TARO 後攻サイドチェンジ

In

《トラップ・スタン/Trap Stun》×2

《強制転移/Creature Swap》×2

Out

《天空の宝札/Cards from the sky》×2

《朱光の宣告者/Herald of Orange Light

《ダスト・シュート/Trap Dustshoot

 

現環境で頻出の罠を三つ挙げるとすれば、
《スキルドレイン
/Skill Drain
《ダスト・シュート
/Trap Dustshoot
《ゴッドバードアタック
/Icarus Attack》だと筆者は考えている。
これらに対して効果的なバック対策として《トラップ・スタン
/Trap Stun》は優秀な一枚だ。


一つ、《スキルドレイン

発動したその瞬間にあるカードしか選択できないが、《スキルドレイン/Skill Drain》は
発動以降に引かれるカードに対しても効果を発揮するため、公開されている情報、
まだ公開されていない非公開情報いずれにも干渉する高い対応力を持っている。
そのため、《スキルドレイン
/Skill Drain》デッキと対戦する事になった際は
非常にゲームメイクが難しい対戦を強いられてしまう。
特に厄介なのは、《スキルドレイン
/Skill Drain》でこちらの行動が抑制されてしまって
いるがために他の罠を突破する事ができなくなってしまう事だ。
スキドレを攻略しようとカードを消費してしまうと、
その横にある罠を踏んで勝てなくなってしまう。
そのため、後引きでも場に置かれた全ての罠に対応できる《トラップ・スタン
/Trap Stun》は
有効牌であると言える。


二つ目、《ダスト・シュート
/Trap Dustshoot》。
これは主に「敵軍ターン・スタンバイフェイズ」に発動される事が多い。
本来先手か後手かでメインから外れてしまう事が多いこの罠だが、こと天使相手の際は
三戦全部通して残す事が主流となっている。
何故なら、手札にモンスターを溜め込む事が基本的な動きとなるため、いつでも
《ダスト・シュート
/Trap Dustshoot》を撃てるタイミングが存在するからだ。
そしてこの罠は「相手の、そのターン中の動きを把握する」という明確な意図を以て
使われる事が多く、その隣に配置される罠は「相手の動きを把握してはじめて機能するカード」
(例:《マインドクラッシュ/Mind Crush)である事が多々ある。
それを逆手に取れるのが《トラップ・スタン
/Trap Stun》である。
相手が《ダスト・シュート
/Trap Dustshoot》を撃ってきた所で使用すれば
その効果を無効にしただけでなく、その隣に配置された各種カウンターを全て無視して
動く事ができるので持ち札を全て使い切ってそのまま一気に勝ちへ近づく、という
相手の心理を利用したプランを実行することが可能となるのだ。


三つ目、《ゴッドバードアタック
/Icarus Attack》。
この罠は何より「数が増えてしまっている」事がこうした候補に挙がる要因となっている。
実際、『第
6回長野CS松本大会』において「BF」デッキは結構な勢力を誇っていた。
そのため《トラップ・スタン
/Trap Stun》で消したい対象として列挙するに足る罠である。


以上のように
《トラップ・スタン

標準装備されているため自らの構築を活かすために《トラップ・スタン/Trap Stun》が
採用されている。
さらに言えば、《サイクロン
/Mystical Space Typhoon》が70枚のカードの中に三枚採用
されている環境であるため《王宮のお触れ
/Royal Decree》がチェーン対応で割られて効果を
発揮できない事も時折ある。
そうした背景を考慮して、《トラップ・スタン
/Trap Stun》が採用されている事を忘れてはならない。

 

Game2

チョコバナナは、《終末の騎士/Armageddon Knight》を経由し
《BF−精鋭のゼピュロス
/Blackwing-Zephyros the Elite》を特殊召喚、
さらに《BF−疾風のゲイル
/Blackwing-Gale the Whirlwind》を並べて
《BF−アーマード・ウィング
/Blackwing Armor Master》をキャスト、
伏せカードを
1枚置くという流れるようなスタートダッシュを切った。

 

TAROの初手は
《TG ストライカー
/T.G. Striker
《TG ワーウルフ
/TG Warwolf
《マスター・ヒュペリオン
/Master Hyperion
《創造の代行者 ヴィーナス
/The Agent of CreationVenus》×2枚、
そしてドローは《激流葬
/Torrential Tribute》。

後攻としては申し分ない強力なハンドで、安定の《TG ストライカー/T.G. Striker
スタートを決める。


その時、チョコバナナの「勘」が働いた。

何の前触れもなしに《マインドクラッシュ/Mind Crush》を発動、
《創造の代行者 ヴィーナス
/The Agent of CreationVenus》を宣言した。

これにはTAROも驚きを隠せない。何の情報を与える事もなしに相手が
《マインドクラッシュ
/Mind Crush》を撃ってきて、
おまけに自分は不遇にもそれが被ってしまっている。

完全に運に見放された瞬間、手札を公開し

《創造の代行者 ヴィーナス/The Agent of CreationVenus》を落とすと、即座に
《マスター・ヒュペリオン
/Master Hyperion》を呼び出して進撃を開始する。

 

続くターン、チョコバナナは《BF−精鋭のゼピュロス/Blackwing-Zephyros the Elite》で
回収した《終末の騎士
/Armageddon Knight》を再び召喚し
今度は《ゾンビキャリア
/Plaguespreader Zombie》を墓地へ。
キャリアが場に戻ってきたところで
TAROは《激流葬/Torrential Tribute》を放ち、
エンドフェイズに《TG ストライカー
/T.G. Striker》から
《TG ワーウルフ
/TG Warwolf》をサーチして場を立て直そうと試みるが、
それ以降に置かれた《ライオウ
/Thunder King Rai-Oh》によって数ターンに渡って
全ての手札が機能を停止。


TARO
は投了を強いられるのであった。

 

  TARO 1-1 チョコバナナ




/Trap Stun》の環境的な強さ・カードとしての利点を書き連ねたが、
総じて《王宮のお触れ
/Royal Decree》と重なる部分が多い。
こちらがカードを損失する事がないという点で本来なら《王宮のお触れ
/Royal Decree》に
軍配が上がる所であるが、
TAROのデッキには《奈落の落とし穴/Bottomless Trap Hole》が

/Skill Drain》。
このカードの最たる特徴は、「デッキコンセプトになる事」である。
《スキルドレイン
/Skill Drain》を使うデッキは存在する。
おまけに、それは環境的にも非常に効果的だ。
さらに《ダスト・シュート
/Trap Dustshoot》《ゴッドバードアタック/Icarus Attack》と
一線を画すのは、その効果の適用期間である。
《ダスト・シュート
/Trap Dustshoot》や《ゴッドバードアタック/Icarus Attack》は