DSCN5468

特殊召喚から効果発動まで全て許してしまい、

圧倒的、そしてこの場面ではあまりにも強力過ぎる《ダーク・アームド・ドラゴン/Dark Armed Dragon》。

 

一気に勝負が決まったかと思われたが、そうもいかない。

この登場時点で《ダーク・アームド・ドラゴン/Dark Armed Dragon》はその弾を失ってしまった。そのため後引きしたBrigadeの《次元幽閉/Dimmensional Prison》を踏んでしまう事態となる。

続くBrigadeのトップは《BF−極北のブリザード/Blackwing-Blizzard the Far North》。

呼び出した《BF−蒼炎のシュラ/Blackwing-Shura the Blue Flame》は《奈落の落とし穴/Bottomless Trap Hole》にひっかかってしまったが、《BF−疾風のゲイル/Blackwing-Gale the Whirlwind》の撤去には成功した。

 

絶望的な盤面さえも、Brigadeは少しずつ巻き返し始めた。

しかし、その逆転劇の開始はあまりにも遅すぎた。ここでエキストラターンに突入。

このときライフはげんかいくんが5400Brigade2150

《BF−蒼炎のシュラ/Blackwing-Shura the Blue Flame》の攻撃を通し350のライフで《冥府の使者ゴーズ/Gorz the Emissary of Darkness》を投げつけ、反撃しようとするが場に置かれた《スノーマンイーター/Snowman Eater》がモンスター1体分の打点をごまかしてしまいライフを奪いきれず、Brigadeは敗北を喫したのであった。

DSCN5470

















   Brigade 1-2 げんかいくん

   Result:げんかいくん Win

 

何度も何度もパフォーマンスと呼べるほどに劇的な場面が存在したこのミラーマッチ。

敗北してしまったとはいえ、Brigadeの高い人間力や堅実な戦術がそこにあった事はこの碑文に刻まれる。また、げんかいくんについても実績に裏付けられた確かな実力が披露され、両者のこの対戦はミラーマッチの難しさを学ぶ上で非常に参考になるマッチアップであったのは間違いなかった。

このヒエログリフを以て、両者の戦いを讃える事としたい。

 

 

Brigade 使用デッキ

モンスター(19)

ライオウ×3

BF−蒼炎のシュラ×3

BF−極北のブリザード×3

BF−黒槍のブラスト×3

BF−空風のジン

BF−精鋭のゼピュロス

ダーク・アームド・ドラゴン

クリッター

BF−疾風のゲイル

BF−月影のカルート

カオス・ソルジャー −開闢の使者−

 

魔法(10)

強欲で謙虚な壺×3

サイクロン×2

ブラック・ホール

月の書

死者蘇生

闇の誘惑

黒い旋風

 

(11)

ゴッドバードアタック×3

ダスト・シュート

奈落の落とし穴×2

神の宣告

神の警告×2

激流葬

スターライト・ロード

 

エクストラデッキ

A・O・J カタストル

A・O・J ディサイシブ・アームズ

No.39 希望皇ホープ

TG ハイパー・ライブラリアン

BF−アーマード・ウィング

アームズ・エイド

ブラック・ローズ・ドラゴン

アーカナイト・マジシャン

スクラップ・ドラゴン

インヴェルズ・ローチ

スターダスト・ドラゴン

マジカル・アンドロイド

大地の騎士ガイアナイト

氷結界の龍 トリシューラ

氷結界の龍 ブリューナク

 

サイドデッキ

ヂェミナイ・デビル×2

D.D.クロウ×2

次元幽閉×2

スノーマンイーター×2

大嵐

冥府の使者ゴーズ

連鎖除外(チェーン・ロスト)

魔のデッキ破壊ウイルス

霊滅術師 カイクウ

フォッシル・ダイナ パキケファロ

抹殺の使徒

Brigadeは突如として窮地に立たされる。