六岡一輝 先攻サイドチェンジ

in

《スノーマンイーター/Snowman Eater》×3

《次元幽閉/Dimmensional Prison

《トラップ・スタン/Trap Stun

《トラゴエディア/Tragoedia

《砂塵の大竜巻/Dust Tornado

《我が身を盾に/My Body as a Shield

out

《ドッペル・ウォリアー/Doppelwarrior》×2

《エフェクト・ヴェーラー/Effect Veiler》×2

《ダーク・アームド・ドラゴン/Dark Armed Dragon

《カオス・ソーサラー/Chaos Sorcerer

《ジャンク・シンクロン/Junk Synchron

《光の援軍/Charge of the Light Brigade

二枚目の《ドッペル・ウォリアー/Doppelwarrior》さえ不要と感じ、《スケープ・ゴート/Scapegoat》をメインデッキに戻して最終戦に突入する。

 

ニッチー 後攻サイドチェンジ

ニッチーは一回目のサイドチェンジと同じ内容でサイドチェンジを終える。

後攻を取らされた事で《次元の裂け目/Dimensional Fissure》のようなカードが機能しにくくなるのか、勝負の行方は果たして。



Game

 

三戦目、六岡一輝の初手は以下の通りであった。

・《ダンディライオン/Dandylion

・《大嵐/Heavy Storm

・《貪欲な壺/Pot of Avarice

・《我が身を盾に/My Body as a Shield

・《ライトロード・マジシャン ライラ/Lyla,Lightsworn Sorceress

ここで、ドローカードは《サイクロン/Mystical Space Typhoon》。罠への有効牌を四枚も握り、あとはキーとなるモンスターを引き当てるだけ。

少考し、壁と一枚の伏せカードを置いてターンを終了。

 

対するニッチーは《レスキューラビット》を投下、《セイバーザウルス/Sabersaurus》二体を並べて《エヴォルカイザー・ラギア》を生成。さらに《次元の裂け目/Dimensional Fissure》を設置すると、六岡一輝の表情が若干曇る。しかし特別苦しそうな表情を浮かべてはいない事を察すると、ニッチーは伏せカードを二枚用意して六岡一輝の様子を伺う事とした。

 

六岡一輝のドローは《デブリ・ドラゴン/Debris Dragon》。

しかし場の脅威をうまい具合に取り除きたくて、思わず考える時間が長引いてしまう。

まずは《ライトロード・マジシャン ライラ/Lyla,Lightsworn Sorceress》を通常召喚、これが通り《次元の裂け目/Dimensional Fissure》を割る事には成功。

場の裏守備は《ダンディライオン/Dandylion》。そのままターンを相手に渡した。

 

ニッチーは進軍を止めない。前ターンと同じく《次元の裂け目/Dimensional Fissure》《レスキューラビット》を戦場に投下、《ヂェミナイ・エルフ/Gemini Elf》二体を展開する。

攻撃の際に六岡一輝が《サイクロン/Mystical Space Typhoon》を投げてきて、裏守備は《クリッター/Sangan》や《ダンディライオン/Dandylion》のような墓地発動効果と判断しニッチーは《エヴォルカイザー・ラギア》の能力によりそれを妨害。《ダンディライオン/Dandylion》を除外すると、《インヴェルズ・ローチ/Steelswarm Roach》を生成し、相手の非公開情報に対して抑制をかけてニッチーは相手を圧倒する。

 

罠を攻略しようとしてもなお立ち塞がる脅威、しかし六岡一輝も3ターン目に《砂塵の大竜巻/Dust Tornado》を引き込む。最高のタイミングでの巻き返しを行いたい六岡一輝は、ひとまずターン終了を宣言した。

 

《スノーマンイーター/Snowman Eater》が手札に来るのを見てから、六岡一輝はようやく《大嵐/Heavy Storm》を超動する。これが通り《スキルドレイン/Skill Drain》が剥がれたのを見てから《スノーマンイーター/Snowman Eater》を着地させた。

 

ニッチーにも手が無い訳ではない。

その裏守備は《スノーマンイーター/Snowman Eater》なんだろう?と主張するかのように《抹殺の使徒/Nobleman of Crossout》を発動する。

 

しかし、これ以降の動きがターニングポイントとなった。

六岡一輝の伏せカードはまさかの《我が身を盾に/My Body as a Shield》。

破壊効果を適用する《抹殺の使徒/Nobleman of Crossout》はカウンターされてしまう。

 

《ヂェミナイ・エルフ/Gemini Elf》を追加し、《インヴェルズ・ローチ/Steelswarm Roach》から攻撃を開始。《スノーマンイーター/Snowman Eater》が捲れ《インヴェルズ・ローチ/Steelswarm Roach》が破壊される。その後もビートダウンを続けるが、設置した《スキルドレイン/Skill Drain》は《砂塵の大竜巻/Dust Tornado》によって呆気なく撤去されてしまった。

 

返すドロー、《ジャンク・シンクロン/Junk Synchron》を引いてから《デブリ・ドラゴン/Debris Dragon》をキャスト、《スノーマンイーター/Snowman Eater》を吊ってから誘発効果を使う事なく《ブラック・ローズ・ドラゴン/Black Rose Dragon》をシンクロ召喚して《ライトロード・マジシャン ライラ/Lyla,Lightsworn Sorceress》で落としていた《グローアップ・バルブ/Glow-Up Bulb》を蘇生、《スクラップ・ドラゴン/Scrap Dragon》を呼び出す。
3