トップページ » 日本の映画に思う事

日本の映画に思う事

なんでこんな話をしようかと思ったかと言うと、昨日書いた「下妻物語」の感想NUMBのlin君がくれたコメントがキッカケでして。

「邦画はこんな緩さと迎合するしか興行の成功に結びつかないという途轍もないジレンマに陥っている。」
とは、NUMBの「スウィングガールズ」の記事に対して書かれたkkkさんのコメントですが。
なぜこういう状況に陥ってるのか?を考えた時、僕が真っ先に思うのは「TVの存在」なのです。

今、劇場に足を運ぶ人のほぼ全員が、TVから「無料の奉仕」を受けています。
全部がそう、とは言いませんが、質の良いドラマやドキュメンタリー、おもしろいバラエティー、等を毎日見ているわけですね。

そうなると、わざわざ劇場へ足を運び、お金を払って映画を観る、という行為にどれほどの利益があるのか、となるわけで。

そこで、ですよ。
乱暴な言い方ですが、「毎日そこらで見ている犬をわざわざ金払って見ないよ。パンダなら見に行くけど。」
という発想が生まれるのです。
生まれるはずなのです。

例えば、TVの放送コードに引っかかる描写、とかね。
(安易ですが、個人的にはアリだと思ってます。)

が、しかし。
今、劇場で興行的に成功している作品の多くは、不思議な事に「ちょっと変わった犬」達なのです。

代表的なものが、TVドラマの劇場版、としてヒットし、2まで作り、スピンオフで2本も出しちゃった「アレ」です。
「アレ」がなぜヒットしたのか。
それは、見る側にとって身近だったから、に他ならないのです。
TVのがおもしろかったから見に行こう、という、なんとも保守的というか、安全なものだったのです。
更に、この安全さが、他人との接触にも大いに役立つというオマケまでついてきたもんですから、ある意味「癖」になったのではないでしょうか。

そして、作り手は見る手の多くが安全なものを望んでる事を理解し、駅の真ん中で助けを呼んでみたり、あんた今日からハチね、って言わせて見たりしてるのではないでしょうか。

それが悪いとは言いませんが、ただ、こんな作品ばかりがヒットして、メディアに持ち上げられてるという現実がイヤなんです。
そして、いつか日本はこの手の、安全で確実に興行成績が見込める作品しか撮れない国になってしまうのではないか!?、と、かなり過大妄想的に思ってしまうわけなのです。

こんなんじゃ、、新しいものが何も生まれない!
もっと「パンダ」とか、なんだったら「世界に一羽しかいない鳥」とか見せてくれよ!
それが見られるように、メディアももっと協力してくれよ!
と、僕は思うのですが。いかがでしょう。

追記
許可なしリンク、及びコメント引っ張り出しをしてしまって、申し訳ない。不具合があったら消すんで、言ってくらはい。>りん&kkkさん

続・追記
文中登場した作品に、なんの恨みもありません。はい。

続続・追記
これは「不幸の記事」です。
読んだ人は、同じテーマで記事を書きましょう。



matu_hmatu_h  at 17:54
トラックバックURL
トラックバック
1. 邦画についての一考察  [ NUMB ]   2005年11月21日 23:14
Drifting Cloudsさんの記事「最近の邦画に思うこと」を受けて、自分の感じていることもまとめてみた。
コメント
1. Posted by lin   2005年11月17日 01:33
ぁ、凄い展開にw
もうタイアップで売れるものは皆売れ方式ですね。
アレで味をしめたのか、最近は節操ないメディア先行の売り方が当然の周知の事実的なことになっていて、そういう歯車に乗らない映画は陽の目を見る機会が余計に減るでしょうね。
共感を呼び大衆に受けるという価値観が映画の絶対性であるかのように持ち上げられる「一般論」(「泣ける映画」が素晴らしいという「一般論」も然り)においては、下手すると映画が2時間ドラマなんかと変わらないものになる危険性すら感じますよ。(一部なってるのもありますね、室井さんw)。観客の機嫌とってどうするんだろうか、と。↓続く
2. Posted by lin   2005年11月17日 01:36
続き)
勿論映画が産業として成立する為に興行的な部分を度外視することなど不可能なわけですが、観る側の人間はメディアが作り上げた虚像に踊らされている気もしますね、俺も含めてw。

映画が芸術だなんてほざくつもりは全くありませんが、判りやすいものだけが容認され、メディアに蝕まれたマジョリティに淘汰されていくような最近の邦画の趨勢にはやはり疑問を感じます。シネコンの影響もちょっと感じつつ。
ってか、ココに書いちゃったけどいいんですかw(そういえば今年の目標は他人の話を聞こう、だった。
3. Posted by 松   2005年11月17日 11:37
>りん
映画ってのはそもそも「観客に喜ばれるものを撮る」ってのが前提にあるのはわかるんだけど、言うように、「機嫌をとる」とは違うはず。
40年前のTVが一般家庭にない時代とは事情が違うと承知しつつ、やはり黒澤、成瀬、小津、なんて名前を出したくなってしまいますよ。

