2018年04月24日

麓山公園の碑!

51f624aa.jpg

この碑は「郡山市麓山公園」の中にあります。・・・・兎の供養碑です。


aae5478d.jpg


八甲田山の兵隊さんが寒さを凌ぐために「兎」の毛皮を首に巻いて戦ったそうです。そのために多くの兎の命を奪ったので供養の碑があるようです。・・・・馬の碑、馬頭観音等々は多くありますが、兎の碑は全国的に珍しいそうです。

遊女の俳句の碑も2碑麓山公園にありました。・・・・郡山の宿場町の旅籠での「飯盛り女と、守山の青年が恋に落ち、刺され刺しての死んだ伝説の遊女の碑」との説もあります。・・・ある方はそうだと!古文書に書いてあると言ってましたが、今日の講師はそうではないと言われました。

あさかのクラブ13-Bの勉強会で「郡山史料館」で勉強しまして麓山公園も行きました。郡山は石器時代からの歴史があるようです。・・・・昔、郡山の駅の前のロータリーに「女神の像」があったそうですが、そのぞうは今でも「総合体育館」の近くにあるそうです。


明治35年1月に日本陸軍8師団の歩兵第5連隊が青森市街から八甲田山の田代新湯向かうも雪中行軍の途中で遭難した事件。

訓練への参加が210名中199が死亡するという日本の冬季軍事訓練における最も多くの死傷が発生事故である。・・・近代の登山史における世界最級の山岳遭難事故だったそうです。・・・・210羽の兎が殺されたのですかね?

matukizusi at 21:02│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

いつもご覧頂きましてありがとうございます

年月別
アクセス解析