原生林


風景・自然ランキング

181118-2

棚田の里


風景・自然ランキング

181118-1

松之山・雪シンポジウム「雪アンケート調査」報告会(新潟県)


風景・自然ランキング

181117-7松之山・雪シンポジウム「雪アンケート調査」報告会(主催、新潟大学農学部・伊藤亮司研究室、十日町・津南地域自治研究所)が今日(17日)十日町市松之山自然休養村センターで開催され、地区内外から100人ほどが集まり、豪雪地の暮らしを考えた。
十日町・津南地域自治研究所(所長・斎木文夫)は、新潟大学農学部・むらづくり研究会と協力して、高齢化の進む豪雪地での暮らしを明らかにして、雪国の生活向上に繋げたいと、松之山地域の全戸に「雪アンケート」調査(回答率約50パーセント)を昨年実施した。
このアンケート調査の集計がまとまったことから、報告会を兼ねシンポジウムを実施した。
「雪アンケート結果から見えてきた、松之山の暮らしの課題と行政への期待」と題し、新潟大学農学部助教・伊藤亮司氏が基調報告。「栄村雪害対策救助員制度の創設と実践について」、長野県栄村の元村長・高橋彦芳氏。「松之山地域の雪対策について」十日町市役所松之山支所長・佐藤仁氏。「雪アンケート調査に協力して」新潟大学農学部むらづくり研究会の篠崎万智子氏が事例報告した。
アンケート調査に協力した、新潟大学農学部3年「むらづくり研究会」の篠崎万智子さんは、アンケートの質問項目や出来るだけ手渡しで届けるなどの苦労や、この調査で「自分たちでやる意識を持った」「何事にも見方次第だと思うようになった」「今日から出来ることを始める、ことの大切さ」を学んだと語った。

181117-8

十日町市美術展が開幕(新潟県)


風景・自然ランキング

181117-4181117-5181117-6第51回・十日町市美術展が今日(17日)越後妻有文化ホール・十日町市中央公民館 「段十ろう」で開幕し、会場式のテープカットと表彰式が行われた。
8部門に259点(日本画6点、洋画29点、版画9点、現代美術18点、彫刻5点、工芸18点、書道46展、写真128点)の応募作品と無鑑査や運営委員の作品が展示された。同展は、11月20日までの4日間。
書道の部で市展賞の「花夢」(写真左、島田美萠さん)は、「迫力ある二字の作品で。堂々とした筆圧と速度のある造型に思い切りよい充実感で秀作です」と審査員の長谷川白楊氏が講評している。

181117-7

ふる里の昼景色

181117-3

奥越後の旅

181117-2

ふる里の朝景色

181117-1

棚田の黄葉


風景・自然ランキング

181117-1

ふる里の夕景色(南魚沼市)


風景・自然ランキング

181116-4

北信濃の旅


風景・自然ランキング

181116-3
棚田の里(新潟県)
181109-4








新潟県十日町市(松代・松之山地区)は、豪雪、温泉、美しいブナ林と棚田で知られる自然豊かな里山です。
Recent Comments
月別の記録
カテゴリー別の記録
  • ライブドアブログ