2018年05月16日

山葵!

560585f3.jpg


私が新宿の松喜鮨の店長になったのが24歳の頃です。

売上を上げようと色んな試みをしました。・・・その中の1つに、生本山葵の細目の山葵を小さな鮫皮の下ろし機に半分擦って刺身盛りに置きました。・・・・しかし本当の通のお客様に、見て、香りで本物かどうか分かるから、これはやらない方が良いのではと言われ、やめた記憶があります。

この魚は塩で召し上がってください?この魚はどこどこで取れた魚です等々、お客様は説明されても分からないと思います。・・・・最近そんな鮨店が多くなって来ました!・・・基本、美味しければそれで良いのではと私は思います。

松喜鮨のお客様は魚の味を知ってるお客様が多いので、聞かれた時には説明します。・・・・塩もカウンター席、テーブル席に置いてありますので、お客様が自由に塩、醤油と選択してます。

あのBSの「早川光」の鮨食べ歩き番組が若い鮨職人をプロパガンダさせたと思います。



matukizusi at 18:04│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

いつもご覧頂きましてありがとうございます

年月別
アクセス解析