2010年10月05日

花嫁の髪型やドレスに似合うベールやヘッドドレス、ブーケ

花嫁さんのウエディングドレス姿を美しく見せるには、どんな小物を合わせるかも重要です。小物を替えるだけでも立派なお色直しになります。ウエディングドレスのイメージを変えるためは、ヘッドドレスやアクセサリーなどの小物がシンプルな花嫁さんのお色直しに大活躍しますね。花嫁さんの髪型に合わせたヘッドドレスも印象を左右する小物のひとつです。ヘッドドレスには定番の生花や造花などの髪飾り、ティアラや帽子、クラウンやボンネ、カチューシャなど豊富な種類があります。

チュールレースやオーガンジーなどの透け感が美しいウエディングベールもウエディングドレスにはつきものですね。丈が短いほどカジュアルな印象になるので、本格的な教会での挙式ではロングベールが正式と言われています。ウエディングベールの中でも花嫁さんに人気なのがマリアベール。チャペルに映えるマリアベールは聖母マリアが着用していたベールから取られた名前です。縁にレースの刺繍やビーズなどを付けてフェイスラインを華やかに印象付けます。

このマリアベールに似合う花嫁さんの髪型は、低い位置でまとめたまとめ髪です。同じウエディングドレスなのに、印象をがらりと変えることが出来るのは、ウエディングブーケです。

ひとくちにウエディングブーケといっても、さまざまなスタイルがあります。キャスケードブーケ・ラウンドブーケ・クレッセントブーケ・オーバルブーケ・シャワーブーケなどの正統派から、最近人気のメりアブーケ・アームブーケ・バッグブーケなど種類も豊富です。教会式のウエディングドレスには白い花とグリーンで作られたキャスケードブーケが正統と言われています。流れるような優雅なラインからウォーターホールブーケとも言われる華やかでノーブルなウエディングブーケです。また最近は花飾りをあしらったウエディングドレスが人気のようです。チャペルでは花嫁さんの後姿も注目されます。ドレスの後ろウエストのあたりに、花飾りをつけると花嫁姿の美しさが一層印象的になるでしょう。ウエディングドレスだけでなく、イヤリングやチョーカーなどのアクセサリーに花を飾ったり、手首にリストブーケをつけたりすることも多いようです。



matuno04 at 17:43コメント(0)トラックバック(0)ブライダルドレスの種類  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
タグクラウド
  • ライブドアブログ