最近、地上波で「いぬのえいが」を観たんだけど、「世にも奇妙な物語〜犬バージョン〜」って感じで(まぁ、TV用に編集されてたのも大いに影響があったと思うけど)、あれをわざわざ映画館でやる理由ってなんだろう、と思った。
(続く
4. Posted by 松   2005年11月17日 11:37
ただ、だからといって単純に、映画の質が下がってる、と思うわけではなく、むしろ、TVで放映されるものの質が上がってる、とも取れるのではないかと。
このことによって、映画の価値を向上させる(映画にしかできないものを模索する)という方向性なら、なんら問題はないんだけれども(例えば、欲しい夕日のワンカットの為に何日でも待てる状況、とか)、どうも作る側も見る側も「同一」という方向に進みたがってるような気がして、違和感を感じる。
(更に続く
5. Posted by 松   2005年11月17日 11:38
メディアに踊らされるのは、受身という立場的に、もう仕方ないと思ってますよ。
で、踊らせる方が、もっと映画を好きになって、大事に扱って欲しい、と思うわけで。
やっぱり、タイアップがなくてもいい映画はたくさんあって、それを評価できる場がちゃんと確立されていれば、そこに道ができるのではないか、と。

>判りやすいものだけが容認され、メディアに蝕まれたマジョリティに淘汰されていくような最近の邦画の趨勢にはやはり疑問を感じます。

結局これだよね。
「この映画は泣ける!」を連呼する宣伝も、これに尽きると思うし。
(もうちょい続く
6. Posted by 松   2005年11月17日 11:44
行定監督が「自分が大作を撮る意味」を「北の零年」で語ってたけど、結局興行的にそう成功しなかった事が、今の日本の映画の扱いを物語ってるようで、なんとも・・・。

で。
自分とこでもやんなさいよ!キィ!
りんとこでやると、反応多そうだし、おもしろそうやん。

と。
コメント欄の文字制限数、増やせ!
(と、自分ちにキレて終わってみる。
7. Posted by かるかん   2005年11月28日 18:44
興味深いテーマ ハケーン。
普段、そういやあんまり邦画を見ない者からも書き込みを。

どうして自分が邦画に興味をもてないのか、
考えても分からないのでしばらく理由を追求するのを
放棄してたんだけど‥

「毎日そこらで見ている犬をわざわざ金払って見ないよ」
っての、すっごい的を射てるね。ハっとしてもうた。
テレビで見るのとそう大して変わらない(であろう)ものを、わざわざ劇場に行ってまでは観ないよなぁ‥。

そして思うのが、「この話をどうして映画として劇場でやる意味って何だろう?テレビじゃダメなのか?できないのか?」と
(まぁまっつんの言う、TVの放送コードに引っかかる描写
とか、特撮やスケール感を売りにしてる作品は別として)。





8. Posted by かるかん   2005年11月28日 19:03
<続き>
↑訂正;「この話を映画として劇場でやる意味って何だろう?」だ‥すまぬ。

それじゃ自分が洋画ばっかり見てるのは、
普段地上波で洋モノドラマは沢山放送してないから、
ってのだけが理由なのかな‥?(と自問自答)。

う〜ん、それだけじゃないような気がするけど、
今のところは上手く理由を分析して書けないや、トホホ。

偏見だらけで少々スパークするとだな(笑)、
邦画って「分かる人だけ観に来て、そして分かる人だけで
面白さをシェアしましょ」的な匂いを感じてしまうのだよ、
たまに。
客の方から大いに歩み寄って、客の方からとても親切に
内容を酌んであげ、理解&共感をしてあげる感じ。
今のところ自分はその歩み寄る作業が面倒くさくて、
あまり邦画を観てないのカポネ‥


9. Posted by かるかん   2005年11月28日 19:03
<続き:これで一応ラストです>

おすぎが「現在の邦画の多くは、自分の周囲四畳半くらいの視点でしか描いてない」と言ってたらしい
(詳細忘れたけど、こんな感じのコメント)。
う〜ん、なるほどねぇ。

こんな自分でも、年数かけて少しずつ見ていってる深作欣司
とかは「面白い!」って楽しんでるのだよ、かなり。
あ〜、これって老人の懐古主義なのかな!?(笑
10. Posted by 松   2005年11月29日 12:11
>かる
深作欣二とは。なんともかるらしいセレクトだなー。
「里見八犬伝」クラスの映画なら、割と今もたくさん上映されてまっせ。(笑

