チョコバナナは《強欲で謙虚な壺/Pot of Duality》を唱え、山札に回答を求める。

《激流葬/Torrential Tribute
《カードガンナー
/Card Trooper
《終末の騎士
/Armageddon Knight

の中から《激流葬/Torrential Tribute》を選択し、これでなんとか即死は避けられた。
《BF−精鋭のゼピュロス
/Blackwing-Zephyros the Elite》で《神秘の代行者 アース/The Agent of MysteryEarth》を戦闘破壊し、
二枚の伏せカードを用意してターンを返す。

 

TAROのドローは《神聖なる球体/Mystical Shine Ball》、そして2ターン目は《TG ストライカー/T.G. Striker》から《TG ワーウルフ/TG Warwolf》という、「TG」王道のアクションを決める。

《TG ワンダー・マジシャン/TG Wonder Magician》をシンクロ召喚し、
その能力で相手のブラフを見抜き伏せカードを指定する。これにはチョコバナナも
非常に苦い顔を浮かべた。
そう、先ほど手に入れた《激流葬
/Torrential Tribute》は、指定されたカードの隣に伏せられていたのだ。

しかしチューナーである《TG ワンダー・マジシャン/TG Wonder Magician》を
残してはおけない、チョコバナナは仕方なく《激流葬
/Torrential Tribute》を撃った。

 

《TG ワンダー・マジシャン/TG Wonder Magician》が消えた事でTARO
《大天使クリスティア
/Archlord Kristya》をドロー。
大天使を二体構え、チョコバナナを公開処刑するまでのカウントダウンが始まる。
相手の罠を剥いでから
TAROは《創造の代行者 ヴィーナス/The Agent of CreationVenus》を
安全に着地させると、早速《ガチガチガンテツ
/Gachi Gachi Gantetsu》を生成。
これで「BF」デッキお得意の《ゴッドバードアタック
/Icarus Attack》やビートダウンにも
対応できるようになった。

事実、返しのターンにチョコバナナの場に置かれた《カードガンナー/Card Trooper》は
山札を削るのみしか出来なかった。

 

TARO3ターン目。
《創造の代行者 ヴィーナス
/The Agent of CreationVenus》が手札から
《神聖なる球体
/Mystical Shine Ball》を呼び出し、《ガチガチガンテツ/Gachi Gachi Gantetsu
《神聖なる球体
/Mystical Shine Ball》をリリースし《マスター・ヒュペリオン/Master Hyperion
をアドバンス召喚。

そして、墓地を数える。

《神聖なる球体/Mystical Shine Ball》×3

《神秘の代行者 アース/The Agent of MysteryEarth

4枚。

 

最強の核弾頭《大天使クリスティア/Archlord Kristya》が、決闘の終わりを告げた。


   
TARO 1-0 チョコバナナ

チョコバナナ 先攻サイドチェンジ

in

《マインドクラッシュ/Mind Crush》×2

《混沌の落とし穴/Chaos Trap Hole》×2

《次元幽閉/Dimmensional Prison

out

《強欲で謙虚な壺/Pot of Duality》×3

《異次元からの帰還/Return from the Different Dimension

《ネクロ・ガードナー/Necro Gardna

有効牌への還元、という意図が特に見受けられるサイドチェンジである。展開の阻害となる《強欲で謙虚な壺/Pot of Duality》を思い切って全て外しただけでなく、アドバンテージを大量に獲得しながらメインフェイズで動いてくる天使相手に《ネクロ・ガードナー/Necro Gardna》が機能する場面は無く、《異次元からの帰還/Return from the Different Dimension》でワンショットキルを狙おうにも、キルパターンの確立はデッキ的に相手のほうが段違いに早い。

 

採用されたサイドボードとして《マインドクラッシュ/Mind Crush》は天使を相手するにあたり有効な手段として支持を集めている。《神秘の代行者 アース/The Agent of MysteryEarth》《強欲で謙虚な壺/Pot of Duality》《TG ワーウルフ/TG Warwolf》《トラゴエディア/Tragoedia》《冥府の使者ゴーズ/Gorz the Emissary of Darkness》《朱光の宣告者/Herald of Orange Light》そして「TG」各種の共通テキストなど、使用できるタイミングは、「TG代行」相手となればより多い。

そして《混沌の落とし穴/Chaos Trap Hole》というカードはテキストを一読するだけで現環境が理解できる一枚である。「代行天使」「暗黒界」というトップメタどちらに対しても使用できるカウンターだけでなく、リムーヴ(ゲームから取り除く)効果は《神の警告/Solemn Warning》にない副次作用である。《暗黒界の龍神 グラファ/Grapha, Dragon Lord of Dark World》や《マスター・ヒュペリオン/Master Hyperion》といった高い制圧力を持つモンスターを消しても蘇生効果を一度でも適用されれば目も当てられない。そうした背景から、《次元幽閉/Dimmensional Prison》も同じく、リムーヴは現環境において重要なポジションを占めている効果である事が理解できる。