ニッチー 先攻サイドチェンジ

in

《次元の裂け目/Dimensional Fissure》×3

《抹殺の使徒/Nobleman of Crossout》×3

《御前試合/Gozen Match

out

《ジェム・マーチャント/Gem-Merchant》×3

《マインドクラッシュ/Mind Crush》×2

《サイクロン/Mystical Space Typhoon

《死者蘇生/Monster Reborn

ニッチーのサイドチェンジは上述の通り「相手のデッキに対して劇的に刺さるサイドカードを投入」している。また、メインデッキにおいて死に札となってしまっていたカードを外し、先攻後攻を意識するよりもより有効なカードへ還元し、二戦目以降は対応力が高いデッキに仕上がっていた。


また、環境的な話をすれば《レスキューラビット》を使用するデッキは総じて相手が用意してきた壁に対する回答をメインデッキから持ち得ない。そのため、戦闘破壊耐性や介入が困難なダメージステップでの除去を持つ事が多い壁モンスターに対して《抹殺の使徒

実際ラビット系デッキの天敵である《スノーマンイーター/Snowman Eater》の今大会での採用枚数は《ライオウ/Thunder King Rai-Oh》を無理なく倒せる一枚としても評価された事で、平均枚数の二枚から三枚へと上昇していた。ニッチーが、環境に対して的確な視野を持っている事も理解できるサイドボーディングである。



六岡一輝 後攻サイドチェンジ

in

《スノーマンイーター/Snowman Eater》×3

《次元幽閉/Dimmensional Prison

《トラップ・スタン/Trap Stun

《トラゴエディア/Tragoedia

《砂塵の大竜巻/Dust Tornado

《我が身を盾に/My Body as a Shield

out

《エフェクト・ヴェーラー/Effect Veiler》×2

《ダーク・アームド・ドラゴン/Dark Armed Dragon

《カオス・ソーサラー/Chaos Sorcerer

《光の援軍/Charge of the Light Brigade

《ジャンク・シンクロン/Junk Synchron

《ドッペル・ウォリアー/Doppelwarrior

《スケープ・ゴート/Scapegoat

迎え撃つ六岡一輝は8枚のカードを入れ替えた。メタカードとして優秀な《スキルドレイン/Skill Drain》《次元の裂け目/Dimensional Fissure》に対して相性の悪いカードや、単体では機能しないカードを外し相手が二戦目以降に用意してくる対策を回避しながらも自身のプレイプランを確実に実行していけるよう、要所要所で絶大な効果を発揮するサイドカードたちを投入し二戦目に備える。

Game

再びニッチーが先攻を取った。

《セイバーザウルス/Sabersaurus》をキャスト、その後ろには《次元の裂け目/Dimensional Fissure》と四枚の罠。一戦目とは打って変わって万全の罠デッキらしい立ち上がりとなった。

 

一方で六岡一輝の初手は真っ茶色。少なくとも相手の妨害は直撃してしまうハンドだ。

《スノーマンイーター/Snowman Eater》をセットして場を凌ごうとするが、ニッチーの《抹殺の使徒/Nobleman of Crossout》は六岡一輝を逃がさない。

 

3ターン目には《ジェネティック・ワーウルフ/Gene-Warped Warwolf》を追加。《ライトロード・ハンター ライコウ/Ryko,Lightsworn Hunter》に《次元の裂け目/Dimensional Fissure》を割られてもなお敵陣を攻めていく。

少しずつ相手の罠を剥がしていこうと《ライトロード・マジシャン ライラ/Lyla,Lightsworn Sorceress》を召喚する六岡一輝だが、《月の書/Book of Moon》によって妨害される。

 

次のターンには《レスキューラビット》の超加速が決まり、ニッチーの盤面を崩せないまま六岡一輝は敗れるのであった。

 

   六岡一輝 1-1 ニッチー
/Nobleman of Crossout》が、回りくどくないまっすぐな回答として支持を集めている。
2