>邦画って「分かる人だけ観に来て、そして分かる人だけで面白さをシェアしましょ」的な匂いを感じてしまうのだよ、たまに。

そういう雰囲気を変えようとしたのが、「踊る」であったり、「セカチュー」なのかもね。
でも、それによって、「誰でもわかる映画撮った方が売れるから、そういうのばっか作りましょうよ」的なニュアンスが強くなってるような気が。
そればっかりじゃつまんないから、「分かる人だけ観ればいい」って映画もやっぱり撮り続けて欲しい、ってのが僕の理想ですわ。
11. Posted by 松   2005年11月29日 12:12
提示された物を如何に理解するか努力する、という作業に苦痛を感じるかどうかは個人差があるだろうけど・・・例えば、そういう理由で避けられがちに思う黒沢清監督の作品なんかは、実は観てみると娯楽性も盛り込みながら、明確なテーマを感じられる、という、なんとも映画らしい映画なんだよね。それこそ、深作監督に近いコンセプトじゃないかな、とも思ったり。
で、それがほとんど国内で評価されない今の状況が、個人的には歯痒いというか、怖いというか・・・
12. Posted by 松   2005年11月29日 12:12
洋画、特にハリウッドの映画は、映画でしか出来ない事をガンガンやってるんだけど、それはそういう形が向こうでは定着してるから、ってのも大いにあると思う。例えば、映画俳優は映画しか出ない、とか、予算の桁が違う、とか。映画にちゃんと付加価値があって、それを上手く利用してると。
日本の場合、映画俳優と呼ばれる人はほんの一握りだし、予算、時間も制限が多いので、TVドラマとの明確な差別化が難しいんじゃないかな。

と。
最後に、ちょっとおすぎに反論させてもらうと。
「四畳半の視点に世界が凝縮されてる事もあるんですけど。」
って事で。(笑
13. Posted by lin   2005年11月30日 02:12
>客の方から大いに歩み寄って、客の方からとても親切に
内容を酌んであげ、理解&共感をしてあげる感じ

「贅沢な骨」「ヴィタール」「Helpless」とかいきなり思い浮かべて見ましたがどうですか、何なら「アカルイミライ」で(爆死w
はっきり言ってどうでもいいような雰囲気映画で自爆してる自主制作みたいなの実際多いですからね、そういう印象って凄くよく解りますw。内容はともかく「小難しい」匂いって奴ですか。ただそんな判り難いタイプの映画は実は邦画だけに限られるわけではないのに偏見があることもまた確かだと思うんですよ。
ぁ、でも今は行定さんが「セカチュー」で犬童さんが「タッチ」だからな、作家性もクソもないのか。やりたいことやったキリヤさんの方がよっぽど映画監督らしいじゃないか、と。
14. Posted by lin   2005年11月30日 02:26
四畳半、単におすぎがハリウッドエンタメ好きなだけじゃないのかなw、映画では夢を見たいって奴。
ま、邦画は地に足がついた(=ショボい)身近なところで(=金がない)リアリティを追求して(=夢がない)いる作品が多いから!「リアリズムの宿」なんです!(適当

深作繋がりですが、深作Jr.の「同じ月を見ている」もヤクザ乱闘シーンはリアルだったです。さすがに親子って感じでw。
ってか「ダブリン上等!」観ましょう(邦画じゃねぇし。
15. Posted by 松   2005年11月30日 14:33
>りん
「贅沢な骨」・・・苦手だ。(笑

小難しい、というか、心情的な部分に重点を置いた映画が邦画に多いのは確かだよね。極端に説明が少ない事によって、理解しがたい雰囲気を作り、わざと観客を突き放す作りにしてたりとか。
で、言うように、それって洋画でも・・・特にフランスやイギリスでもバンバン撮られてて、でも、同じような扱いをされてるように思うな。
実は、そのフランス映画、イギリス映画の匂いが偏見を生んでるんじゃないか?と思ったりするんだけど、それは考えすぎか。

16. Posted by 松   2005年11月30日 14:36
で、おすぎの映画の褒め方は、正直共感できなくて。(笑
あの人、アジアの映画にすんごい偏見があるように思うんだけど、気のせいかな・・・?

「ダブリン上等!」は正月休みのレンタルリストに入ってますわ。
ってか、こういう時は「ドッペルゲンガー」とか薦めるのが筋ってもんですよ!(観たけど
17. Posted by かるかん   2005年12月02日 14:36
>り
>>そんな判り難いタイプの映画は実は邦画だけに限られるわけではないのに偏見があることもまた確か

ぉぉ‥そうだな、言われてみれば。
(あれとか、これとか、と心の中で渦が巻く)。
まっつんも言ってるようにフランス映画とか、すっごい
そういうイメージだ(笑

>>地に足がついた(=ショボい)身近なところで(=金がない)リアリティを追求して(=夢がない)

す、すごい三点攻め。爆笑しちゃったよ。モノは言い様だと
実感する師走であることよ(笑
18. Posted by 松   2005年12月07日 14:24
フランス映画でも、ベッソンはハリウッド志向に思うし、「スズメバチ」とか派手な映画もあって。でも、フランス映画って事で避けてる人も多いかもね。
同じような事が、邦画でも言えるんじゃないだろうか、と。(これはかるの事じゃないく、世間一般のイメージのお話。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星