み節」の旅はどう結末を迎えるのか。 そして副題の「ザ・ラブストーリー」の意味とは。 そもそも意味なんてあったのか(笑) 監督・脚本:クエンティン
4. 「キルビルvol.2」を観てきました  [ **MENTHOL BLOG** ]   2004年04月30日 01:24
いつもながらのQTワールドも健在!! vol.1から発展した深いテーマが描かれた作品ですね〜
5. タランティーノ監督、ユマ・サーマン主演「キル・ビルVol.2」  [ 西沢千晶のシネマ日記 ]   2004年05月05日 19:16
クエンティン・タランティーノ監督、ユマ・サーマン主演の映画「キル・ビルVol.2」を観た。 「キル・ビルVol.2」は、昨年秋に公開されたバイオレンス映画「キル・ビル」の続編で、今回の「Vol.2」で完結となる。 「キル・ビル」は、暗殺集団から抜け出したユマ・サーマン演
6. Kill Bill  [ room503 ]   2004年05月10日 01:10
監督/製作/脚本:クエンティン・タランティーノ  出演:ユマ・サーマン/ルーシー・リュー/ダリル・ハンナ/デビッド・キャラダイン/千葉真一/栗山千明/ダリル・ハンナ/マイケル・マドセン Kill Bill vol.1 は見逃したのでDVDで、vol.2は映画館に見に行ってきました。 いろん
7. キル・ビルVol.2 (その1)  [ 【銀太郎的映画感想文】 ]   2004年05月12日 09:55
鑑賞速報にコメント有難うございました。やっと感想文その1がアップできましたので、こちらからTBさせていただきます!
8. 「KILL BILL Vol.2」でXserve  [ A → Z : Xserve ]   2004年05月12日 14:18
「キルビル2」の試写会に行ってきた。 Vol.1を“動”だとすると、Vol.2は“静”。あいかわらず過激な描写を道具として使っているし、血みどろ笑グロアオミドロなイカすナンセンスサウンドトラックなんだけど、根底には副題に「ザ・ラブ・ストーリー」とあるように、いたって
コメント
1. Posted by mikichin   2004年04月26日 12:53
お仕事の後に観てこられたようで、お疲れ様でした。

>なんと言っても、中国修行回想〜エルとの対決、がツボでしたね〜。

私も本当にそう思いました。
金髪の大女がトレーラーハウスなんて狭いところで対決だなんて。。。
QTらしいというか何と言うか。
私はこの場面で、バドの日本刀への愛、ブライドの師匠への愛を垣間見ました。

まだまだ観ないと気がすまなさそうです。
2. Posted by 松   2004年04月26日 13:33
トレーラーハウスでの決闘、窓から外に飛び出して・・・と思いませんでした?見事に期待を裏切ってくれました。(いい意味で)
こういうシーンを見ると、オマージュの多いこの作品ではあるけれど、QTの世界も存分に現れていて、その世界観が実におもしろい、と思えました。

あの一連のシーンでの愛は、それに加えて、エルのブライドへの歪んだ愛、もありましたよね。
エルが電話に出るとき、必ず「ビル?」と言うのにも、愛を感じました。
まさに、ラブストーリー、でしたね。

DVDBOX、即買いですねぇ。(笑)
3. Posted by mikichin   2004年04月26日 22:27
>エルのブライドへの歪んだ愛、もありましたよね。

そうですね。ある意味そうかもしれませんね。
エルは絶対にブライドに対してライバル心どころか嫉妬心を持っていたはずですから。
でも、そのブライドがいなくなったということを聞かされたエルの表情や言動の中に、何とも複雑な感情を見たような気がします。

お昼のコメントで書いた、バドの刀への愛情ですが、これはビルへの兄弟愛の方が適切かもしれませんね。ビルから貰った刀だったのですから。
4. Posted by 松   2004年04月27日 11:06
兄弟愛、そうですね。
ブライドの刀はあっさり売ったわけですから、そうなんでしょうねぇ。

エル・ドライバーはおもしろいキャラクターでしたね。彼女はブライドと対極の存在であり、同時に一番似ていたのかもしれません。

子連れ狼vs座頭市、はあるのかな・・・。
5. Posted by 銀太郎   2004年04月27日 21:10
>子連れ狼vs座頭市、はあるのかな・・・。
やめてぇ〜。
6. Posted by 松   2004年04月28日 09:13
「キルビル外伝〜三途の川の唐人剣〜」
ですよ。ふふふ。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星