2004年04月

春の美人林

040421buna1040421buna2040421buna3







040421buna4040421buna5







 3メートルあまりも積もっていた雪も、気温の上昇で消え、美人林(ブナの林)林では、一斉に芽吹きが 始まり、眩しいほどの新緑となりました。
2004年4月21日 sato

春の棚田

040420a1040420a2040420a3







040420a4040420tanada





 雪国、新潟・松之山にも遅い春が訪れました。 残雪も残り少なく、雪解け水は棚田を満たしています、棚田の周りでは、新緑が始まり、カタクリなどが咲いています。
2004年4月20日 sato

残雪

040415zansetu15-1040415zansetu2040415zansetu15-3





040415hana040415katakuri







 雪国、新潟(松之山)の残雪も、初夏のような暖たたさで、みるミルうちに小さくなり、残りわずかとなりました。
ブナの芽吹きも始まり、カタクリなどの花も咲き、野山にも遅い春が訪れました。
ウグイスも戻りカンダカイ声で、緑に変わった山々にコダマし・棚田の水も温み、蛙たちも元気に鳴いています。
窓からは、新緑の森から爽やかな風が吹き込んでいます。
2004年4月15日 sato

早春

040411hukinotou040411kurokkasu040411tukushi






 雪国の松之山にも初夏の陽気と、ともに遅い春が訪れました。それでも今冬は、雪が少なく例年より半月も早い雪消えです。
家の周りの雪もゼロとなり、つくし・フキノトウ・水仙・クロッカス・桜・梅・猫柳など一斉に花が咲き出しました。
日陰や標高の高いところでは、残雪が白く残っています、標高700メートルの大厳寺高原では今日(4月11日)ノルデックの スキー大会が行われています。
庭で写真を撮っていると、今年初めて、頭の上で「ウグイス」がないていました。鳥インフルエンザが心配でしたが野鳥達も無事 戻りホットしています。
農家の方は、コシヒカリの種まきで忙しく働いています。我が家では、イネの苗は、専門家から購入(1枚800円で50枚)し ます、田植えは5月の連休には始まることでしょう。
2004年4月11日 sato
棚田の里(新潟県)
190616-04








新潟県十日町市(松代・松之山地区)は、豪雪、温泉、美しいブナ林と棚田で知られる自然豊かな里山です。
Recent Comments
月別の記録
カテゴリー別の記録
  • ライブドアブログ