2018年06月08日

薬師寺の教え!

私は「薬師寺」さんの「大谷徹奘」さんが約15年前から郡山の「善導寺」さんで法話を年に4回お聞きしてますので今まで57回は法話に出席してます。

私の考えは、天国も地獄無く、死んだら真っ暗闇と思いますが、しかし、仏教の教えが大好きで勉強してます。

「般若心経」はお釈迦様と弟子達のミーティングだそうです。

「般若心経」の最初の「観世音菩薩」(鳩摩羅什訳)・・(350〜413)・・・約240年後に「観自在菩薩」と変わったそうです。

「観世音菩薩」・・・・世の中を、外を観ることが大事だとの教えが約240年後「玄奘三蔵」さんが(孫悟空)さんが・・「観自在菩薩」(玄奘訳)・・・外を観る、世間を観るではなく、自分を観ることが大事ですよと変更しました。

人間は悩み、迷い、心が何回も何回も、折れても前へ前へと、進まねばなりません。 お釈迦様の教えの根本は「死」=人間の有限性だそうです。最後の八文字「獦諦 獦諦 波羅 獦諦」(ギャテイ、ギャテイ、ハラギャテイ)の意味は・・・・行こう 行こう さあ 行こうだそうです。

「人間は、何度も、何度も悩み、苦しみ、心が折れても、行こう、行こう、さあ行こう」とお釈迦様が弟子達に教えてるのが「般若心経」だそうです。・・・般若心経の中に弟子達の名前も唄われてるそうです。

どの宗派も「般若心経」はお経として唱えられます。・・・・お経は人間が生きるテキストブックで、お葬式に和尚さんが今では、お経が唱えなれてるようです。・・・・浄土宗は「ナミアムダブ」を13回唱えて9回目は「ツ」を付けるそうで、そうすると死後「極楽浄土」導かれるそうです。

私の好きな、尊敬してる住職さんは「善導寺」さんの中村住職さん、「金剛寺」の伊藤住職さん、当店には一度も来てませんが、小原田の「円寿寺」さんの新国住職さん」です。・・・郡山で檀家の多いお寺さんには私の好きな住職さんはおりませんです。・・・・天台宗のお寺さんに、お客様の「武田」さんの菩提寺の住職さんも大好きです。

今月の20日午前10時から12時まで「薬師寺」さんから「大谷徹奘」さんが法話に来られます。参加は自由です。・・・テキスト代が1500円かな?

このぐらいしか分かりませんです。・・・・コメント有難うございます。


matukizusi at 21:41│Comments(1)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by bigwave   2018年06月09日 09:23
詳しい情報ありがとうございます。勉強になりました。
20日は仕事があり法話には行けないのですが、時間あるときに聞きにいってみようと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

いつもご覧頂きましてありがとうございます

年月別
アクセス解析