2017年04月22日

「かつ」様コメント有難うございます!

家族の数だけ、悩みのない家庭はありませんですが、コメントは嬉しくも、的に槍が真ん中に突き刺さりました。

私のお店には「長男」結婚して子供が産まれた「二男」と「かぁちゃん」私と4人で松喜鮨を営んでます。

正直思うのでありますが、家族経営はお互い甘いがあります。・・・私は親の後ろ姿を見て欲しく余計なことは言いません「かぁちゃん」の実家の義理の兄には将来のことで口煩く言われてます。

このエリートビルの高い家賃で「長男」が経営出来るのか?・・・・私が作った看板で苦労させるのは目に見いてます。・・・松喜鮨を長男に継いで貰いたい欲があるから苦労と悩みが出来るのです。

「長男」には長男のお店を開店することを私は望んでますが「松喜鮨」を継ぎたいとの覚悟があれば継いで貰いたいですが、それが「長男」にとって幸せなのでしょうか?

最近ではネタケースに完璧に魚介類を揃いて置ける時代では無いように思います。・・・漁港直接仕入で特色ある鮨屋を「長男」には、そんなお店を持たせたく思います。・・・「長男」も駅前には拘らないと言ってますし、考えが私よりシビアであり現代的であり、色んな話が出来る長男です。・・・ここの松喜鮨で働くことは勉強の場所として考えれば良いと考えてます。

「二男」は子供が産まれたし、気のきく嫁ですので(先日三春滝桜)を朝方観に行くのに、店で寝ていた私も誘いましょうといってくれたのです)その考えに感動でした。

お店をやるかどうかは分かりませんが、親として本人が頑張れば応援する考えです。

「バトン」はいつでも渡す考えですが「バトン」を取りに老いて早くなくなってる、私のスピードに近ずいて「バトン」を取って下さい。・・・・・「バトン」を取りに来る「スピード」私が合わせてたら今の時代、駅前は鮨屋の激戦区ですので、お店は閉店になります。

私は「俺は、俺は」ではありませんです。・・・・お店の信用なのです。・・・・松喜鮨の背骨は「信用」で出来てるのです。貴重なご意見、コメント有難うございます。これからも宜しくお願い致します。・・・元2中の「T」先生のコメントと察しました。

「ばぶー」様コメント有難うございます。今後とも宜しくお願い致します。

matukizusi at 02:33│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

いつもご覧頂きましてありがとうございます

年月別
アクセス解析